感情をコントロールできない人の6つの特徴と対策方法

便利なアイデア
スポンサーリンク

感情をコントロールすることは難しいですよね?時には、自分の意識とは裏腹に感情が溢れてしまうことがあります。自分の感情をコントロールすることはもちろん、感情をコントロールできない他人を理解することはなかなか困難です。今回は、そんな感情をコントロールできない人の特徴や対策などについてご紹介します!

感情をコントロールできない!人の6つの特徴

生きていると感情をコントロールできなくなることは、誰にでもあるのではないでしょうか。例えば、怒りは感情の中でコントロールが最も難しい厄介な感情の一つです。

職場で他人のミスにも関わらず身に覚えがないことで怒鳴られたり、根拠がない噂を流されたり、相手が間違ったことをしていると感じた時など、怒りをコントロールできないこともあるようです。

その他、最初はうまくいっていたカップルが次第に信じたい気持ちとは裏腹に疑心暗鬼になってしまったり、しーんと静まり返った会議室や会場など、神妙な空気の場所にいるときに限って、些細ないことで思わず笑ってしまったりすることもあるようです。

また、些細なことで泣いてしまったり、初めて見る風景なのに訳もなく涙がこぼれてしまったり、することもあります。このように感情は自分が思っているようにはコントロールできないことが多々あります。では、感情をコントロールできない人には、どんな特徴があるのか次からご紹介します。

①余裕がない

生活していると仕事や家事、育児、恋愛、人間関係などいくつものことを抱えている場合があります。仕事では、仕事をこなすスピードや質などが求められ、家事では、炊事、洗濯、掃除など様々な能力が求められます。

また、育児では、自分の時間はそっちのけで子供の世話にほぼ24時間費やし、恋愛では、不安や孤独などにとらわれたりすることもあります。人間関係は、生きている限り切っても切り離すことができず、ストレスを伴うこともあります。

これらのほとんどが生活の中でめまぐるしく起きていて、心に余裕が持てなくなり、時には感情をコントロールできなくなることがあるようです。

②完璧主義でストレスを溜めやすい

ストレスを溜めやすいと、心に余裕がなくなり、感情のコントロールができなくなることがあります。そのため、適度にストレス解消をすることがいいようです。

③気持ちの切り替えが下手

ミスや失敗することがあった時、人によって落ち込みやすかったり、さっさと気持ちを切り替えて次の行動に出たり、人によって様々です。感情のコントロールができない人は、過去の苦い思い出や傷などを繰り返し思い出して過去から抜け出せず、時には、感情をコントロールできなくなることがあります。

④客観的になれない

感情をコントロールできない人は、感情を爆発させた時のメリットやデメリットなどを考えて客観的になれず、感情のままに身を任せます。その結果、自分を責めたり、周囲の人に気まずい思いをさせたことを後悔したり、感情を爆発させた後の処理に困ります。感情が昂った時、少し落ち着いて客観的になれる心の余裕を持ちたいですね。

⑤女性ホルモンバランスでイライラ

女性は、ホルモンの周期によって、イライラしやすかったり、不安定になったりすることもあります。些細なことで感情がコントロールできなくなることもあるので、そんな時は、あまり予定を詰め込まず、別の日に予定をずらすなど、無理をしないようにしたいですね。

⑥相手を支配する

感情をコントロールできない人は、時には暴力的に振る舞い、相手を威圧して、支配しようとすることもあります。例えば、職場で感情がコントロールできない上司が、部下に感情を爆発させ、相手に恐怖を与えて、有無を言わさず強要することもあります。こんな上司は、できるだけ避けたいですね。

コントロールできない時の対策って?

対策①6秒待つ

怒りが頂点に達しているのは、ほんの約6秒だと言われています。その6秒だけ我慢すれば、自分も周囲も嫌な思いをしなくて済みます。怒りが湧いてきた時には、6秒数えてみるといいかもしれません。

対策②逃げるのも方法

感情がコントロールできなくなりそうになった時、相手の顔を見ていると余計に感情が昂ってくるので、そんな時は、その場を離れて相手と距離を置いてみるのもいいようです。部屋や場所が変わるだけでも、景色が変わりますし、気持ちをクールダウンすることができるかもしれませんね。

対策③紙で忘れる

感情を紙に書き出すのも一つの対策です。感情が溢れてどうしようもなくなった時、何も書いていない紙と筆記用具を用意し、紙に感情を思う存分書き出します。書き出すことで、感情を客観的に見ることができ、少し落ち着くことができます。

気持ちを切り替えたい時には、感情を書き出した紙を思い切りビリビリに破ってゴミ箱に捨てます。紙と一緒に嫌な感情も捨てて、気持ちを切り替えたいですね。次の章では、感情をコントロールできない子供についてご紹介します。

子どもにもみられるこんな特徴

忘れ物が目立つ

感情をコントロールすることが苦手な子供には、特徴があります。忘れ物が多いことは、その一つです。他のクラスの友達から教科書などを借りたり、隣の席の子に見せてもらったりすることがよくあるようです。

突然感情的になる

些細なことで、泣き出したり、怒ったり、喜怒哀楽が激しいのも感情のコントロールができない子供の特徴の一つです。

暴力に走ることもあります

時には、感情をコントロールできずに、友達に噛み付いたり、突き飛ばしたりなど暴力的な行動に出ることもあります。

落ち着きがない

じっとしていることができず、ずっとそわそわと動いて落ち着きがないこともあるようです。

子供への対策って?

対策①受け入れる

子供が感情をコントロールできないのは、何らかの感情表現の一つでもあるようです。子供は、何かを分かって欲しいとか、気づいて欲しいなど思っているのかもしれません。そんな時、頭ごなしに怒鳴りつけてばかりではなく、「辛かったよね」とか「悔しかったよね」など子供の気持ちを理解していることを示してあげると、子供は安心するようです。

対策②クールダウンする

子供に怒ってばかりでは、子供が萎縮してしまうこともあります。そんな時は、部屋から出て、頭を冷やし、冷静になってみるといいかもしれません。

対策③記録する

子供が、どんなことで感情をコントロールできなくなったのか、またその時どうしたら解決することができたのかなど、記録をしておくと、子供のことを客観的に見ることができます。次の章では、泣く感情をコントロールできない人についてご紹介します。

泣くのを抑えられない

涙が出るのは幸せ

大人であっても人前で思わず泣いてしまうこともあるのではないでしょうか。うつ病など心が病むと感情のコントロールが苦手になり、訳もなく泣いてしまうことや喜怒哀楽がほとんどなくなることもあるようです。泣きやすい自分を恥じる人もいますが、涙が出るのは、感性が豊かで感情が表れている証拠といえるのではないでしょうか。

泣いた方がいい

泣くことは、ストレス発散にもなります。泣いたあとは、意外と平常心でいられることもあり、時には、思い切り泣くというのもいいかもしれませんね。

泣きたい時の対策って?

対策①原因を探る

泣くことは決して悪いことではありませんが、泣いてばかりいられないこともあると思います。そんな時、泣くスイッチが何なのか突き止めるといいようです。過去の辛い思い出や傷などが関係していることもあり、泣く原因がわかると、感情をコントロールしやすくなるかもしれません。

対策②他のことを考える

泣きそうになった時、全く違うことを考えるというのも一つの方法です。楽しいことややりたいことなどを考えてみてはいかがでしょうか。

対策③お風呂にゆっくり入る

お風呂でぬるま湯にゆっくり浸かるのもオススメです。お気に入りの入浴剤を入れたり、読書をしてみたり、お風呂にゆっくりつかればリラックスすることができ、心に余裕が生まれるでしょう。次の章では、感情をコントロールできない症状見られる障害についてご紹介します。

障害の症状であることもあります

特別児童扶養手当の対象となる発達障害

感情をコントロールできないことは、障害であることもあります。発達障害は、近年脳の構造によるものであると言われ、子供だけでなく大人にも症状が見られることがあります。コミュニケーション能力や問題解決、臨機応変な対応や環境適応が苦手などの特徴があります。発達障害には、注意欠乏多動性障害、学習障害、自閉症などがあります。

注意欠乏多動性障害=ADHD

じっとしていられない、また落ち着きがないなど多動性であることがあります。また、集中できない、あるいは集中しすぎなど不注意であることがあり、計画を立てる前に行動するなど自己管理が苦手などの症状があります。

学習障害=LD

学習障害は、読んだり、書いたり、運動したり、言語能力など特定の能力だけに障害があるものです。障害と気づきにくいため、怠けていると思われることやいじめなどになることもあるので、早めに発見することがいいようです。

心身障害者扶養共済制度の対象となる自閉症=ASD

自閉症は、先天的なものと言われ、コミュニケーションや環境適応が苦手なことや一つの考えを変えることができず、こだわりを持つなどの症状があります。障害とは言っても、発達障害を持っている人の中には、感性が豊かで、優れた才能を表す人などもおり、人間的に魅力的な人が多いとも言われています。

まとめ 感情のコントロールは簡単?

感情をコントロールできない人には、様々な特徴や対策があることがお分かりいただけたでしょうか。

対策方法を活用し、うまく感情をコントロールして、楽しくいきたいですね!

コメント