生理を終わらせる方法とは?食べ物やツボ、体操などすぐにできる方法まとめ

健康
スポンサーリンク

生理を早く終わらせる方法があれば試してみたいですよね。旅行や大事な予定があるとき、「生理をコントロールできれば…」と思うことも多いはず。こちらの記事では生理中に意識したいツボや、生理前に取り入れたい運動や体操など、すぐにとりいれられる方法をご紹介します。

生理中を早く終わらせる方法とは

生理は女性にとって自然に起こる生理的な現象で、自分の意識でコントロールできるものではないと思いますよね。確かに、完全に終わらせるのは不可能なのですが、なるべく早く終わらせる方法があるというのです。

そんな方法があるのなら気になりますよね。憂うつな生理が早く終わってくれるならうれしい!そのためにはどんな方法があるのでしょうか。

トイレで経血を出し切る意識を

昔は生理用ナプキンなどなかったため、女性は膣を自分でコントロールしてトイレでまとめて経血を出すということができていたそうです。ですので、本来膣の動きは自分の意志で変えられるのです。

和式トイレではしゃがむ姿勢になりますので比較的経血がスムーズに出やすいです。洋式トイレはただ座る姿勢になりますので普通に力を入れるのではあまり膣に力が入りません。このとき前かがみにするといいですよ。

膣は体に対して背中側に少し傾いているので、前かがみになることで膣がまっすぐ上に立つ形になります。そこで下腹部に力を入れるようにゆっくり息を吐くと経血が流れてきます。

ビデやシャワーで膣内洗浄

洗浄機能つき便器に備わっているビデは、生理のときに使うとニオイの予防になったり外側に流れてきた経血を洗い流すことができますが、生理を終わらせることにはなりません。

膣を直接洗浄することのできる「携帯ビデ」という製品があります。こちらは小さいボトルの中に精製水が入っていて、それを膣に入れてギュッと絞ると膣内を洗浄できるというもの。これを生理の終わりかけの2~3日使うのです。ちょろちょろ出ていた経血がこれによって排出されるのですっきりしますよ。

海藻類やレーズン、黒豆などを食べる

生理を早く終わらせる食べ物があるってホント?経血は血液なので、私達が食べるものがダイレクトに影響します。スムーズに流れる経血はサラッとしていなくてはいけません。そのためにはあっさりとした食事を心がけることが必要なのです。

まずはNGの食べ物からご紹介します。脂っこい食べ物は血液をドロッとさせてしまいます。ハンバーガーやポテトのようなファストフード、インスタント食品、脂っこいお菓子や菓子パンなどがこちらにあたります。

ではどんなものがOKなのかというと、海苔、黒豆、黒ゴマ、わかめやひじきなどの海藻類、レーズン、プルーンなどの「黒い食材」です。これらは子宮や卵巣機能をサポートしてくれる役割があるというのです。

また、血液をサラサラにすると言われている食べ物は、他にも玉ねぎや納豆、豆腐などの大豆製品、アボカドなどがあります。

中でも黒豆に含まれるサポニンという成分も血液をサラサラにしてくれると言われていますし、アントシアニンが抗酸化作用で老化も防いでくれます。女性ホルモンに似たイソフラボンも含まれていますので黒豆は女性にとって大きな味方となってくれるようです。

ツボ

東洋医学ではツボや鍼灸などを積極的に治療に取り入れています。ツボ押しは自分でもできるので手軽ですよね。マッサージ感覚で取り入れてみるのはいかがでしょうか。自分で位置が分かりにくいときは家族やお友達に押してもらうといいですよ。

〇大腸愈(だいちょうゆ):血液の流れやホルモンバランスを整えます。
位置:背骨のラインと骨盤のラインがぶつかったところの左右のキワにあります。

〇腎愈(じんゆ):生理周期の乱れや、生理機能の改善を促します。
位置:ウエスト(一番くびれているところ)の背骨から左右に指2本分離れたところにあります。

〇関元(かんげん):卵巣の機能を改善します。
位置:おへその指4本分下にあります。

〇太谿(たいけい):子宮を温め調子を整えます。
位置:足の内側にあるくるぶしとアキレス腱の間のくぼんでいるところにあります。

〇三陰交(さんいんこう):「婦人の三里」とも言われ、生理不順、生理痛や冷えを改善します。
位置:内側のくるぶしから指4本分上のくぼんでいるところにあります。

〇血海(けっかい):子宮の血の流れを良くします。
位置:ひざのお皿の内もも側から指3本分上がったところのくぼみにあります。

これらはリラックスしたときに2~3回押す程度にしましょう。このとき強く押さなくても大丈夫です。全て押そうと思うと大変ですが、中でも押さえておきたいツボは「腎愈」「関元」「三陰交」です。

タンポンでなくナプキンを使う

一般的に、タンポンは膣内に入れて経血を吸収させるので、ただ流れてくる経血を吸収させるナプキンよりは生理が終わるのが早いと考えられているようです。

ですが、一方でタンポンは経血を膣内に溜めてしまう原因にも。これは使い方にも原因があり、タンポンの吸収体すべてに血液がしみこむ前に定期的に交換する必要がありますよね。こまめにトイレに行けないときは生理用ナプキンを使ってみるなど、その時によって使い分けてみる必要がありそうです。

生理前に取り入れられる方法

食生活の改善

先ほどにもあったように、血液をサラサラにしておくことは生理がスムーズに終わることにも関連しそうです。脂っこい食事もおいしいものがたくさんありますので、いつでも節制するというのは難しいかもしれません。

しかし、長い目で見ても健康的な食事をすることは良くないことではありません。ですので、生理が始まる1週間前ぐらいから少しこのことについて心がけてみてはいかがでしょうか。

膣トレーニング

膣は自分でコントロールできないものと思っていませんか。経血トレーニングは膣を自分でコントロールして行うものです。

あなたは座っているときに両足を閉じて座ることができますか?もしできなければ、膣がゆるんでいる証拠だと言われています。そんなあなたも日頃からトレーニングをすれば、膣を動かせることができるようになります。こちらではそのための方法を紹介します。

<膣を引き締めるトレーニング>
1.まっすぐ立ち、つま先を内側に向けます。
2.ゆっくり息を吸い、7秒ほどかけて細く長く息を吐きます。
3.このとき意識は膣に集中させお腹を引っ込めます。手を下腹部に当てるとうまく集中できますよ。
4.それができたらゆっくり緩めます。

これを数回行います。このトレーニングは膣を引き締めるので、生理中でないときに行うのがおすすめです。

骨盤体操

子宮や卵巣は骨盤に包まれています。ですので、骨盤がゆがんでいると血流が妨げられ、子宮や卵巣までもがゆがんでしまうのです。

骨盤のゆがみを整えることは、冷えを改善し子宮や卵巣の働きを整えることができると考えられています。
こちらでは簡単にできる骨盤体操の方法についてご紹介します。

<ひざ倒し体操>
1.あおむけに寝ます。
2.ひざを90°に立てます。
3.ひざを左右交互に倒します。このとき上半身はできるだけあおむけの状態を保ってください。
4.これを1~3分続けます。

<おしり歩き体操>
1.床に座り、足をまっすぐ伸ばします。
2.手は胸の位置で交差させます。
3.そのままおしりを使って前に10歩進みます。
4.今度は10歩後ろに下がります。
5.3~4を3分続けます。
6.今度は両手を上げ、バンザイした状態で3~4を行います。
7.こちらも3分続けてください。

ピルを取り入れて調整することも可能

婦人科で処方される「低用量ピル」は経口避妊薬ですが、生理を調節するためにも使われます。もともと女性の体に備わっている卵胞ホルモンと黄体ホルモンを人工的に配合させたものです。

初めての方はお医者さんから詳しく使い方を説明してもらう必要があります。毎日薬を管理しなければなりませんので(毎日飲むわけではなく休薬期間も決まっています)、こちらを理解して管理できる方はいいかもしれません。

こちらは生活改善薬ですので、保険外診療になります。よって処方料などはそれぞれの婦人科によって異なります。

生理と上手に付き合おう

女性の一生のうち、初潮から閉経まで平均35~40年と言われています。一回の生理期間が5日間とすると、生涯で6年半以上生理と付き合わなくてはならない計算になります。生理は毎月ありますので、憂うつな症状がある場合ツライですよね。妊娠出産に不可欠な機能なのでやめるわけにもいきません。

完全に自分の意志で生理をコントロールするのは難しいですが、食生活の改善などは健康的に生活するためにも不可欠なことですよね。生理が短期間で終わってくれると嬉しい!と感じる方は一度試してみてはいかがでしょうか。

コメント

  1. 恭子 より:

    管理人さん💕✨😃❗️✨😃❗️✨😃❗️✨😃❗️私は、生理が来て最悪😞⤵️⤵️だわ⁉️生理初日からプレマリン&デュファストンと言う薬💊を飲んでいるのだけど大丈夫かしら⁉️私は、低用量ピルを処方してもらおうって思ったのに先生は、プレマリン&デュファストンを処方してくれたのよ❤️閉経までマーベロン21って言うピルを飲んでみようって思うけどどんな効果&効能があるのかしら⁉️教えて!щ(゜▽゜щ)