童貞の特徴14選|どこよりも詳しく徹底解説!仕事上で不利?メリット・デメリット総まとめ

恋愛
スポンサーリンク

童貞の人については、男性や女性など立場によって意見がさまざまに異なるため、生活する上で良いのか悪いのかがわからない人も多いのではないでしょうか。

仕事面ではマイナスであると言われていたり、恋愛面ではじつはいま童貞男子は女性から人気があったりなどと、いろいろな意見があるようです!このような童貞男子について徹底調査をしてみました。

童貞とは?

童貞とは、以下のような人のことを指すと言われています。

・童貞(どうてい)とは、性交渉を経験していない男子の呼称である。
・性交未経験の男性
・男性が性交未経験の状態

世間一般的にはこのような男性のことを指しますが、ほかにも「挿入と射精がセットとなり、はじめて童貞喪失となる」「自慰行為を以って童貞喪失とみなす」などの見解も存在すると言われています。

童貞には派生語もある!

また、童貞には派生語もあり、以下のような使い方もすると言われています。

・シロウト童貞(素人童貞)
性風俗店で働いている風俗嬢、「プロ」の女性以外との性経験がない男性のこと。雑誌「月刊プレイボーイ」でこの語が初めて登場したと言われています。

・クロウト童貞(玄人童貞)
「シロウト童貞」とは逆に、一般女性との性経験はあるものの、性風俗店を利用したことのない男性のことを指します。

・○○童貞
「ある特定のことに対して経験がない人」として使われることもあるようです。例えば風俗へ行ったことのない人を「風俗童貞」、オナニーの経験がない人を「オナニー童貞」と呼んだりして使うこともあります。

童貞の特徴!男性「14の」性格

このような童貞の人にも、じつは特徴があると言われています。次からは童貞の人の特徴を紹介していきます。

1.何かに対して熱狂的・オタクである

童貞の人は、特定の何かに熱狂的、あるいはオタクである人が多いと言われています。例えば、熱狂的なアニメオタクなどは、二次元の方向に走ってしまうため、実在の人間・三次元の人に興味がなくなってしまい、童貞のままであることが多いと言われています。

ほかにも、車が好きすぎる人や、仕事が好きすぎる人など、何か一つのことに夢中になってしまう人は、異性への興味が薄れてしまう傾向にあるようです。童貞の人の多くは、このタイプの人であるとも言われています。

2.潔癖症である

潔癖症である人も、童貞であることが多いと言われています。極度の潔癖症になると、異性に触れることすら汚いと感じてしまうようになるからです。そのため、体の接触・性行為などは、汚い行為であるとみなし想像すらできないという人もいるようです。また、童貞であることが汚れていない証拠だと誇らしく思う人もいると言われています。

3.テクニックを自慢する

自分の性行為のテクニックを自慢する人も、童貞である可能性が高いと言われています。

童貞であることを隠したいために、見栄を張って妄想したテクニックを自慢してしまったりすることが多いようです。

このようなタイプの人は、したことのない行為を自慢していることから、すぐに嘘であることが周囲にバレてしまうケースが多いようです。

しかし、周りからは童貞であるということを見抜かれているにもかかわらず、本人は気づいていないということが多いとも言われています。

4.他人に対して批判的である

童貞の人は異性からモテない人も多く、そのため自信をなくしてしまい自己防衛をするようになってしまうと言われています。

そして、傷つけられたプライドを守るためと、心の痛手から逃れるために、他人を批判するという方法を取るようになる人が多いようです。

そして、その行為がエスカレートすると、逆に自分のプライドだけが高くなっていき、他人を見下すようになってしまいます。

そのため、童貞であるのは自分の責任ではなく、周りの女性が見る目がないなどの責任転嫁をするようになってしまうようです。

5.消極的である

童貞の人の多くは、消極的であると言われています。

彼女が欲しいとは言いつつも、実際に女性を紹介してもらうなどの何かしら行動に移そうとはせず、自分からは動けない人であることが多いようです。

このタイプの男性は、草食系男子である場合も多く、口ではいうものの、本当に心底女性を求めているわけではない人も多いようです。

6.コンプレックスが強い

童貞の人は、何かしらのコンプレックスを抱えている人が多いと言われています。

それは身体的なコンプレックスであったり、精神的なコンプレックスであったりと、人によりさまざまなものがあり、そのコンプレックスが強いことにより、一歩先へ踏み出せない男性が多くいると言われています。

また、性行為を済ませていない「童貞」であること自体がコンプレックスであるという人もおり、その童貞であるというコンプレックスが強いために、女性とうまく関係を築くことができず、童貞のままである場合が多いようです。

7.面食い・理想が高すぎる

恋人がいない期間が長かったり、女性と接する機会が少ない男性は、しだいに女性を美化するようになり、結果理想が高くなってしまう人が多いと言われています。

女性と接する機会がないために、だんだんと自分の中での妄想の方が大きくなってしまい、美しい女性でないと付き合うことができないという状態になってしまうことが原因であるようです。

また、自分のステータスとしても付き合う女性は美しい方が、男性的な自信にもつながると考えているため、高望みをしがちであると言われています。

このような願望が高くなればなるほど、理想と現実を冷静に判断することができなくなり、せっかく好意を持って近づいてきた女性でさえも自然と拒否してしまい、さらに恋愛をすることが難しい状態になってしまうことがあると言われています。

8.男友達を優先しがちである

童貞の人は、異性と遊ぶよりも男友達と遊んだ方が楽しいという人や、女性との約束よりも男性との約束を優先する人が多いと言われています。

そのため、男友達を大切にしているとも言えますが、まず異性と付き合いたいという意思が弱い人であるとも言えるでしょう。

このようなタイプの人は、本当に恋愛がしたいと思っていない人が多いのではないでしょうか。

9.頑固である

前述した理想が高い人と同様に、頑固であり譲れない性格である人も童貞であることが多いと言われています。

このような男性は、自分が思うこだわりが強く、決して譲れないものが多いために、女性の基準が自然と厳しくなってしまうと言われています。

そのため、ずっと彼女ができず恋愛経験が少ないままとなり、童貞でいることとなってしまうようです。

10.モテる基準を勘違いしている

童貞の人はモテない人が多く、その理由にはモテる男性像を勘違いしているためであるとも言われています。

モテない男性は、なぜモテないかの理由を自分なりに探すようになりますが、自分の基準だけで考えてしまうため客観的に見れていないことから、間違った答えにいきついてしまう人が多くいるようです。

その結果、自分だけで考えて導き出した「モテる男性像」であるために、実際の「モテる男性像」とはかけ離れてしまい、さらに恋愛から遠のいてしまうという男性も多くいると言われています。

自分の恋愛については、時には客観的に見る必要もあるため、すべてを自己完結せずに親しい友人や異性の友人などにも意見を聞くことが大切なのではないでしょうか。

11.女性を見下している

童貞の人は、女性を見下している人も多くいるとも言われています。

このような男性は、発言や行動も自然と女性を見下しているようなものとなってしまうため、女性からも敬遠されるようになってしまいます。

そのため、女性と接する機会も少なく、好意を持ってくれる女性なども少ないため、ずっと童貞のままである可能性が高いと言われています。

そもそも男女差別のような考え方自体にも問題があり、女性を敬うような気持ちが生まれない限り、このような考え方の男性は一生童貞であるおそれがあります。

女性を見下すような考え方の男性は、女性とのコミュニケーションが少ないために、女性を勘違いしてしまっている部分もあることから、まずは女性と接する機会を増やすように心がけるようにした方が良いでしょう。

▼関連記事

上から目線の心理は何?態度に潜むその人の感情

12.現実逃避・二次元で満足してしまう

スマートフォンなどの普及によって、いつでもどこでもネットサーフィンや動画などを見ることができるようになりました。

そのため、今や中学生や高校生などでも、簡単に大人向けの画像や動画などを見れるようにもなりました。

このようなことが原因となり、身近な異性に労力を使ってまで関係性を持ちたいと思わなくなってしまう男性も多くいると言われています。

現代は物の普及が進んだために、たいていのものは簡単に手に入れることができるようになりました。

そのことがとても良い反面、若者たちの意欲をなくす原因になっているとも言われており、このような画像や動画だけでも性欲が満たされてしまうという若い男性も多いのは、非常に問題であるとも言われています。

また、ほかにもモテない男性などは、その精神的苦痛から逃れるために、二次元の世界へと現実逃避する人が多いと言われています。

現実世界の女性には相手にしてもらえないがために、想像・妄想の世界やアニメやアイドルなどの二次元の世界のものに恋をし、恋愛をしている気分に浸ったり、性欲も解消してしまうなどの行為へと発展していくと言われています。

これらの男性たちは、一時のストレス解消であれば問題はありませんが、現実世界よりも二次元の世界にはまってしまった場合、なかなか抜け出すことができなくなってしまうため、生涯本当の恋愛などができなくなってしまうおそれがあるので、なるべく現実世界の女性とも接点を持つように心がけるようにした方が良いでしょう。

13.女性に興味がない

世の中には、本当に女性に全く興味がないという人もいます。

そのような人は、もちろん童貞であるでしょう。

また、本当はモテたいと思っていたり彼女が欲しいと思っている人でも、自分に自信がないために言い訳として女性に興味がない、と言い張る人もいると言われています。

どちらにしても、女性に興味があるというような態度や行動を示さない限り、童貞を卒業することは難しいでしょう。

14.自分に自信がない

自信がない男性も、童貞である可能性が高いと言われています。

自分に自信がないために、行動を起こすことができず、自分から女性を誘うことや告白などもできないため、童貞となってしまうことが多いようです。

やはり自分に自信がない人は、異性からもあまりモテるということはないので、その結果異性と触れ合う機会も少なく、性的な経験もできなくなってしまいがちです。

まずは、外見でも中身でもどちらでも良いので、自分に自信を持てるよう努力をする必要があるでしょう。

童貞は仕事上ではデメリット!

童貞の男性は、仕事上ではデメリットであると言われています。

その理由には以下のようなことがあるようです。

・無駄にプライドや理想が高い
・行動力がない
・考え方がネガティブ思考
・気が利かない
・嘘をつくことが多い

童貞に対する偏見的な見方であるとも言えますが、前述したような童貞の男性の特徴とも性格的な部分では一致するものが多いため、いちがいに偏見だとは言えないのではないでしょうか。

恋愛市場では童貞のメリットがあるらしい!?

今やなんと「童貞コン」というものもあるらしく、一部の女性の間では童貞の男性に人気が集まっているようです。

童貞の男性に人気が集まっている理由は、自分が初めての女性であるために、生涯大切にしてくれる人が多いからであると言われています。

また、ずっと童貞であることから、純粋であったり誠実である人も多いため、そのような真面目な男性を好む女性にとっては、結婚をする対象としては最適であるからだとも言われています。

ただし、童貞の卒業の仕方がよくない場合には、逆にヤリチンになってしまったり、一生セックスがしたくない!という恐怖感を与えてしまうおそれもあるので、女性側も初めての行為の際には注意が必要です!

まとめ

童貞の男性の特徴や、童貞であるメリットやデメリットなどを紹介してきました。

誠実な男性が好きな女性からは童貞の男性は人気があるなどのメリットがありますが、仕事上などでは童貞であることによりデメリットとなる場合があります。

前述してきた内容から全体的に考えると、やはりある程度の年齢に達しても童貞である場合には、人とコミュニケーションを取る上でなんらかの障害があるのでは、などと思われてしまうことが多くあるようです。

そのため、メリットよりもデメリットの方が多くなってしまうおそれがあるので、ある程度の年齢に達している人(社会人)の場合には、自ら積極的に女性と関わるようにし、童貞を卒業することをおすすめします。

コメント