【金沢まつり花火大会(横浜市)】事前に把握しておきたい情報10選

花火
スポンサーリンク

※本記事は神奈川県横浜市の金沢まつり花火大会の内容です。

「金沢まつり花火大会」は、3,500発の花火が打ち上げられ、比較的小規模の部類に入る花火大会にも関わらず、全国から28万人もの人手になる、大変人気な花火大会となっています。今回は、当日を満喫するために、事前に知っておくと便利な情報をまとめてみました。ぜひ、参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク

「金沢まつり花火大会」の基本情報

金沢まつり 花火大会【2021年中止】の日程・開催情報 | 花火大会2021 - ウォーカープラス
【※2021年の花火大会は中止となりました】神奈川県横浜市で開催される大会。八景島、海の公園、野島に囲まれた海上から、横浜の夜空に色とりどりの花火が打ち上がる。フィナーレを飾るのは、毎年恒例の特大スターマインだ。区のキャラクターの「ぼたんち...

ここでは「金沢まつり花火大会」の基本情報をまとめてみました。また、下記のリンク先には、公式サイトが添付されていますので、ぜひ参考にしてみて下さい。

日程:2016年8月22日
時間:19:00~20:00
会場:海の公園
住所: 神奈川県横浜市金沢区
花火打上数:約3,200発

「金沢まつり花火大会」の見どころ

「金沢まつり花火大会」の見どころは、なんといっても大パノラマの海に広がる「スターマイン」です。いつまでも続く打ち上げ花火は、迫力がありすぎて鳥肌が止まりません! 

また、お子さんが大好きな「キャラクター花火」も見ものです。こちらの花火は、砂浜でおこなわれるので、レジャーシートを引いて、寝転びながら見上げる花火が楽しめるのも醍醐味かもしれません。

「駐車場」のご案内

当日は、「海の公園駐車場」が、1日1,000円で開放しており、1,688台が収容可能となっています。

しかし、当日は、28万人もの人が訪れることもあり、駐車場も大体16時までには、満車となる予想です。

お車でお越しの際には、時間にゆとりを持って来場することが大切になってきますよね。

また、場所取りが禁止となっているので、花火が始まる30分前から急に混雑が予想されるので、それまでには、車での移動を済ませておくといいですよね。

「交通規制」を事前に把握しておこう!

当日は、18:30~21:00まで交通規制が入ります。また、国道16号線から「海の公園」方面へは通り抜けはできなくなるので、注意が必要です。

事前に、交通規制の場所を把握しておくことで、当日の移動がスムーズになると思います。時間に余裕をもってお出かけになって下さい。

「穴場スポット」のご紹介

28万人もの人が集まる会場は、予想をはるかに超えた混雑になると思います。狭い道を、たくさんの人が歩行するので、接触トラブルや、人込みが苦手な人は、体調が悪くなることもしばしばですよね。

そんなことがないように、今回は、ちょっと会場から離れていますが、花火がよく見えて混雑が避けられる「穴場スポット」を、ご紹介していきます。

【穴場スポット1】「野島公園」

「野島公園」では、日中バーベキューや野球が楽しめる広場があり、花火が始まる前にこちらで遊ぶのもいいですよね。しかも、バーベキューができるのだから、ちょっとしたセットを持参して、ピクニック気分で楽しめるのもいいですよね。

花火大会が始まる前も、十分に楽しめる空間ですよね。日頃の運動不足も解消されて、夜には癒しの花火大会を観覧する! とっても充実の一日になりそうですよね。

住所:神奈川県横浜市金沢区野島町24
駐車場:328台
料金:30分/200円~

【穴場スポット2】「八景島シーパラダイス」

皆さんもご存知の「八景島シーパラダイス」は、大人から子供まで、一日楽しむことができるアミューズメントパークとなっており、花火大会の当日も、営業をしているので、日中はこちらでエンジョイすることもできます。

しかも、こちらからの花火は最高の眺めだと、密かに人気を集めている「穴場スポット」となっています。お子さんがいるご家庭には、とってもおすすめです。

住所:神奈川県横浜市金沢区八景島
駐車場:181台
料金:1日/1,200円

「持っていくと便利なもの」アイテムとは?

当日は、8月の暑い季節ですよね。昼夜問わずに、熱中症が怖い時期でもあります。

花火大会が行われている最中でも、熱中症で具合が悪くなる方も見受けられます。

そんな時に大切なのが、冷たい飲料水で、体に水分補給をすることです。

外出する際には、凍らせたペットボトルを持参していくと、とっても重宝します。

他にも「虫よけスプレー」や「レジャーシート」「懐中電灯」なども、便利アイテムとして、必須かもしれません。

「ルールとマナー」をしっかり守りましょう!

花火大会では、約28万人の方が来場することもあり、終了した後に、たくさんのゴミなどが散乱している場所があるそうなんです。

指定のごみステーションがあるのにも関わらず、マナーを守らない一部の方のせいで、会場の清掃をされているボランティアの方に、負担がかかってしまいます。

また、歩きたばこをされている方も見受けられ、小さいおこさんの顔がやけどをした! という事故も、いまだにあるようなんです。

一人一人の方が、最低限のルールとマナーを守ることが、とっても大切になってきますよね。

「金沢まつり花火大会」のまとめ

当日の花火大会では、28万人もの人が訪れ、賑わいを見せてくれます。

感動の「スターマイン」を見たら、一生忘れられないと思いませんか! 

今回は、事前に知っておくと便利な「駐車場」や「穴場スポット」などの情報を中心にまとめてみました。

事前に把握しておくことで、当日は、スムーズに移動ができますよね。ぜひ、参考にしてみて下さい。

花火
スポンサーリンク
スポンサーリンク
adminをフォローする
スポンサーリンク
wills【ウィルズ】

コメント