頭が良くなる5つの方法!あなたでも出来る賢くなる方法とは。

勉強・言語・学問
スポンサーリンク

頭が良くなりたいけどどうやったらいいのかわからないという方は多いはずです。そこで毎日できる頭を良くする方法について紹介していますおでぜひ参考にしてください。

頭を良くする方法① 運動をする

運動は脳の働きを良くする


運動というと筋肉を鍛えたり健康目的で行うイメージがありますが実は脳の働きをよくするとも言われています。ある実験によると日ごろからジョギングやウォーキングなどの習慣がある人たちは運動する習慣がない人に比べて脳の働きが良く、記憶力が高い傾向にあるとのことです。

テレビなどで脳のイメージ画像を見たときに表面がしわしわになっていますがこれは灰白質という部分です。頭の良い人はこの灰白質にしわが多いと言われており、運動している人はこの灰白質にしわが増えやすい傾向にあるとも考えられています。

何か考え事をしている時に気分転換のために散歩をすると急にアイディが湧いて出てきた経験があるかもしれません。これは運動することで脳の働きが活性化して問題の解決能力が高まったためとも言われているようです。運動をすることが頭が良くなることに直結するわけではありませんが、脳の働きを良くすることは実験でわかっているのでやっていおいて損はないでしょう。

ウォーキングをする習慣を

運動をするにはウォーキングが最適です。歩くことは体全体の筋肉をバランスよく使うので脳がとても活性化しやすいと言われています。逆にランニングといった足に負担を与えやすい運動は避けておいた方が良いかもしれません。

道路はほとんどがアスファルトでできているので歩く際には足や膝への負担を減らすためにもウォーキング用の負担を軽減してくれるシューズを使用するのがおすすめです。

またウォーキングの際には森の中も歩くとリラックス効果が得られやすいと言われています。ウォーキングはできれば毎日30分は行ったほうが言われていますが仕事であまり時間がとれないという方もいるはずです。そういう方は会社へ行く際にバスや地下鉄を使用しているのならいつもの駅よりも一つ分早く降りて歩いて職場へ行くとウォーキングの時間を作ることができます。

頭を良くする方法② 食事の改善

魚を食べる

「魚を食べると頭が良くなる」と聞いたことがあるかと思いますが具体的な理由を知る機会がないので迷信かもしれないと思っている方もいるかもしれません。ですが魚に含まれている油にはDHAという成分が含まれているのでとても脳に良いのです。なぜならこのDHAは脳の細胞のには不可欠な成分だからです。

DHAは主に脳の神経細胞に含まれており、神経細胞そのものは情報を処理したり記憶をになっているので頭を働かせる際にとても重要な役割を担っています。しかしこの神経細胞は年齢とともにどんどん減少していくので脳の働きを保つためにも細胞はできるだけ多く残っていたほうが良いと考えられています。

そういった点でDHAは神経細胞の成長を促進する働きがあるので、神経細胞が減っていく量を減らすことにつながっているといわれています。なので脳にとても良いということが期待されています。

よく噛んで食べる

食べる際によく噛んで食べると脳を刺激することにつながるので血行が良くなり、脳から神経伝達物質が分泌しやすくなると言われています。多くの方は食事をする際にしっかりと噛んで食べることが少ないので脳への刺激が少ないものです。なので食べ物を口に入れたら20回以上噛んで飲み込むことで脳への刺激をとても増やすことができ、さらに噛むことで消化しやすい状態になっているので腸にも良いのです。

特に白米を食べている方は多いかと思われますが、白米はやわらかいのでそこまで噛まなくても飲み込むことができますよね。しっかりと噛んで脳への刺激を増やすためにもご飯はやや硬めの玄米にしたほうがおすすめです。玄米は硬いだけではなく栄養分が豊富なのでよく噛んで脳を活性化するだけではなく体を健康にする効果も期待することができるでしょう。

頭を良くする方法③ 勉強をする

本をたくさん読む

頭を良くしたいときには本を読んで色んな知識を吸収することがおすすめです。幅広い知識を学ぶことで物事をいろんな角度から見ることができるようになるのでユニークなアイディアが浮かびやすくなったり、問題の解決能力が高まることにもつながります。

普段あまり本を読むことがない方は専門家が分かりやすく書いている新書を読むことから始めると読むことが苦にならないのでおすすめです。しかも専門家が書いている本は文章の論理がしっかりとしているので何度も繰り返して読めばその作者の考え方を真似資することができるようにもなります。

また本を読むけど最初から最後まで読むのは苦手という方は同時にたくさんの本を読んでいくのが最適でしょう。一緒に読む際には同じジャンルの本を読むことで理解が深まりやすくなります。同じジャンルの本を読むことで作者によって物事の表現が異なっていることに気が付くので自分で文書を書いたり、話したりするときの表現の幅を広げることにもつながります。

学んだことをアウトプットする

勉強したら記憶への定着を高めるためにアウトプットしていくことが大切です。本読んで役立つ情報が見つかったら付箋を貼っておいて終わりにするのではなくその内容を誰かに伝える気持ちで文章にするのが効果的です。しっかりと言葉にすることで何を伝えようとしているかの再確認につながるので記憶への定着が促進されます。

アウトプットする際にはパソコンで文書を入力したり、ノートに書くのが良いでしょう。またSNSを利用している方は知り合いに役立ちそうなことを伝えることもいいアウトプットにつながります。

アウトプットすることが習慣化してくるとそれ以前の生活ではあまり勉強しても強く記憶に定着することが少なかったことに気づくかもしれません。アウトプットしていくことはまずしっかりと内容を理解していないと行えないので最初は時間がかかるかもしれませんが、言葉にするのに慣れていくと次第に上達していくので勉強したことをかなり忘れにくくなります。

難しいことをわかりやすく表現する

頭の良い人は難しいことでもものすごく分かりやすく伝える能力に秀でています。分かりやすく表現する能力はいきなりできるものではなく意識してやり続けることで身についていくものです。なので勉強しているときには「この内容を人に伝えるならどう表現したらいいのか?」と考えながらやると理解力と表現力を一緒に高めることができるようになります。

外国語を学ぶ

ある実験によると期間中に外国語を学んでいる人たちと外国語を学んでいない人たちに問題を解かせたところ外国語を学んでいる人たちのほうが問題の解決能力が高かったという結果が得られたそうです。

外国語を学ぶと脳の灰白質の部分の密度が高まる傾向にあると言われているので頭の働きを良くすることに期待ができます。ものすごく勉強していないとこのような効果は得られないのかもしれないと思うかもしれませんが「外国語を勉強する」という行為自体が脳に良いようなのでまずは簡単な内容から始めてみるのがいいかもしれません。

また外国語を学ぶことは記憶力の低下を防止する働きがあるとも言われているので勉強をしたことを忘れにくくする効果にも期待ができるようです。

頭を良くする方法④ しっかりと考える

情報を疑ってみる

考える能力を養うためにも本で知ったり、人から聞いた情報をそのまま鵜呑みにするのではなく一度自分で疑ってみる必要があります。その情報が正しいのかを判断する際にしっかりと考えたり、データを探してみることで情報に対する知識が広がり自分なりの考えを持つことができるようになります。

日ごろから考える習慣を身につけておくと何かを判断する際に、しっかりと考えて自分の納得のいく状態で選択をすることができるのであとからその選択が間違っていたとしても「自分の頭の悪さ」を嘆くのではなく、「次からはどう考えていったらいいのか?」と改善していくことにもつながります。

少ない情報から多くのことを考える

頭のいい人は少ない情報から多くのことを考えることができるため、たくさんの情報を集めるという手間を省いて短時間で物事を決めることができるようです。これは今までによく考える習慣が培われているからこそできることで、何かを考えたときにたくさんのことを結び付けて考えやすいといわれています。

固定観念にとらわれない

頭の良さというと思考の柔軟性もあげられます。物事を考える際には人それぞれ特定の思考パターンがありますが頭のいい人はパターン通りの思考ではいいアイディが出にくいことを理解しているので、あえていつもとはいつもとは違う考え方をしてみて物事に対するアプローチの仕方を変えてみたりすることがあります。

自由な思考ができるようになると物事に対する固定観念を抱いてしまうことが減り自分なりの考えを持つことができるようになります。

思考の柔軟性を高めるためには普段の自分の考え方を意識してみる必要があります。おすすめなのは日ごろから疑問に思ったりすることを文章にしてみて物事に対する考え方がどういうものなのかをつかんでみることです。これを繰り返していくことで特定のことに対しては一定のパターンで考えていることがなんとなく見えてくるようになります。パターンをしっかりとつかんだらどうやったら別の考え方ができるのか考えてみて実践していくと考え方に柔軟性が出てきます。

頭を良くする方法⑤ 瞑想をする

一流企業も導入している瞑想

瞑想と聞くとお坊さんが修行している際にやっているイメージを抱いてしまい「地味な行為だから脳にたいした効果はないのでは?」と考えてしまうかもしれません。しかし最近では瞑想をすると脳の働きがとても良くなることが科学的に解明されていっているのでその効果を実践するために企業で瞑想をする習慣を取り入れているところも増えてきているようです。

瞑想の効果

瞑想は脳への効果の高さが非常に高い行為といわれています。まず瞑想は頭の中の情報を整理してくれる働きがあるそうなので何かを考える際に物事を思い出すのが容易になるとのことです。私たちが睡眠しているときには脳がこの頭の中の情報を整理してくれることで後から思い出しやすくしてくれるのですが瞑想をすることで起きている時でも情報を整理することができるようになるのです。

次に瞑想をすると物事に対する集中力が格段に上がると言われています。普段何かをしているときにちょっとしたことで気を散らしてしまうことがありますがこれは脳が余計なことに反応しやすい状態になっているからです。瞑想をする習慣をもつと普段から頭の中がすっきりとしているので集中している時でも余計なことを考えないで済むので作業がとてもはかどりやすくなるとのことです。

また同時並行で作業をしていくときにも大変効果が高いと言われています。普段同時に作業を進めていくと頭がこんがらがってしまい思うように集中できなくなってしまうことがありますが、瞑想をすることで意識できる量が増えるために同時並行の作業でも注意力を散漫にしないで集中して進めていくことができると言われています。

瞑想のやり方

瞑想をする際には座って何も考えないことを意識しないといけません。何も考えないという状態は意外にも脳の働きを活発にして情報の処理能力を高めるのでとても頭には良いとのことです。しかし普段は頭の中で考えてばかりなので何も考えないということは結構難しいものです。

なので瞑想をやり始めたときには頭の中の雑念を減らすために息を吸うときに「スー」と音を出し、吐くときには「ハー」ということで頭を音に集中させることができ余計なことを考えにくくできます。

呼吸する際にはいつもの呼吸とは違い、お腹を膨らませて行う腹式呼吸になるので息を吸うときにしっかりとお腹を大きくする必要があります。

まとめ

頭が良くなる方法について詳しく紹介してきました。まず頭の働きを良くするためには運動をすることが効果的とお伝えしました。運動をすると脳の血行が良くなり、灰白質の密度が高まるので問題解決能力が高まると考えられています。

また食事をする際にはよく噛んで食べることで脳を刺激するので記憶力を高めることにつながると言われています。食事の際には魚を食べるようにすると脳の神経細胞を作るのに必要なDHAを摂取することができるので頭の働きがとても良くなるとも考えられています。

さらに瞑想をすることで頭の中の情報を整理することにつながり記憶力を高めるだけではなく思考力を高めることにもつながるでしょう。

コメント