透明感ある白肌美人に大変身!自宅で簡単に出来る7つの美白方法

外見
スポンサーリンク

 

白肌は七難隠すと昔から言われるほど、透明感ある白い肌でいると女性としての魅力を引き出すことができます。

そんなキレイな素肌を目指すバックアップをしてくれるのが美白アイテムやケアです。

最近では、様々な美白ツールが出ていますが、本当に効果があるものばかりなのでしょうか?そこで、ここではしっかりと効果を得られて、自宅で簡単にできる美白方法をご紹介させていただきます。

あなたが使っているのは本当の美白化粧品?

商品パッケージが白いイメージのものだったり、商品名にホワイトという言葉が入っているものは全て美白化粧品だと思っていませんか?

美白化粧品とは、美白成分がちゃんと配合されているものを差します。中には雰囲気が美白っぽい感じのものでも、美白成分が入っていないものも多くあるので、買う前にはしっかりと表示を確認することが大切です。

そもそも、美白成分はどんな働きをするの?

意外に美白成分が、どんな働きをしているのか知らないという人も多いと思います。

紫外線の影響を受けると、肌の中では「メラニンを作れ」という指令が出ます。そこで、メラニン色素が作られ始めるのですが、このメラニン色素を生成を抑えるのが美白成分の働きです。

美白というと肌を真っ白にしてくれるものと思われがちですが、残念ながら誤解です。

メラニンの生成を抑えるのが美白成分の働きなので、生まれつき色黒の人などメラニン色素が原因でない肌の色を白くすることはできません。

化粧品購入の際に役立つ美白成分の種類

美白成分と言っても様々な種類があります。成分名を知っているだけで、上手に美白化粧品選びができます。

●ビタミンC誘導体
ビタミンCを、肌に吸収しやすいように形を変えたものがビタミンC誘導体です。抗酸化作用があり、アンチエイジングやニキビの炎症を抑えるのにも役立ちます。

●アルブチン
アルブチンは、苔桃から抽出された成分です。濃度が高いと肌に刺激になることもあります。

●麹酸
みそや醤油などの麹菌由来の成分です。

●エラグ酸
いちご由来の美白成分です。

●リノール酸
サフラワー油などの植物油から抽出された成分です。

●カモミラET
ハーブのカモミールに含まれる成分で、抗炎症作用も持っています。

●トラネキサム酸
抗炎症剤として使われていたトラネキサム酸を美白成分として開発したものです。

●4MSK
慢性的なターンオーバーの乱れに着目して生まれた成分です。

●マグリグナン
植物に含まれる天然化合物をモデルとして作られた成分です。

●油溶性甘草エキス
甘草という漢方薬から抽出された成分で、消炎作用もあるためかぶれにくく、肌の弱い人でも安心して使えます。

正しい美白化粧品の選び方

美白化粧品には医薬部外品指定の成分が含まれているものと、含まれていないものがあります。

必ずしも医薬部外品の方が効くということはありませんが、自分で選ぶ自信がない人は、医薬部外品から選ぶのも一つの方法です。

自分にぴったりの効果のある化粧品の選び方が分からないという人も多いと思いますが、残念ながら肌で試していくという方法がベストと言えます。

それは、人それぞれ成分との肌相性があり効果の出方が違うからです。

補足として、美容皮膚科ではかぶれにくい点とアンチエイジング効果を持つことから、ビタミンC誘導体やカモミラETなどの抗炎症効果のある成分が良く使われています。

美白食材を上手に摂り入れてシミのない白肌に!

美白ケアに最も有効な成分と言えばビタミンCです。

ビタミンCはメラニンの沈着を抑制して、できてしまったメラニン色素を還元しシミを薄くする作用もあります。

特に紫外線を多く浴びる3月頃からは積極的に補給するようにしましょう。

ただし、ビタミンCは体の中に蓄えておけないため、1日に数回に分けて摂り入れることが大切です。

●ビタミンCを含む食材
【赤・黄パプリカ、菜の花、ブロッコリー、カブの葉、カリフラワー、ゴーヤ、ピーマン、キウイ、いちご、キャベツ、じゃがいも、トマトなど】

また、新陳代謝を促進してシミを排泄させる作用のあるビタミンAも有効で、ビタミンAは体の中に蓄えておける性質を持っているので、多少ですが取りだめができます。

下記が、ビタミンCとビタミンAを豊富に含む食材です。毎日の食事にたっぷりと摂るようにしてください。

●ビタミンAを含む食材
【鶏レバー、うなぎ、モロヘイヤ、にんじん、春菊、ほうれん草、かぼちゃ、にら、小松菜、プルーン、にんにくの芽など】

美白効果の高いアロマオイル

●キャロットオイル
人参の根を大豆オイルに漬け込んだ抽出オイルです。βカロチンが豊富で、細胞の老化防止作用もあります。高い美白効果がありビタミンEも豊富に含まれているので、酸化しづらいオイルです。

●サジーオイル
サジーはグミの実のオイルで、中国やチベットで昔から医薬品として活用されてきました。ビタミンE、カロチン、ビタミンCが豊富で美白効果に酢語れています。

白肌&アンチエイジングを叶えるマッサージ法

肌が敏感な人の美白ケアにおすすめなのが、アロマオイルを使ったマッサージです。肌に負担をかけない自然のままの美白成分を肌へとたっぷりと補給できます。

①眉がしらを両中指で上に向かって押し、そのまま3本の指をおでこへぐるっと回し、左右のこめかみを円を描くように揉みます。

②3本の指で目尻から鼻のつけ根、目の上を通って円を描くようにマッサージします。

③アイホールにそって3本の指で、やさしくツボを押していきます。

④唇を全部内側に巻き込んで、こめかみを手根で上へと持ち上げます。

⑤鼻筋を上から下、そして鼻の横から法令線にそって口元の両脇まで繰り返し撫でます。

⑥頬も3本の指で半円を描くように顎まで優しくマッサージします。

⑦片手で片方ずつ、顎からエラまでを持ち上げるように撫でます。

⑧そのまま、今度は3本の指で円を描くように、ちょっと強めにマッサージをします。反対側の頬も少し強い力でクルクルとマッサージします。

⑨最後に、左右の耳を指でつまみ、斜め上へとひっぱり上げます。

まとめ

女性なら誰しも憧れる白肌。

本気で白肌を目指すためには、美白の正しい意味を知り、肌にぴったりと合う美白化粧品や、ケアをすることが、透明感ある白肌を叶えられる一番の近道です。

上記の項目を参考に、皆が振り返ってしまうような透明感のあるキラキラとした白肌美人を目指してください。

コメント