えっ!?まさかの収納ワザ6選。リフォームする時こんな収納、真似したい!

便利なアイデア
スポンサーリンク

えっ!?まさかの収納ワザ6選。リフォームする時こんな収納、真似したい!

おもちゃにINしてスッキリ。可愛く隠す収納。


遊んでいない子どものおもちゃに、ゴチャゴチャしがちな小物や小さいおもちゃを収納。
お片づけにもなり、可愛いおもちゃに隠せるところが便利です。遊びたいときは散らかしてよし、けど、遊び終わったらしっかりと片付けてもらいましょう♪

サイドに取り付けた棚。丸一日イスで生活できそうな収納。

これは盲点です!イスのサイドに棚がついています。小物がたくさん入る棚に、本や新聞、リモコン、お菓子などを置いたら、丸一日イスに座っていても飽きない一人だけの空間ができそうです。
大きなソファのような作りなので、きっと座り心地もバツグンのはず♪

壁のようにならぶ棚が階段との仕切り。本屋さんのような憧れの収納。


階段との仕切り壁として、一面に棚を設けています。まるで本屋さんのように、お気に入りの本たちをズラリと並べる事ができますよ!
天井まで届きそうな壁棚に心がワクワクしそうです♪本が好きな方にはたまらない本収納があるお部屋ですね。

たんすのような引き出し階段。デッドスペースに賢く収納。


まるでタンスのように、階段が引き出しのようになっています。これは開かなければスペースがあることに気付きませんね。
デッドスペースをシッカリと使っており、とても賢くナイスなアイデアです☆

階段とスライダー。もっと自由にデッドスペースを楽しむ収納。

もはやこちらは、アイデアという単語からは生まれない、斬新な発想で作られています。
階段の下を棚にかえ、中央にはスライダーを準備。新しすぎるアイデアにもやは脱帽です。
スライダーのすべり心地はいかがなものでしょう。とても楽しそうな姿が目に浮かびます。

皆の悩みクローゼット。見せて魅せる収納。


クローゼットは、誰もが隠したくなる収納スペース。しかし、コチラはあえてオープンにしています。なぜなら、こんなにお洒落な収納術を、隠してしまったらもったいないでしょ?そんな発想から生まれた新しい魅せ方。あえて見せてしまうことで、もっと素敵な自分に出会える気がします。
服の高さや棚の取り付け位置など、まずは何をどこに収納するのかを吟味して、明日に備えましょう。

コツ・ポイント

デッドスペースを上手に利用します。すると、とてもファンタスティックなお部屋に♪
もちろん、小物を利用した収納もご紹介していますが、リフォームや新築をお考えの方にぜひ取り入れていただきたいアイディアです。

コメント