爪かみの習慣をどう治す?

スポンサーリンク

爪をどうしてもかんでしまう人がいる。その爪かみの習慣を治す方法がいくつかある。

スポンサーリンク

爪かみから感染も

米国カリフォルニア大学デービス校の皮膚科医で、米国皮膚科学会にも所属する研究者が解説。同学会が紹介している。研究者によると、爪かみの習慣は子どもの頃に始まり、大人になっても治らないこともある。この習慣は、爪の周囲の皮膚を傷めて、皮膚に痛みを起こしたり、爪の成長に必要な組織に繰り返しダメージを与えたりする。爪の異常の原因にもなる。口の中の細菌によって指に感染を起こしたり、爪から感染を広げて、顔や口まで影響を及ぼしたりする場合もある。

マニキュアも効果的

爪かみの習慣を治す方法として、研究グループは、次の項目を挙げている。・爪を短く切っておく。・苦みのあるマニキュア液を爪に塗る。・常にマニキュアを塗る。爪をきれいにしておくと爪かみを防げる。・爪かみの習慣を他のものに置き換える。例えば、ストレス発散用にボールを手にするといった方法が良い。・爪かみの習慣の原因を探る。原因が分かれば、回避する方法を考える。・徐々に爪かみの習慣をやめる。

背景には心の問題も

爪かみの習慣は、心の問題から起きている場合もある。なかなかやめられない場合は、医療機関を受診した方が良い。米国皮膚科学会ではユーチューブ(YouTube)で動画でも説明している。

日本でも参考にできる内容となりそうだ。

文献情報

How to stop biting your nails
Nail biting typically begins in childhood and can continue through adulthood, and the side effects can be more than cosmetic. Repeated nail biting can make the ...
How to stop biting your nails
人生
スポンサーリンク
スポンサーリンク
adminをフォローする
スポンサーリンク
wills【ウィルズ】

コメント