【時は金なり!】時間を無駄遣いしない6つの習慣

便利なアイデア
スポンサーリンク

「時は金なり」ということわざを、みなさんも一度は聞いたことがあるのはないでしょうか。

実に親しみやすく、深い言葉ですよね。これはベンジャミン・フランクリンというアメリカ人が言った名言「Time is money」を直訳した言葉とも言われています。

1日という時間は、どんな人にも平等な分量です。それをどう使うかで人生も決まるといっても過言ではありません。そこで今回は、時間をうまく有効活用して人生を豊かにおくる方法をご紹介します。

1.TO DOリストの作成と活用

 

行動リストを作成し、日々更新していきましょう(スケジュール管理とリンクさせる)。やる事を明確に意識しておくことは、いわゆる電車の空き時間や移動時間などの“隙間の時間”にも簡単で、短時間で出来るような仕事を当てはめる事が可能になります。

その様な時間も積もり積もれば馬鹿になりません。さらに、作業のデットライン(最終期日)を設定しておくことで、配分管理も容易になります。

TO、DOリストは、メモ帳や手帳などに記録するのも方法の一つですが、スマホのアプリや電子手帳などの電子ツールをうまく活用するものよいでしょう。その方が要件を細かく分類したり、優先順位をつけたり、使用時間の短い順に並び替えてみるなど、いろいろな加工・分析が容易です。

また、過去につけた記録も振返り分析することで、さらにどう管理していけばよいかが見えてきます。一日のスケジュールが崩れてしまう人や、うまくスケジュールが立てられない人は、同様のことに注意しながら、一日単位でのスケジュール管理ではなく、週単位でのスケジュール管理を行い、TO、DOリストをリンクさせることから始めてみましょう。

 

2.嫌なことほど早く片付ける

嫌なことほど“後回し”にしていないでしょうか。仕事は、嫌な仕事ほど先に片付けるようにしましょう。嫌なことが後に控えていると、どうしても意識がそちらにとられてしまって、意識してしまい効率が落ちてしまいがちになります。

嫌な事を先に取り組むと「これを終えたら・・・」という期待感で仕事ができ、ポジティブな気持ちで嫌な仕事にも取り組めるばかりか、残った仕事へも高いテンションのままで取り組んでいけます。

仕事の順番に得意・苦手の概念を持ち込まないように考えがちですが、人間ですから全て割切って行う事はできません。ぜひ、嫌なことから先に片付ける習慣を身につけましょう。

 

3.「ご褒美」の設定

時間管理には、スケジュールの効率化だけでなく、やる気や意気込みを回復させる時間も含まれています。仕事の合間に適度なご褒美を、回復の時間(アクセント)として入れることにより、ポジティブな感覚を維持していくことができます。

ここでいうご褒美とは、プレゼントとは違い必ずしも、“モノ”である必要はありません。むしろ、気分転換に近いのかもしれません。

例えば、いつもより甘いコーヒーを飲んでみるとか(カフェインで眠気覚まし。砂糖で脳へ栄養)背伸びをして、簡単なストレッチ運動を数分間してみるなど、些細なことでかまいません。特にゴールが長いプロジェクトの推進などは推進していると、どうしてもやる気が出なくなったり、推進の効率が悪くなったりしてしまいがちです。

その様な場合は細かな目標設定と同時に達成したら、これらのご褒美をもらえる事を組み合わせ、ゲーム感覚で実施してみることも方法の一つです。

 

4.任せ、任される

仕事は共同作業です。仕事にはチームがつきもの。相手をうまく活用することも重要な方法の一つです。自分じゃないとできないと思った時でも、もう一度、冷静に考えてみましょう。意外に人に任せることのできる要素はあるものです。

人に任せてみることを習慣化しておく事が重要です。但し、いつでも何でも任せるのは勿論、よくありません。任せるからには、相手からの依頼は率先して引き受ける気持ちも必要です。

また、任せたのだからと、進捗を確認しなかったり、フォローも何もしなかったり、ムチャな依頼の仕方をするのではなく、相手のことも考えながら、いつでもフォローできるようにして任せる事が大切です。

さらに、任せた仕事が完了した場合には、感謝の言葉も忘れないようにしましょう。人は感謝されると嬉しいものです。その配慮が重要です。

 

5.意味の認識

今やっている事が、自分にとってどういう意味があるのかを問いかけてみましょう。一見すると無駄かもしれない作業でも、将来に必要なステップであれば、その作業は非常に重要ということになります。今の時間レンジでものごとを考えないで、将来(意味のあることかどうか)のレンジで考えてみることも重要です。

 

6.未来の自分への投資という時間を作る

スキルアップ・キャリアアップに使う時間を設けましょう。未来の自分へ投資する。という時間です。投資は、計画的で成果が明確なものがよいでしょう。資格取得や終了証等がもらえる研修制度等に率先して参加してみましょう。

時間を有効に活用してその様な時間を作りだして、自分に投資するという自己優越の感情は人生を豊かにするスパイスです。

コメント