【STUDIOUS Focus】ステュディオスが日本から世界へ。STUDIOUSが提示する”TOKYOのリアルクローズ”とは

外見
スポンサーリンク

STUDIOUS Focus始動!

今回より、国内でも有名なセレクトショップ「STUDIOUS」に焦点をあてた企画が始まります!皆様に、数回にわたってSTUDIOUSの魅力あふれる最新アイテムをご紹介していくのでどうぞお楽しみに。

今回はSTUDIOUSはどんな立ち位置で何を目指しているのかということをご紹介します。ブランド選びの際はそのデザインや価格も重要ですが、そのアイテム1つの裏に込められた文脈を知っておくというのも大切なこと。ぜひブランド選びの参考にしてみてください!

スポンサーリンク

「日本発を世界へ」を掲げるSTUDIOUS

STUDIOUS ONLINE STORE
TOKYOブランドに徹底的にこだわる。常にその最先端を、発信し続ける。

さて、名前を知っているひとも多いであろうSTUDIOUS。実は”TOKYOブランド”に強いこだわりを持っており、国内のドメスティックブランド・アイテムのみを扱うセレクトショップなのです。多くのセレクトショップでは海外の良いモノを日本に輸入し、国内で展開するという流れが一般的ですが、STUDIOUSはそれとは全く違う「日本発を世界へ」を掲げて多くの人々に親しまれています。

STUDIOUSが扱うブランドは、例えばイッセイミヤケやジョンローレンスサリバン、アンリアレイジ、N.ハリウッドなど国内のも名だたるブランドがずらり。これまで日本ブランドというと細かい縫製技術などが世界から評価を受けてきましたが、現在はアイディアやデザイン性などのクリエーション面も高く評価されてきています。

その流れを作り出し、日本国内で確固たるポジションを築き上げてきたのが紛れも無いSTUDIOUSなのです。デザイナーもほとんどが日本人ということで、デザインはもとよりスティッチ1つとっても細部へのこだわりの強さは目を見張るものがあります。質の高いドメスティックブランド・アイテムをセレクトし、それを世界へ発信していくSTUDIOUSは、次世代のセレクトショップを作ろうとしています。

TOKYOのリアルクローズ

STUDIOUSが目指すアイテム作りのポイントは「TOKYOのリアルクローズ」です。パリコレを代表とし世界各所で行われるコレクションには、世界トップブランドたちのクリエーションが集合します。コレクションの画像などを見たことのある人もいるかもしれませんが、ファッション業界に関わりのない人たちからすると「あの服、いつ着るんだろう…」と疑問に感じることも多々ありますよね。世界のトレンドが生まれる場所としてコレクションは非常に大きな意義を持っているのですが、一般の消費者にとってはちょっと別次元の世界に思えてしまうもの。

STUDIOUSはその世界観とは反対に「ファッション性は高く、かつ日常でもよく馴染むもの」という考えで服作りをしています。ただ単にデイリーユースできるアイテムはたくさんありますが、その中でも独自のファッション性を日常でも着回せるギリギリのところまで尖らせたデザインが、STUDIOUSの大きな特徴だといえます。

東京で暮らす人にとってはもはやありふれた日常かも知れませんが、世界的に見ても東京は「非日常」があふれる街。世界でも注目されているTOKYOの”リアルクローズ”を目指すSTUDIOUSの挑戦は、アイテムにもしっかり反映されています。

夏に向けたSTUDIOUSの最新アイテム!

パッチワークと機能性に注目

まず最初にご紹介するのは、リビルドドレープTシャツです。特徴的なパッチワークを施しデザイン性を高めることはもちろん、材質もシルクに近い触り心地であるモダールを使用。綿と配合により高級感ある光沢となめらかな肌触りを実現しています。吸放湿性にも優れている生地なので、ちょっと涼しくなった秋口にも着ることができるのは嬉しいポイント。

配色も色合いの近い同系色を使用しているため、嫌味なくさらっと着こなすことが可能。高いファッション性とは裏腹に、誰でもどんな服とでも合わせやすい1枚になっています。

コーディネートのキモはパンツにあり

普段買い物をするときでも、パンツってついつい後回しにしがち。だからこそ、どんなトップスにもマッチする「これだ!」という1本を持っておきたいところ。そんな時におすすめなのが、こちらのスキニーデニム。細いシルエットのパンツが流行して久しいですが、そのトレンドはまだまだ続きそう。今夏流行しそうなビックTとの相性は抜群で、ストリート系コーデに振り切るもよし、ヌケ感をだして余裕のあるコーディネートを作るもよし。その中心にあるのは、いつもスキニーデニムなのです。

スキニーデニムだからといって、履き心地の悪さは心配不要。しっかりとストレッチの効く素材を使用しており、窮屈さを感じること無く履くことができます。

ホワイトデニムを青系やボーダーのトップスと合わせて夏らしく仕上げても最高ですし、鉄板ブラックデニムを1本ストックしておきどんなシーンでも着回せる万能性を楽しんでも最高ですね!

モードな風合い漂うサンダルはいかが?

上記2点はSTUDIOUSのオリジナルブランドだったのに対し、こちらはセレクトアイテムです。ORPHIC(オルフィック)というシューズブランドで、レザーシューズやスニーカーの質感や素材などを上手に掛けあわせたシューズが特徴。このサンダルもレザーシューズとサンダルのバランスの良いハイブリッドを実現しており、カジュアルに履きこなせる反面でどこかモードな風合いが漂う非常に珍しいデザインの一足となっています。

サンダルというとどうしても全体をカジュアルにしないと、全体バランスが悪くなるイメージがありますよね。しかし、このサンダルは足元でぎゅっと引き締めてくれるので、スキニーデニムでスタイリッシュに履きこなすのも良いですね。また、よりカジュアルなスラックスやワイドパンツと合わせてもおしゃれです。

TOKYOのリアルクローズを身にまとえ!

セレクトアイテムだけではなく、STUDIOUSオリジナルブランドも非常に魅力的なアイテムばかり。読んでくださっているみなさまには、TOKYOのリアルクローズを肌で実感していただきたいと思います。気になったらぜひ店頭でお試しください!

国内22店舗を展開しているSTUDIOUS。次回も、おすすめの最新アイテムをご紹介するのでどうぞお楽しみに!

外見
スポンサーリンク
スポンサーリンク
adminをフォローする
スポンサーリンク
wills【ウィルズ】

コメント