「プフ」や「スツール」で加える、一歩先のおしゃれエッセンス♡

家・インテリア・家具
スポンサーリンク

リビングにはソファが、寝室にはベッドが、メインとなるものです。しかしそれだけではなんだか物足りないというときは、どこでも使える便利なプフやスツールを投入してみて。意外なアクセントになりますよ。

コロンとしたフォルムがキュートなプフ

かぼちゃのようなころんとしたフォルムのプフ。もとはモロッコで日常的に使われている円系や立方体のクッションを指します。オットマンに近いものと考えてよいでしょう。

重厚感のある寝室には、エレガントなコバルトブルーのプフを置いてみます。存在感を一つで出せるよう少し大きめを意識し、ベッドサイドのアクセントに。

 

ガーリーな子供部屋には、柔らかい装いのプフ。淡い配色をサイズ違いで複数おいて。お友達が来ても安心ですね。

 

モダンなブリックスタイルのお部屋には、こうしたナチュラル素材のプフやスツールを並べてインテリアにすると涼しげ。アジアンテイストにも使えます。夏のコーディネートに。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

冬素材の編み込みが綺麗なプフ。コーヒーテーブルとスツールのテイストを合わせて、統一感を出します。優しいグレートーンが冬らしいインテリア。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

赤や緑のスツールは、シーズンを意識してか温かいインテリアに仕上がっていますね。コンクリートの重厚感に映えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コツ・ポイント

フローリングにさりげなく並べるだけで、おしゃれ感がぐっとあらわれるこうした便利なファブリック。いくつあっても、大きなチェアやテーブルほど邪魔にもなりませんので、シーズンを上手に表現したアイテムを選んでみましょう。

コメント