サイズだけじゃない!後悔しないソファ選び 5つのポイント

家・インテリア・家具
スポンサーリンク

ソファはサイズだけを重視して選んでいませんか?ソファを選ぶ際には、サイズやデザイン以外にも大切なポイントがあります。ソファは頻繁に買い替えるものではなく、長く使うのが一般的。後悔のないような選び方をしましょう。

1.1人分の座面の大きさは幅60cmが基本

ソファの座面の大きさは、1人分幅60cmが基本です。ソファの製品寸法には、肘掛部分も含まれています。何人で座るか考慮の上、部屋に置くことのできるサイズのものを選びましょう。

2.肘掛の形状で使い勝手が変わる

ソファに寝転がることが多い場合には、肘掛の低いタイプがおすすめです。

肘掛の高いタイプは、横向きに座って脚を伸ばして、本を読むなどして過ごすのにも使いやすいです。

3.張地は素材の特性を知って選ぼう

①レザー

本革のソファは、定期的にクリーナーで汚れを落とし、プロテクトクリームを塗るといった手入れが必要です。日常的にはこまめにホコリを吸い取りましょう。しかし、大切に扱うと経年変化による味わいができます。

②ソフトレザー

人工皮革は水拭きができますので、お手入れは簡単です。しかし、革張りソファのような風合いのよさという面では劣ります。引っ掻きキズに弱い、夏場に座っていると蒸れることがあるという欠点もあります。

③ファブリック

 

布のランクや織り方によって、カジュアルにもラグジュアリーな雰囲気にもなります。汚れはシミになりやすいので、小さなお子さんのいる家庭では、カバーリングタイプがおすすめです。アレルギーがある場合、布張りのソファはダニの温床にないやすいので、注意しましょう。

4.座り心地をチェックする

高級なソファの一部では、フカフカの座り心地となるように、ウレタンにフェザーが加えられていますが、一般的には柔らかいソファはへたりやすいです。座ったときに、適度な固さがあって座りやすいか、チェックしましょう。

5.搬入経路をチェックしておく

ソファのような大型家具の搬入では、階段や廊下の曲がり角などを通れないことがあります。住まいに搬入ができなくても、キャンセルはできないことがありますので、搬入可能かどうか事前にチェックしておきましょう。

 

コツ・ポイント

通販でソファを購入し、座り心地はチェックできない場合でも、張地はサンプルを取り寄せて、実際に目で見て確認しておきましょう。

 

コメント