効果抜群の視力回復トレーニング!たった3分で目がよくなる方法

体の悩み
スポンサーリンク

PCやスマホが主流になってからというもの、視力が低下している人が多くなっている現代。

メガネやコンタクトレンズがないと生活できない…というのも、面倒でいざいという時には不安なものです。

視力回復をするためのレーシックなどの手術もありますが、目を鍛えるトレーニングを習慣的に行ったり、目に良い食べ物を積極的に摂り入れることで、自然な形での視力回復が目指せることをご存じでしょうか?

今回は、自身で手軽に行える効果的に視力を回復させるためのトレーニング法や、目に良い食べ物などをご紹介させていただきます。

スポンサーリンク

そもそも、なぜ視力は低下するの?


視力低下の原因には、近くのものを長時間見続けることがあります。テレビゲームや、パソコン作業、スマホを見るなどを長時間に渡ってし続けることで、目に負担をかけ眼精疲労を引き起こすことが、視力低下の原因になります。

さらに、慢性的な疲れや体力低下などもです。また、過剰なストレスを受けることで目の筋肉を緊張状態にさせることも視力低下の原因の1つになります。

悪いクセが視力低下を助長する


漫画や本を読む時、テレビを見る時に肘をついていたり、寝転んでいたりすると、見ているものとの距離が生まれ、さらに片方の目ばかりを主に使うようになるので、左右の目の視力差が出てしまいます。

両目の視力に差が出ることで余計に視力低下が進行してしまうのです。何かを見る時には、片目ばかりを使わないよう、正しい姿勢に気をつけて見るようにしましょう。

まばたきをするだけ!視力が回復するトレーニング法!


正常に働いている目は常にまばたきをしていますが、テレビやPCに集中し始めると、まばたきをすること忘れてしまいがちになります。

まばたき=目の働きを正常にすること。まばたきが出来ているか?を何かを見ている時に確認し、もし足りないと感じる場合は意識的にまばたきをするようにしましょう。

まばたきは、目のゴミを涙と一緒に出すためのサポートをしたり、目を乾燥させない役割を持っています。さらに、瞳孔部分の筋肉の緊張を緩和する役割もあるので、まばたきを積極的に行うことで、目の健康を守ることができます。

眼精疲労は視力低下の元に。疲れ目が気になる時に温感法を実践!


眼精疲労は視力低下の引き金になります。疲れ目が特に気になる日には、目を温めることで素早く眼精疲労を取り除き、視力低下を予防することがでいます。

やり方は、蒸しタオルをまぶたの上に乗せた状態で5分ほど置きます。そして、タオルが冷えてきたら、もう一度温めなおし、再度まぶたの上に乗せます。この動作を目がすっきりし、周囲が明るく見えることを感じるまで繰り返し行いましょう。

もし、蒸しタオルが作れない環境にいる場合は、手の平をまぶたの上に乗せてもOKです。

視力表を見るだけで視力回復効果を得られるトレニーング法


視力表を準備するだけで、部屋の中で出来るトレーニングなので、時間が空いた時に手軽に行うことができます。

視力表を壁に貼り2.5m~5mくらい手前から見ます。見えづらいものを集中してじっと見つめることを繰り返すと、毛様体筋を刺激することができ水晶体の厚さを調節できるようになるため、自然に視力回復効果を得られます。

ブルーベリーは目は視力回復に役立つ食材!


ブルーベリーには、アントシアニンというポリフェノールの一種である抗酸化物質が豊富に含まれています。

目が光を感じると、網膜内ではロドプシンという物質が作られ、脳に刺激を与えますが、このロドプシンが分解や再生を繰り返すことで目が見える状態を維持しているのです。アントシアニンはロドプシンの再生を促す働きをしているため、ブルーベリーなどのアントシアニンを豊富に含む食材を積極的に食べることで、視力回復効果を得ることができるのです。

ブルベリー以外のアントシアニンを含む食材

ビルベリー、赤しそ、ぶどう、赤キャベツなどの紫色の色素を持つもの

他にもまだまだある!視力回復をバックアップする食材たち


ブルーベリー以外にも、視力回復をバックする食材はたくさんあります。下記の食材を毎日の食事に取り入れて積極的に摂りましょう。

アスタキサンチンを含む食材

アスタキサンチンという成分は、目の神経に直接働きかけて眼精疲労を一気に解決してくれます。

アスタキサンチンを豊富に含む食材:サケ、いくら、カニ、タイ、えび、キンキなど

ルテインを含む食材

ルテインは、水晶体や網膜の老化を防止する成分です。紫外線ダメージなどの抑制にも効果を発揮するだけでなく、白内障や飛蚊症などの目の病気の予防にも役立ちます。

ルテインを豊富に含む食材:ブロッコリー、ほうれん草など

亜鉛をを含む食材

亜鉛は網膜の構成には必要不可欠な成分です。

亜鉛を豊富に含む食材:牡蠣、ほたて、うなぎ、いわし、きなこなど

まとめ

視力が低下すると眼鏡やコンタクトがないと、スムーズに生活ができなくなります。

視力回復のためにレーシック手術などを受けるのも一つの手ですが、できるだけ自然な形で回復を目指したい場合は、視力回復トレーニングを習慣的に行ったり、視力回復をバックアップする成分を含む食材を積極的に摂ることで、効果を得ることができます。

ぜひ、上記の項目を参考にして、セルフケアで視力回復を目指し、眼鏡がコンタクトなしの快適生活を叶えてください!

体の悩み 健康
スポンサーリンク
スポンサーリンク
itooneをフォローする
スポンサーリンク
wills【ウィルズ】

コメント