オブジェのようなインテリア!シングルソファ中心のインテリア10選

家・インテリア・家具
スポンサーリンク


家の中でソファは無造作に置かれているだけではありませんか?お部屋の空間と合わせたり、小物との組み合わせによって、ソファが主役になる空間ができあがります。座り心地だけでなく、住み心地だって、ソファによって変えられる!そんなお手本となるインテリアを紹介します。


男性にも喜ばれそうなクールモダンなロッキングチェア。サイドテーブルに丸太を使っているのも印象的。シングルソファとして、ゆっくりと自分一人の時間が楽しめそう。


レトロなグリーンの色が、壁の白と額縁やランプの茶色とマッチしててスッキリとした印象。ミッドセンチュリーっぽいソファの足の位置も面白い!
キッチュなピンクのシングルソファに、水彩画のようなクッションや絵、壁飾りもボタニカル関連の組み合わせにすることでオシャレ感を出してます。猫脚のようなソファの足もカワイイ!


部屋全体がクラシカルな中で、今っぽさを感じさせるチェックの猫脚ソファ。渋めの葡萄色で古さを感じさせないオシャレ感を出してます。深くゆったり腰掛けられるデザインも素敵。


本好きにはたまらない。自分の好きな本を好きなだけ集めた中で、ぽつんと置かれた座り心地の良いソファ。床と本棚の色と同系色のブラウンでまとめているので、違和感なく存在しています。
家の中に図書館が出現したような空間。本棚がプリントされた壁紙とモダンな赤いソファを組み合わせることで面白空間が出現しました。モジャモジャの足置き台もソファとの相性バッチリ♪


インパクト大!の豹柄ソファ。周囲の色味を抑えることで、ケバケバせず、不思議と大人のオシャレ感倍増!飾られたハイドランジアの淡いブルーが目に優しいインテリアになっています。


カーテンとクッションカバーのテキスタイル、他も同系色で抑えることによって、ビビッドな色でもちゃんとまとまるから不思議。また、柄物の面積が多くても不思議と調和しているのが素敵!


レトロなフォルムのソファ。足置きにも出来るモロッコのプフやライト、ラグなどを白にすることでソファのブルーが際立っています。さらに、古臭さを感じさせない効果も。
スイートなピンクのソファ。ソファだけでも単純にカワイイのですが、ラグやカバーにもピンクが取り入れられているのに上品にまとまっているのは、床や椅子の足のダークカラー効果♪

コメント