仕事ができない人の5つの特徴と、信用される人材になる改善方法

ビジネス
スポンサーリンク

仕事ができない人の5つの特徴と、信用される人材になる改善方法仕事が「できる人」「できない人」は自己認識と他人認識で大きく変わってきますし、仕事をする環境やキャリアによっても変化するものです。

しかし、仕事ができない人の特徴は確実にあります。今回は仕事のできない人の特徴と、信用を取り戻す改善案についてご紹介します。

大切なのは、もし仕事ができない特徴に当てはまったとしても、今後その部分を認識して改善することです。

この記事を読んで、仕事ができる人、信用される人を目指しましょう。

ミスの位置づけ

Office life: business team during a meeting

仕事はチームで行うもので、いろんな「信用」で成り立っているといっても過言ではありません。

信用を得る人には結果的に多くの方から仕事が依頼されますので、さらに仕事ができるようになっていきます。

しかし、仕事ができない人には身の丈(自分のスキル)に合った仕事しか来ませんので必然的に「こなし」仕事になってしまいがちです。

では、信用を得るためにはどうしたらいいのでしょうか。

その重要なポイントは、ミスをどうとらえるかにあります。

ミスをした時に他責(自分以外の他の要因)ばかりをあげつらう方がいらっしゃいますが、自責(自分の要因)については何も話さずに、他責ばかり話していては、その分析が正しいとしても相手には「いいわけ」にしか聞こえません。

自分要因を正確に分析できない人は、同様の仕事を任せてもまた同じような他の要因で失敗してしまうかもしれない、という気持ちを相手に抱かせてしまうので、なかなか信用してもらえないのです。

 

意思疎通を気にしていない

仕事ができない人は、確認作業が苦手な傾向にあります。

仕事ができる人は提出物などでも、ある程度作成してみて主旨がズレていないか、微調整が必要かどうか、を中心に提出物を提出する人とコミュニケーションをとります。

仕事ができない人は、100%完成してからこの作業をおこなおうとします。その為、想いこみやニーズをつかみ損ねて修正が入る可能性が高くなります。

そしてまた確認作業を怠って・・・というふうに何回も修正を重ねてしまうかもしれません。

結果的に仕事(提出物の提出)は遅くなり時間がかかってしまって周囲からラベリングをされてしまうのです。

フレキシブルな軌道修正をするために確認作業に注意して仕事を行ってみると良いかもしれません。

 

吸収力の違い

仕事ができない人は、吸収力がネックになるケースがあります。これは頭の良い悪いではありません。むしろ、素直かどうかというところに大きなポイントがあります。

仕事ができない人は、人の意見をしっかり聞くことができません。

心の中にいろんなフィルターをもっていて、それを通過できたものみを聞いてしまうからです。フィルターは「プライド」「価値観」「こだわり」など様々ですが、仕事ができる人は、「言われた通りやってみよう!」とまず、チャレンジしてみます。

このチャレンジを重ねることで情報の取捨選択力を強化させ、経験へと進化させていくのです。

また、情報の取捨選択ができることは情報の整理力がついているということですから、いわゆる「思考の引き出し」を持つことに通じます。

思考の引き出しにはいろんなアドバイス(試したもの、試していないものにかかわらず)が入れられているので、瞬時にそれを出してきて対処することが可能になります。

仕事ができる人は「懐が深い」「引き出しが多い」と言われる所以です。

 

煮え切らない言葉を連発する

言葉は、その人の気持ちを雄弁に語ってしまう場合があります。その最たるものが「言い切り」です。

仕事ができない方は、仕事に対して苦手意識や責任を負いたくないためか、言葉に責任を持とうとしません。

「できたらやります。」「~のようです。」「なるべく~」「間違っているかもしれませんが」など言葉にあるインパクトを自ら封印して話してしまう傾向にあります。

一生懸命話していても相手にその事が伝わってしまいますので、信用されないことがあるのです。

 

高すぎる自己評価

仕事ができない人の中には、自己認識スキルの低い方が多いようです。自分自身を適正に評価できないのです。高すぎる自己評価は、逆に自分の向上心を奪ってしまいかねません。

小さな優越感で自分を勇気づけたり、安心感を手に入れようとしてしまうからです。仕事ができる人は、成長するプロセスの中に勇気や安心感を得ようとするのです。

評価にハマり過ぎるのも考えものですが、自分の仕事に対する市場価値を客観的に判断するために転職サイトなどに登録して、キャリアコンサルタントから意見をもらってみるのも方法の1つです。

この方法は、自分の職務の棚卸をしなければ良い評価はもらえませんので、自分を客観的に見て、相手に伝えることが重要になり、自己認識スキルのギャップ分析に最適です。

コメント