そこにいるだけで幸せを感じる「爽やかイケメン」の特徴

メンズファッション
スポンサーリンク

さりげない言葉使い、なにげない表情、怒っていても悲しんでいても、そこにいるだけで周囲の空気を一瞬にしてかえてしまう「爽やかイケメン」。

彼らには一定の法則と特徴がありました。その秘密のベールを今回の記事ではお伝えします。

スポンサーリンク

白さが決め手!抜群の清潔感


イケメンでもいろいろなタイプがいますが、“爽やかイケメン”に不可欠なもの。

それはなんと言っても“清潔感”です。しかもその清潔感には“白さ”が特徴です。その代表的なものを3つあげてみましょう。

1)白目が濁っていてはダメ!イケメンは充血などしない。

2)歯は真っ白!イケメンは天然のホワイトニングをもっている。

3)白が似合う!白いファッションは爽やかイケメンだけに許されている。

細身のシルエットと前髪が命!


ルックスの良さや顔立ちの良さは、もちろん大切な要素ですが、“爽やかイケメン男子”には、骨太でごつごつした印象が少ないのも特徴の一つです。

強靭な筋肉を持ってはいても、それが服の上からは絶対にわからない、ちらっと覗いたシャツの間から見える美しい筋肉の持ち主こそが、“爽やか”たるものの基本です。どんなに整った顔でも、肩幅広く、胸板が厚くてかっちりしたタイプは“ただのイケメン”です。

また、前髪の長さや額にかかるその量にも繊細なカットのテクニックが施されていて、風がなびいたり、雨にぬれたりしても美しく見えるように、さりげなく、けれども印象を裏切らない強さを感じさせます。

彼らのもつ肉体は限りなくシャープで繊細で、瞳をきらりと見せるための完成度の高い“前髪テクニック”が外見上の最大のポイントです。

頭がいい!だから嫌われない


爽やかイケメンは、相手の気持ちを察して柔軟に対応できる機転の良さを持っています。実は頭がいい人が多いのです。

ルックスが良いだけのイケメンとの違いはココにあります。人の気持ちをそらさない会話力、さりげない表情でなごませるような雰囲気を作れるのは、彼らがどうしたら相手に好印象を持ってもらえるか、とても自然体でいるように見えてそこには鋭い感受性を持っているからなのです。

絶対に相手に嫌われない要素は、相手の嫌なことを言ったりしたりしないことなのですが、それを本能的に理解し、実践できるカンの良さと計算力を持っています。

素直さ!これに勝る武器はない


イケメンでも失敗することもあれば、怒られる事もあります。そんな時、本当に素直に謝れるタイプは、叱った方も思わず許してしまいたくなるほど、きれいな心を見せられたような錯覚にも感じてしまいます。

また、プレゼントを受け取った時の嬉しそうな表情!「心からの喜び」を爽やかな笑顔で返してくれたら、イケメンだからこそ悲しい表情もこぼれるような笑顔も“素直さ”と直結して何倍にもその魅力を伝える武器となります。

つまり、喜怒哀楽を表現するとき、彼らは必ず素直に表すのです。めったに怒りをあらわさない彼らが怒った時こそ、“たまにみせる男らしさ”に見えてしまうのです。

そんな時、ドキドキ、おろおろしていても、ふっと優しい笑顔に戻り、やさしい微笑みを返して欲しいとやきもきしてしまうあなたは、完全に“爽やかイケメン”の虜です。

聞き上手!うなずくだけでいい


爽やかイケメンは、自分から前に出るようなことをしません。相手の問いかけに応えるようにしながら、少しずつ自分ワールドを出していくのが得意です。

1番は苦手なのです。普段は2番にいて、ここぞという瞬間を見事にさらって1番になります。しかし、また2番に下がって、相手の状況に耳を傾けます。

イケメンですから、ずっと注目される事に慣れている彼らは、無視されることはプライドが許しません。

しかし、そのプライドを見破られる事を最も恐れているのも“爽やかイケメン”なのかもしれません。さらりと交わしながら、さらりと前に出る、この絶妙の距離感の大切さを誰よりも肌で感じます。

恥をかかせない!スマートマナー


パーティーなど人の出会いのある場所で、主催者や招待してくれた相手、一緒にいる相手に対して、決して恥をかかせることのない対応ができるのも爽やかイケメンの特徴です。

ファッションも奇抜で目立つものではなく、さりげない装いができ、たとえブランドものでなくても、相手に失礼のないものを選ぶ事ができます。

また、誘ってくれた相手が女性なら、どんなに素敵で美しい女性が目に入ったとしても、決してその女性以外には興味のない雰囲気を演出します。

一緒にいて心が落ち着ける誰のまえに出しても恥ずかしくない相手、それが爽やかさをモットーにしている“イケメン”意外にありません。一見、目立たないようでいて実は行き届いたマナーを学習しているからこそ、引き算の対応ができるのです。

お金には無縁!生々しい現実は見せない


イケメンで成功している人は、どのくらいいるでしょうか?

モデルなどの職業や芸能界などの華やかな世界にいる人達は別にして、イケメン=お金持ちという図式はなかなか結びつきにくい印象があります。そもそも“モテる“事に直結するイケメンに、”お金“は似合わない雰囲気がないでしょうか?

彼らには投資も定期預金も、もしかしたらお財布さえ似合わないかもしれません。

また、「お金がないので貸してください。」などという事もありません。現実生活をにおわすようなものは彼らにはタブー。もし、彼らからお金儲けの話がでたら、そこで”爽やか“さが失われてしまいます。それはただのイケメンです。どこにも”汚れ“を感じさせない雰囲気こそが彼らの魅力なのです。

男に好かれる!クールな友情


意外にも、男性から好感を持たれるのも爽やかイケメンの彼らたち。異性がいない男同士の世界に、“モテる”ことも“目立つ”ことも必要ないのです。

それを良く知っている彼らは、素直さとマナーと聞き上手な姿勢を持つクールな同性として扱われます。

特に、目上からかわいがられたり、ごちそうされたり、スポーツに誘われたり、同性からみても自分自身が自然体でいることのできる雰囲気を作ってくれる彼らは、“かわいい後輩”“意外に骨のある男”として、男同士の友情を大切にしてくれます。

彼らも安心して本心を話せる同性の友情は大切な息抜きの場でもあります。

爽やかイケメンの弱点はコレ!


さて、イケメンの良い面ばかりをピックアップしてきましたが、では彼らに弱点はないのでしょうか?

もちろん、人間ですからどんな人にも苦手なものはありますが“爽やかイケメン”の弱点、トップ10をまとめてみました。

先頭に立って人をまとめたり、意見を述べる事は苦手。
体育会系のノリにはついていけない。
大きなバッグの中身は“イケメングッズ”、鏡なしではいられない。
好きか嫌いか、意思表示をはっきり出さない。
自分から動かない(待つのが得意)
いざという時、相手より自分を守ろうとする。
おばちゃんが苦手。
追いかけるのは嫌い。
普通の女子とは付き合いたくない。(自分をあげてくれる人が好き)
無視されたり、嫌われるのが怖い。

あなたのまわりにいる“爽やかイケメン”、比較してみましょう。上記の5つ以上を持ち合わせていたら、本物の爽やかイケメンです。

コメント