融資を受けるためには必須!?銀行と上手に付き合うための2つのポイントは?

金銭・お金・税金・財務
スポンサーリンク

1.銀行との上手に付き合うためのポイント

(1)銀行は利益を求める営利企業です

銀行は営利企業です。

銀行は、お金の借り入れをしてくれるだけではなく、滞りもなくてきちんと返済をしてくれる会社にお金を貸したいのです。

しかしそれができる企業は、大企業や、ぐんぐん業績を伸ばしている企業ぐらいでしょう。銀行は確実に返済してくれる企業は安全性が高いと判断します。そのため、優良企業に接触を取り、借入をしてもらおうとします。

逆に銀行が距離を置きたいと考えている企業は、中小企業や産業が衰退している企業と言えます。

銀行は利益より損が大きくなりそうな企業に近づきません。この事を踏まえると、銀行と上手に付き合う為には、企業を大きくさせる事が一番でしょう。そうすれば黙っていても、銀行側から近づいて来て、良い関係を維持しようとする筈です。

(2)銀行員はサラリーマンであるけど一人の人間

銀行で働いている銀行員も、一人の人間です。

相手に対して情が湧く事もあります。「助けを求められている。どうにかしてあげたい」という人間的な感情もありますので、一人の人間として、リスクが有っても、力を貸してくれる事もあります。しかし銀行員もノルマに追われ、毎日、必死に生きているので、どんな場合でも絶対に助けてくれるとは限りません。

それでも一人一人の銀行員と良い関係を構築する事が大切です。お互いビジネスライクであるなら、いざという時、助けてくれる保証はかなり低いでしょう。しかし人間として付き合っているなら、助けてくれる可能性は出て来ます。銀行員に少し冷たくされた、イメージが悪いからと言って、敵とみなさないようにしましょう。

つまり、どんなときでも親切、丁寧に対応することが大事です。

 2.銀行との上手な付き合い方・実践編

簡単に銀行を乗り換えると信頼性が無くなる

銀行員が大好物なのは「肩代わり」です。

他の銀行と取引をしている顧客が居たとします。その取引を、他行から全て奪ってしまう事です。「肩代わり」では、利益を得られるだけではなく、他行にダメージを与える事が出来ます。

その為、銀行員は他行から「うちに乗り換えませんか?」と乗り換えを求めて来る事もあります。「うちなら◯◯銀行さんよりも良い条件ですよ」など条件が良いなら、ついついその話に乗ってしまいそうですが、注意しなければなりません。

「肩代わり」が成功すれば、銀行員は喜ぶのと同時に、良い条件を出しただけで乗り換えた相手へ、不信感を抱く事もあるのです。「他の銀行がうちより良い条件を出したら、簡単に寝転ぶのだろう」そうなると「この取引先はすぐに裏切るかもしれない」と考えるかもしれません。

簡単にコロコロと銀行を乗り換えていたら「信頼出来ない顧客」として見られる可能性があります。銀行との付き合いも、ビジネスと同じように信頼を大切にしましょう。

情報開示をしぶってはダメ!

銀行が嫌がる行為は、顧客に嘘をつかれる事です。銀行はリスクを把握しておこうと考えます。そのリスクを知らなければ、問題が表沙汰になった時、対応しきれない可能性が高いからです。逆にリスクを素直に言った方が、事前に対応策を考えられます。

銀行に良い顧客と思われたいので、良い事ばかり伝えても、逆に「嘘くさい」と悪いイメージを持たれる事もあります。良い情報ばかりではなく、リスクもきちんと伝えておいた方が良いでしょう。同時に、リスクや問題についてどう考えているのか、どんな解決方法と対策を練っているのか伝えた方が、隠し事ばかりしているより信頼してくれる筈です。

 当座預金口座を作っておきましょう

小切手や手形の支払いで必要な口座が、当座預金口座です。普通預金は利息が付くのですが、当座預金にすると無利息となります。しかし全額預金保護対象となっているのがポイントです。当座預金での支払いは、小切手や手形。そのため、不渡りが出ないかどうか、慎重な審査が行われます。合格すれば、現金以外で決済が可能になるのです。

当座預金口座を持つと、銀行の審査を通っている企業として証明されます。社会的な信用力が増え、ビジネスチャンスを広げるきっかけになるので、積極的に作っておいた方が良いでしょう。

積立預金を利用する!

将来的に融資を受ける予定であれば、積立預金を利用しておくと融資を受けやすくなります。

融資が受けやすくなる理由は、計画的にお金を貯めていることで、計画性がある方だ!と認めてもらえますし、堅実な方だという評価をされます。

銀行は、しっかり計画を立てて将来設計を行い、堅実な方を好みますので、計画性と確実性をアピールするためにも、積立預金を利用しておきましょう。

コメント