おしゃれにパーティー♪おつまみにも前菜にも◎なピンチョスを飾るピック7選

食べ物・栄養
スポンサーリンク

お料理もお酒も全部用意して、ゆっくりまったりおうち飲み会。お友達を呼んだり人数が集まるなら、おつまみにピンチョスはいかがでしょう。一口サイズで食べやすく、色んな組み合わせ・種類が用意できます。普段の食卓の前菜としても、パーティーなどのオードブルのひとつとしても、彩り豊かになるピンチョスは大人も子どもも大好きになります。そんなピンチョスに欠かせないのが、一口にまとめてくれるピックや爪楊枝。おしゃれなデザインのものを選べば、より華やかなテーブルになりますね。今回はそんなピンチョスを楽しむのにもってこいのピックを、7つご紹介します。

ジュエリー

きらきらしたジュエリーのような飾りがついたピック。ピンチョスひとつひとつの存在を輝かせてくれます。

若葉

ピンチョスに刺すと、芽が出たように見えてしまう若葉形ポイントがついたピックです。お祝い事にも合いますね。

ドロップ

全体がクリアな素材で、先端についた円の玉がまるでドロップスのようです。カラフルで楽しい画になりますね。

フラッグ

爪楊枝の先にフラッグのついたピンチョスなら、思わず奪い合いになってしまうかも知れません。ひらひらとかわいいです。

シンプルに

シルバーのピックは、丸い輪の持ち手が施され洗礼されたデザインです。大人同士の懇談会にもいいですね。


海賊の持っていそうな剣を模したピンチョスは、一口ながらもグサリと刺して豪快に楽しめそうです。男の子のお子さんが喜ぶこと請け合い。

夜空みたいに

てっぺんにお星様やお月様の輝くピックを使えば、宇宙からの贈り物のようなピンチョスに。ロマンチックです。

コツ・ポイント

まとめ・一口ずつ楽しめるので、小食な人でも色んな種類を食べることができるピンチョス。お酒の入ったグラスを片手に、簡単につまめるのもピンチョスおつまみの魅力です。変哲ない爪楊枝などでも役割は十分に果たしてくれますが、華やかさをアップさせたいならばやはりピックにもこだわりましょう。プラスチック製のものなどであれば使いまわしがきき、地球環境にも優しいですね。

コメント