大きめソファで広々リビングをつくる置き方

家・インテリア・家具
スポンサーリンク

リビングにメインとして置くソファ。お気に入りのソファを選ぶときには、どんな形のソファにしようか悩んでしまうものです。システムソファは、家族のいるご家庭だけでなく、カップルがゆったりくつろげるアイテムとして人気、ゲストがきても安心ですね。

Neuhoff play
コの字に並ぶシステムソファは、団らんのひとときを贅沢に作ります。
クッションをふんだんに使ってスタイリッシュに。

ひとつひとつが大きめにできているので、広い空間使いが楽しめます。広々としたバックも存在感アップのポイント。クッションと同色のアームチェアもそばに置いて。

シックな大人の表情を持ったリビング。大勢のゲストが来ても安心の8人掛けソファなので、対応に困ることがありません。クッションで幅広いオシャレも楽しめます。

書斎に置く、小リビングスペース。一室にデスクやリビングを同居させているのに、この広さ。その秘密は、ラインをそろえたコーディネートと、生活空間を下方に置いた空間の使い方にあります。L字のシステムソファが、広さを強調。

浅いL字ソファは、洗練されたガラスのリビングテーブルと、黒の一人掛けソファのコーディネートでモダンに。シンプルなクッションをセレクトして大人っぽさを出して。夏には、クッションを明るくしてみるのもいいですね。

Dezeen halls ridge knoll guest house by bohlin cywinski jackson 11
大きめのコの字ソファは、余計な家具を置かないリビングに最適。ごちゃごちゃした喧噪を一切感じさせない、ガラス張りの中にたたずむシステムソファは、クッションも控えめに。色で楽しんで。

コツ・ポイント
大きめフォルムが美しいシステムソファは、L字であれ、コの字であれ、空間を広く魅せてくれます。クッションなどのファブリック使いで工夫ができますし、余分な家具のいらない、お部屋のメインになってくれるので、インテリアとしての主張もばっちりです。

コメント