テカテカを解消!脂性肌を改善してサラサラ肌を実現する7つの方法

美・美容
スポンサーリンク

皮脂分泌が多く、常にテカテカ、ベタベタが気になる脂性肌。

不衛生な印象を周囲に与えたり、せっかく頑張ったメイクがすぐに崩れたり、ニキビができやすいなどの悩みが多い肌タイプだと言えます。

今回は、テカテカ、ベタベタの脂性肌の原因である過剰な皮脂分泌を解消して、サラサラ肌を実現できる7つの手軽な改善法をご紹介させていただきます。

脂性肌を気にせず過ごせる1日を実現するおすすめの対策法

ベタベタやテカリが気にせずに1日を過ごすせる対策法をご紹介します。まずは、朝の洗顔でしっかりと皮脂を落とし、オイルフリーの化粧品で肌を落ち着かせます。

日中は、あぶら取り紙を使って浮き出た皮脂を取ることでサラサラ肌を維持できます。

中には、テッシュを使うという人もいますが、繊維が肌に残って余計刺激になることがあるので、あぶら取り紙を使うようにしましょう。

また、化粧崩れ防止にはファンデーションの上から余分な皮脂を吸着してくれる、ルーセントパウダーを重ねると崩れにくくなります。メイク直し時にもルーセントパウダーを使いましょう。

 

規則正しい生活で過剰な皮脂分泌をストップ

ストレスや睡眠不足が続くと、ホルモンバランスが崩れると同時に肌機能のバランスも乱れます。その影響から、皮脂分泌が過剰になりテカテカとした肌状態になります。

改善策としては、ストレスを溜め込まないように心からリラックスできる時間を作ることや、肌のゴールデンタイムと言われる夜10時~深夜2時の間に睡眠を取るようにするなどの工夫をしましょう。

このような規則正しい生活を送ることで、皮脂分泌も抑制されるだけでなく、素肌自体がバランスの良いイキイキとした状態になります。

 

皮脂分泌を抑える効果のある食材を食べる

スーパーなどで手軽に手に入る食材の中には、皮脂の分泌を抑える効果があるものがたくさんあります。下記の食材を積極的に取り、テカリの気にならないサラサラ肌を目指しましょう。

―皮脂分泌を抑える食材―

豚ヒレ、豚もも、ピーナッツ、うなぎ、鶏レバー、納豆、まいたけ、ブロッコリー、生しいたけ、ヨーグルト

新しい化粧品にお金をかける前に、これらの食材を積極的に摂って肌改善を目指してみてください。スキンケアの費用を抑えられるだけでなく、肌悩みも解決することができ一石二鳥です。

 

油分の少ないタイプのファンデーションを選ぶ

日中のテカリ肌を解決したいのであれば、油分の少ないタイプのファンデーションを選ぶことが大切です。クリームタイプやリキッドタイプは、油分をたっぷり含んでいるので注意しましょう。

おすすめなのは、パウダーファンデーションや、コンシーラーで気になる部分を隠した後にルーセントパウダーで仕上げるといった方法です。

また、合わせて気をつけたいのが化粧下地。これも油分をあまり含んでいないものを選ぶようにしましょう。

 

皮脂分泌を抑える美容成分を味方につける

皮脂分泌を抑えるにはビタミンC誘導体という美容成分が配合されたスキンケアアイテムがおすすめです。

ビタミンC誘導体とは、ビタミンCを肌に浸透しやすい形に変えたもの。この成分には皮脂を抑える作用や、毛穴の引き締め効果、ニキビ跡を薄くするなどの美白作用があります。

 

皮膚の温度を下げることで、テカリを防げる

皮脂分泌は肌温度によって変化します。夏になると分泌量が多くなり、冬になると少なくなります。この仕組みをうまく利用することで、皮脂分泌をコントロールできます。

朝洗顔後には冷たい水で再度すすいだり、冷やした化粧水を使ったり、アイスパックを肌に乗せたりし、肌温度を下げましょう。

肌を冷やすことで、毛穴もキュッと引き締まり、気になる肌の赤みも改善されます。

 

保湿不足が過剰な皮膚分泌を引き起こす

脂性肌の人ほど、ベタつきやテカリを気にして、油分は必要ないものだと思っている人がいますが、その過剰な皮脂分泌はもしかするとスキンケア時における保湿不足が原因しているのかもしれません。

肌の水分が不足すると、足りないセンサーが働きだし、肌バランスを整えようと皮脂をたくさん分泌してしまうのです。

ですので、化粧水を塗った後には、乳液やクリームなどで水分が蒸発しないように、しっかりと肌を保護しましょう。

コメント