ニキビ跡を一刻も早くキレイに消すための7つの魅惑のスキンケア

外見
スポンサーリンク

 

ニキビ跡がずっと残っていると、肌に自信が持てずメイクも厚塗りになりがちで、今流行りのナチュラルメイクを諦めないといけなくなります。

そんな気になるニキビ跡は、ニキビ跡のタイプにあった適切なケアをすることで、見違えるほどキレイになります。 ここでは、ニキビ跡を消し去って素肌美人を目指せる、とっておきの方法をご紹介させていただきます。

スポンサーリンク

あなたのニキビ跡はどのタイプ?


ニキビ跡と呼ばれているものには大きく分けて3つのタイプがあります。まずは、自分のニキビ跡タイプを知ることで、適切な対処法が見えてきます。

赤みが残っているタイプ

ニキビが炎症を起こして赤みが出た後にニキビがほぼ治っていても、いつまでも赤みだけが残ってしまうもので、その気になる赤みは何年も残ります。

シミが残っているタイプ

炎症性色素沈着によるもので、何年かかけて消える場合もあれば、そのまま残ってしまうこともあります。日焼けをすると余計に消えにくくなるので、紫外線対策を万全に行うようにしましょう。

クレーターが残っているタイプ

このタイプはホームケアでの改善はとても難しいので、美容皮膚科などでケアすることをおすすめします。

赤みが残っているタイプのケア法

赤みが残っているタイプのニキビ跡には、ビタミンC誘導体の化粧水を使うと効果的です。ビタミンC誘導体には皮脂を抑える効果や、ニキビ予防だけでなく、ニキビ跡の赤みを薄くする作用があります。

ある程度の時間はかかりますが、継続してビタミンC誘導体入りの化粧水を使用することで、自然にニキビ跡が目立たない状態になっていきます。

シミが残っているタイプのケア法


シミが残っているタイプのニキビ跡には、美白化粧品を使うことで改善することができます。ビタミンC誘導体や、アルブチン、コウジ酸、プラセンタエキス、リノール酸などの美白成分を配合したものがおすすめです。

全ての基礎化粧品をこれらの成分を含んだものに買い替えるのは大変なので、まずは美白成分が配合されている美容液を通常のスキンケアにプラスすることから始めると良いでしょう。

クレーターが残っているタイプのケア法


クレーターが残っているタイプは、ホームケアで行うお手入れでの改善は難しくなります。 美容皮膚科などに相談し、ピーリングやレチノイン酸の塗り薬、レーザーを使った治療を受けることをおすすめします。

費用はある程度かかりますが、驚くほど肌が均一で美しくなります。

ニキビ跡ケアはプロに任せると効果倍増!


全てのタイプのニキビ跡の改善に高い効果があるのが、美容皮膚科などで受けられるダイヤモンドピーリングです。 ダイヤモンドピーリングは、先端にダイヤモンドの細かい粒子がついている細い筒状の機械を用いて、皮膚の凸凹を滑らかに削る治療です。

まずは全体的に古い角質を取り去り、その後にニキビ跡の凸凹や毛穴の開きが目立つ部分に対して処置を行っていきます。 削るというと痛い、怖いというイメージがありますが、傷にならないところまでの削り方なので、施術は痛みがなく垢すりをされているような感覚です。

ニキビ跡の凸凹が目立たなくなるだけでなく、古い角質も取れるので肌のくすみがなくなり、キメの整った均一で滑らかなな肌になります。

新たにできてしまった時の豆知識。上手につぶせば跡になりにくい!


ニキビをつぶしてしまうと跡になりやすいと良く聞きますが、初期段階で芯だけを上手に押し出せば、跡にならずかえって早く治ることも。 その際に注意したいのがつぶし方です。

お風呂上りで肌が柔らかく清潔な状態の時に行います。薬局などで売られているニキビを取る専用の器具や、綿棒2本を使ってやさしく押し出しましょう。

もし、うまく出ないようなら、無理に強く押すのはやめます。ただし、赤く腫れているようなニキビには、行わないでください。

ニキビ予防&ニキビ跡ケアにおすすめの栄養素


ニキビ予防のために摂りたい栄養素は皮脂の分泌を抑える効果のあるビタミンB1とB2です。さらに、ビタミンEは血流の循環を改善することで、角化異常の発生やニキビ跡の色素沈着を防ぐのに大変役立ちます。

ぜひ、下記の食材を毎日の食事でたっぷりと摂って、ニキビの気にならない肌をキープしてください。

ビタミンB1を豊富に含む食材

豚ヒレ、豚モモ、ピーナッツ、うなぎ、たらこ、玄米など

ビタミンB2を豊富に含む食材

鶏レバー、うなぎ、納豆、まいたけ、ブロッコリー、生しいたけ、ヨーグルトなど

ビタミンEを豊富に含む食材

アーモンド、ツナ、たらこ、かぼちゃ、赤パプリカ、アボカド、ほうれん草など

まとめ

ニキビ跡をキレイに消すことができれば、素肌に自信が持てるようになり、外出やおしゃれも今よりももっと楽しくなります。

まずは自分のニキビ跡タイプを知り、それに合った適切なケアをする、毎日の食事でもニキビを寄せ付けない栄養をしっかりと摂ることが大切なポイントとなります。

また、1日でも早く改善したい人には、美容皮膚科などでプロの手を借りるという方法もあります。ぜひ、上記の項目を参考にして、ニキビ跡をなくしてツルツルの美肌を目指してください。

外見 美・美容
スポンサーリンク
スポンサーリンク
itooneをフォローする
スポンサーリンク
wills【ウィルズ】

コメント