おしゃれを台無しにする『胸ニキビ』を徹底的に消し去る5つの治し方

美・美容
スポンサーリンク

大きく胸元が開いたワンピースやチュニックなどを着ると、目立ちがちな胸のニキビ。

胸元にニキビがあると、せっかくのお気に入りの洋服でもおしゃれに自信がなくなりがちですよね。

そんな気になる胸ニキビを作らない、そして改善するための治し方を今回はご紹介させていただきます。

ナイロン素材のタオルやブラシで体をこすらない

胸や背中は、体の中でも顔の次に皮脂線がたくさんある部位です。そのため皮脂の分泌が多く、ニキビができやすいのです。

予防のためには、皮脂や汗をしっかりと落とし清潔にすることが大切です。

胸のニキビに悩んでいる人にありがちなのが、お風呂に入るたびにナイロン素材のタオルでゴシゴシとこすること。この方法では治るどころか、悪化する一方になります。

できてしまったニキビを擦っても、良くなることはもちろんありません。これを続けているとシミになる可能性すらあるのです。

体を洗う時は、ナイロン素材のタオルやボディブラスは使わずに、綿素材のタオルを使うのがベストです。さらに、こすりすぎず、やさしく洗うように心がけましょう。

 

胸のニキビの改善と予防にはシンプルな固形石鹸を使う

胸のニキビの改善と予防を目指すためにおすすめな洗浄剤は固形石鹸です。綿素材のタオルに固形石鹸を良く泡立ててやさしく体を洗うことで、自然に胸のニキビがキレイに治っていきます。

最近では当たり前のように使われるようになったボディソープですが、界面活性剤が多く含まれているため、肌に刺激を与えます。

さらに、ボディソープの多くは洗い上がりにしっとりとした感触を残すために、たくさんの油分が配合されています。この油分が肌に残って油膜をはり、ニキビの原因を作り出すのです。

また、体を洗った後のシャンプーやリンスがの成分が胸元に残り、それらが肌の刺激やニキビを作り出す元になるアクネ菌のエサになってしまうこともあります。

ですので、先に髪を洗ってから、体を洗うようにすることが、胸ニキビを寄せ付けない対策法と言えます。

 

通気性が良く、肌にやさしい綿素材のインナーを選ぶ

胸ニキビは、汗と衣類の刺激で悪化する傾向にあります。夏は朝と晩にシャワーを浴びて、汗をかいたらこまめにふき取るようにしましょう。

これを心がけるだけでも、ニキビが緩和されていきます。また、衣類にも気を配ることが大切です。

特に胸元や背中に直接触れる衣類は、綿素材のように吸湿性が良く、肌触りの良いものがベストです。チクチクする素材を着ただけでも刺激が強くなり、ニキビの悪化やニキビの数が増えてしまうこともあります。

 

胸元のニキビ改善に効果のある漢方薬

顔のニキビと同様にボディのニキビを根本的に治すには、漢方薬の飲み薬がおすすめです。ただし、同じニキビとはいえ、顔とボディでは症状が異なるので、処方も違ってきます。

例えば、背中や胸全体にあせものように小さいニキビが散らばっているタイプには、柴胡清肝湯(さいこせいかんとう)というものが効果的です。

これはニキビの炎症を鎮めたり、免疫を高めたりして、ニキビのできにくい肌質へと改善することができます。

また、化膿したり痛みを伴ったりするようなニキビがある場合は、十味敗毒湯(じゅうみはいどくとう)がおすすめです。これは特にアレルギー体質の人や、虫さされの跡がなかなか消えないような肌質の人に会います。

 

気をつけていてもニキビができてしまった時には?

手や指には、見えないだけで多くの雑菌がついています。ですので、できているニキビを気になるからといって手で触るのは悪化させてしまう原因になります。

胸ニキビの改善には、皮膚科を受診して塗り薬や飲み薬をもらうのが一番早く改善できる方法ですが、時間がなく市販の塗り薬を使うときは、ステロイドが入っているかどうかをきちんとチェックするようにしましょう。

ステロイド入りの薬をつけると、短期間で驚くほど改善しますが、塗る続けるのは皮膚のために良くありません。

ステロイド入りの塗り薬を使う場合は、炎症が治まるまでの1~2日だけにして、炎症が治まったらすぐに使用を止めましょう。

飲み薬は、ニキビが出来てから飲むのであれば抗生物質が一番効果があります。市販のものではビタミンB群やビタミンC、ビタミンEが含まれているものだと、ニキビの治りを早くすることができます。

ニキビができても、早い段階で炎症を抑えれば、跡が残ることはないので、つぶしてしまって炎症を悪化せたりしないように注意しましょう。

まとめ

おしゃれを台無しにしてしまう胸ニキビは、シンプルな固形石鹸を使い肌を清潔に保つこと、肌をゴシゴシとこすらないことで、自然に改善することができます。

そして、毎日着るインナーも通気性の良い綿素材のものを選ぶことで、日中でもニキビの悪化予防ができます。

どうしても自己ケアでは改善しないという人には、漢方薬による体質改善や、塗り薬や飲み薬を利用することで、胸ニキビの改善が目指せます。

ぜひ、上記の項目を参考にツルんとした肌の魅力的な胸元を叶えてください。

コメント