モデル体型の計算式は?ウエストやお尻を理想のサイズに近づけよう

体型
スポンサーリンク

肥満度を測る指数として有名なBMIですが、標準値と言われても実感として「ぽっちゃりでは?」と感じてしまうこともあるようです。

更なる高みを目指した「モデル体型」とはどの程度の数値を指すのでしょうか。

少しずつ理想に近づけるための、身体のパーツ別エクササイズもご紹介します。

BMIとモデル体型の関係とは

BMIとは

BMI(ビーエムアイ)とは「ボディ・マス・インデックス」の略称であり、体格を現す指数として広く世の中に知られています。子供の頃に学校で身体計測を行った際などにBMIの算出方法を習った方も多いのではないでしょうか。

その計算式は「体重(kg)÷身長(m)の2乗」です。

例えば身長が160cmの方であれば、体重が45kgなら「45÷(1.6×1.6)」なのでBMIは17.58です。体重が50kgだとBMIは19.53、体重が55kgでBMIは21.48ということになります。

BMIは下記サイトで簡単に調べれます。

BMIと適正体重
体重と身長の関係から、肥満度を示す体格指数(BMI)と適正体重を計算します。

このBMI数値が18.5未満だと低体重、いわゆるやせ型であるとされています。

18.5以上25未満が標準体型、25以上は肥満であると日本肥満学会が定めています。肥満はさらに、肥満1から肥満4に区分されています。

体格を判定する指標は、私たちはBMIくらいしか馴染みがないような気がしますがいかがでしょうか。

そんな昔からあるBMIですが、実際に算出して親や先生に「標準だから大丈夫だよ、ダイエットなんて必要ないよ。」と慰められた方も多いかもしれません。

ですが、自分の「体感」として、BMIでの標準体型だと相対的に「ぽっちゃりさん」に該当するような気がして、気休めにならないと感じる方は、特に若い世代に多いようです。

先ほどの160cmの方なら、BMI標準体型の上限である「25」は体重64kgを表します。

健康的な範疇ではあるはずですが、少なくともこのBMIが標準圏内だからといって、それを材料に安心出来るという風潮ではなくなっているようです。

またBMIについては体脂肪率や骨量などが加味されないので、実態に即していないという説もあるようです。

いわゆる「モデル体型」とは

背が高くスラッとしていておしゃれな女性は「モデル体型」として街でも目を引きそうです。

具体的なモデル体型の定義というのはなく漠然としているようですが、モデルという職業柄「どんな洋服でも着こなせる」というのがモデル体型と呼ばれるには必要のようです。

体重はもちろんですが、身長もある程度あることが「モデル体型」と呼ばれる所以でもあるようです。

単に体重が軽いというだけではなく、全身のトータルバランスが優れていることも大切なのではないでしょうか。

 
ダイエットには成功したけど体にメリハリがない、私が目指すところはもっと高いところなのよ、という上昇志向の高いあなた。
モデルたちはどんな努力であの体型を手に入れているのか興味ありませんか?今回は、モデル体型になるための秘訣をまとめてみました。

モデル体型を目指すための目標が欲しい方におすすめの記事です

過度なダイエットや絶食は、私たちの身体に必要な栄養が足りなくなり、例え痩せたとしても肌つやや健康的な美しさからは遠く離れたものとなってしまいます。

それでも、特に女性にとってはいつまでも美しく、新しい洋服を着こなしたり沢山の人と出会ったりという活動が、自分に自信をもたらし、内面の輝きに通じるとも言えるでしょう。

体重だけが目標になってしまうと、先ほどもお話しした通り、筋肉量や必要な栄養という要素を度外視して単に食料を摂らないという方向に走ってしまいがちです。

今回は、各部位のいわゆる「モデル体型」と呼ばれる目安の数値をご紹介します。

そして、それぞれのパーツをどのようにエクササイズすればその目標に近づけるのかについても情報を集めてみました。

若くて十分に痩せていて可愛い子に「ダイエットしている」なんて言われると、つい心配になって眉をしかめてしまうのは、実は著者も同じです。

ですが、必要な筋肉をつけてしなやかに引き締まった身体を目指そうというのなら、応援してあげたくもなります。細いながらも芯の通った、メリハリボディを目指してくださいね。

モデル体型になりたい!その計算式は?

そもそもモデルさん自体もその体型も身長もバラバラなので、「これがモデル体型!」というモデルケース的なものは見当たりませんでした。

ですが、イメージとしてはマネキンのような「どんな洋服を着こなせる」体型であるためには華奢で背が高く、でもメリハリもちゃんとある、それが女子が憧れる「モデル体型」となるようです。

そうなると、体重も気になるところですが、見た目のサイズバランスも大切になってくるようです。

身長に対する理想サイズ

バスト 身長×0.52
ウエスト 身長×0.38
ヒップ 身長×0.53
二の腕 身長×0.15
太もも 身長×0.3
ふくらはぎ 身長×0.2
です。
上記サイズがある程度スタイルがよく見える数値です。モデルさんなどでしたら、ウエストや太ももなどさらにマイナス5㎝くらいです。

このデータの根拠は不明ですが、実際に、概ねこの数値を理想として努力されている方もとても多いようでした。

著者も実際にこの計算式に当てはめてみたのですが、今まで「まぁ、BMIでは標準なんだし…」と身も心もゆるみがちだったところに喝が入った気持ちでした。

このように具体的な目標があった方が、むしろ、体重の増減に一喜一憂してご飯を抜いたりという無理なダイエッターが減るのかもしれません。

特に10代、20代の方は「やせている」ことを求める傾向にあるのではないでしょうか。

体重を基準にするよりも、これらの数値を目標に気になる部分のトレーニングを強化すると、より健康的にスタイルアップが目指せるのではないでしょうか。

モデル体型の計算は、男性も女性も同じ?

 

女性と男性は身体のつくりや筋肉量も異なるので、厳密に計算しようとするとその計算式は別のものとするのがベターでしょう。

ですが、トータルバランスとしては、今回ご紹介する計算式が参考になるかと思います。ある程度のところまで進めば、それぞれの理想に向けてカスタマイズされてはいかがでしょうか。

目指せモデル体型!部位別のサイズダウン対策は

 

それでは早速、身体のパーツごとの理想値とエクササイズ方法について確認していきましょう。

全てを一度に頑張ろうとしても、続かない可能性が高いです。

まずは自分が一番気になるところから始めて少しでも成果が得られたら、次のステップへの自信にも繋がるのではないでしょうか?

ウエストの計算式は「身長×0.38」

ウエストのモデル体型の目安は、身長×0.38です。

身長別に見てみると以下の通りとなります。

ウエストがキュッと引き締まることで体型にメリハリが生まれます。

まずは目に見える効果が欲しいという方はウエストを重点的に行うことで、スカートやパンツにゆとりが出たり、横からのシルエットに自信がついたりと嬉しいことが増えるのではないでしょうか。

150cm ー 57cm
155cm ー 58.9cm
160cm ー 60.8cm
165cm ー 62.7cm
170cm ー 64.6cm

ウエストサイズを効率的にダウンさせるには

ウエストは皮下脂肪が溜まりやすいパーツではありますが、その分頑張れば効果が出やすいとも言えるでしょう。

腹筋が効果的なのは今更ご紹介するまでもありませんが、苦しいので3日坊主になってしまいがちですよね。

そこで、比較的簡単で継続しやすい方法をいくつかご紹介します。

簡単な分、劇的な効果は期待出来ないかもしれませんので、生活の中に取り入れて習慣化するように心がけてみてくださいね。

【お風呂で腹筋&腰ひねり】

これは、著者が実際に以前続けていた方法です。

改めて腹筋をするのは疲れるし面倒…。

ですが、湯船に入って身体が浮力で軽くなっている状態を利用して行うことでとても簡単に行うことが出来ます。

まず、体育座り(三角座り)で湯船に入り、両手はまっすぐ降ろしてバスタブの底に手のひらをつけて身体を固定します。

そして両膝を身体の左右にリズミカルに引き寄せる。これを繰り返すだけです。

【おへその下に常に意識を向ける】

簡単だけれどちょっと大変、でも効果は間違いなくある方法です。

話す時も歩く時も、常に下腹(おへその下あたり)にキュッと少しだけ力を入れて過ごしてみてください。

お腹に意識が行くので引き締め効果もありますが、姿勢が良くなるというメリットも。

女優の江角マキコさんはいつもこのようにして過ごしているそうですよ。

皆さんは夏に向けてダイエットしていますか

江角流お腹を引き締める方法は、
とにかく
「普段から常にお腹を凹ませ続ける」
です

私はこの方法一筋です

ラインが綺麗なウエストに憧れてますよね。ちょっと油断しただけであっという間に、脂肪がみっちりと付いてしまうお腹周り。

今こそ簡単で楽しくウエストダイエットしませんか?厳しい運動は続きませんが、これなら簡単!お手頃で簡単な方法をご紹介します。

太ももの計算式は「身長×0.3」

太もものモデル体型の目安は、身長×0.3です。身長別に見てみると以下の通りとなります。太ももはなかなかスリム化が難しいパーツのひとつではないでしょうか。著者も悩んでいるひとりですが、少しでもこの数値に近づけるよう頑張ってみたいと思います。

150cm ー 45cm
155cm ー 46.5cm
160cm ー 48cm
165cm ー 49.5cm
170cm ー 51cm

ストレッチやスクワットで引き締まった太ももに

テレビでもインターネットでもストレッチの方法はたくさん紹介されていますが、どれが効くのかは続けてみなければ分からないですよね。

そうなると、数あるエクササイズの中でも「自分の生活に取り入れやすい」方法を選んでみてはいかがでしょうか。

とはいえ、キッチンに立ちながら、テレビを観ながらという「ながらエクササイズ」は数多くありますが、自分自身がそのことに集中していればストレッチどころではないかもしれません。

まずは一通り自分でやってみて「この動作、嫌いじゃないな」「意外とイタ気持ちいいな」と思えるものをいかにして続けるかを考えてみてはいかがでしょうか。

以下のリンクでも太もも痩せの方法がたくさん紹介されています。全部を実行する必要はありません。自分に合ったものを少しでも長く続けてみてくださいね。

脚やせしたい、そう思うことありませんか?ストレスなどから甘いもの、油っこいものを食べがちになると、すぐにむくみが生じます。

ダイエット器具、エクササイズ、栄養、筋トレ、マッサージ、簡単ストレッチなどにもふれながら、脚やせについてご紹介します。

太ももは痩せれないのでしょうか?いいえ、太ももダイエットをすることで、太ももは痩せてきます。

ただ、太ももだけを痩せることは出来ないので、運動、ストレッチ、マッサージ、グッズなどを組み合わせ、脚全体をシェイプアップさせていくことが必要です。

セルライトを落とすことで見た目に変化が

太ももの裏側でお尻の下あたり、お肌が「ポコポコ」としていたらそれはセルライトかもしれません。

太もも痩せやきれいな脚にセルライトは大敵ですが、なかなか取れないのも女性たちの悩みの種です。

リンパマッサージなどで少しずつほぐしていくのが得策のようです。器具などのあるようなので利用してみてはいかがでしょうか。

必至にダイエットしてもなかなか痩せられないのがお腹周りと太もも。特に太ももにはセルライトが付きやすいところです。

しかし、毎日コツコツと続ける事でその悩みが解決できるかもしれません。正しい知識と方法で頑固なセルライトを撃破しましょう!

ヒップの計算式は「身長×0.53」

ヒップのモデル体型の目安は、身長×0.53です。身長別に見てみると以下の通りとなります。

ヒップの大きさは時として女性らしさという大きな魅力となります。ウエストを絞ることでメリハリをつけることも一つの手ではないでしょうか。

150cm ー 79.5cm
155cm ー 82.15cm
160cm ー 84.8cm
165cm ー 87.45cm
170cm ー 90.1cm

お尻で歩く!?で脂肪を直接やっつけよう

ヒップアップの方法も巷には溢れていますが、お尻歩きが最も、直接お尻にアプローチしていると言えるかもしれません。

お尻歩きとはまさに、床に足を伸ばして座ったらお尻の筋肉を使って前進することです。

とても長い距離は進めないかもしれません。ですが続けていくことでお尻にも、そして腰痛にも効果あり!?という話もあるようです。

まずは一度やってみて、手ごたえを確かめてみてはいかがでしょうか。

綺麗な体形を目指す人にとって、お尻のお肉は悩みの種ですよね。

バストの計算式は「身長×0.52」

バストのモデル体型の目安は、身長×0.52です。身長別に見てみると以下の通りとなります。他のパーツと違ってバストについては理想に向けて「アップ」したいという声もありそうです。また、大きさが気になって「スッキリ」見せたいというお悩みの方もいらっしゃるかもしれません。

150cm ー 78cm
155cm ー 80.6cm
160cm ー 83.2cm
165cm ー 85.8cm
170cm ー 88.4cm

バストマッサージで目指せサイズアップ!

入浴中やお風呂上りなど血行が良くなっている時に行うマッサージが効果ありとも言われています。クリームなどをつけてすべりを良くした方が肌への負担も少なくて済みそうです。

胸が小さいとお悩みの方はいませんか?実は簡単なマッサージでバストアップができるんです。手軽にできる上に、家でこっそりすることができるので誰にもばれずに安心ですね。気になる方はぜひ一度試してみてください。

サイズに合ったブラジャーを

何年も胸のサイズを測り直さずに、ずっと同じサイズのブラジャーを付けていないでしょうか。

体重の増減でアンダーも変われば年齢と共にサイズも変わっているかもしれません。

合わないブラジャーを付けていることは、サイズアップにも、また、胸回りをスッキリ見せたい大きめの方にもデメリットとなってしまいます。

まとめ

モデルさんは確かに素敵ですが、体型だけではなく、姿勢や立ち居振舞いなどその凛とした姿がそのプロポーションを引き立てているのもその一因かもしれません。

何事も行き過ぎは良くないのではないでしょうか。

自分自身のトータルバランスを整える時に、これらのエクササイズを参考にして、心も身体もキラキラと輝いてくださいね。

コメント