記憶力の限界に挑戦しよう!「効率よく暗記できる脳」をつくるコツ

勉強・言語・学問
スポンサーリンク

来年に向けてすでに受験勉強を開始しているという人も多いのではないかと思います。

社会人の資格試験もそうなのですが、とくに中高生の受験で大きなウェイトを占めているのが「暗記」です。昔も今も、この「暗記」は多くの学生さんを苦しめ続けています。

そこで今回は、とっておきの「暗記のコツ」について紹介していきたいと思います。ぜひ今の早い段階でコツを掴み、脳のつくりを変えて今年一年の学習に役立ててみてください。

体を動かす


記憶力の限界に挑戦しよう!「効率よく暗記できる脳」をつくるコツ
物事を学習する脳は、筋肉と「神経」を通じて強いつながりを持っています。筋肉を刺激することは、神経を通じて脳を刺激することでもあるのです。

また体を動かすことは血流を活発化させ、脳へ供給される酸素の量を増やします。

そのため、物事を学習する際には、運動などで身体を動かしながら行うことでより効率を上げることができます。その際は、決して激しい運動をする必要はなく、体の一部を動かしたり、その辺を歩きまわったりする程度でいいです。

有名な二宮金次郎の像のように歩きながら本を読むというのは、暗記効率の面から見て非常に理に適っているといえるでしょう。このような運動を組み合わせた学習法を「シンクロマッスル学習」と言います。

声に出して読む


記憶力の限界に挑戦しよう!「効率よく暗記できる脳」をつくるコツ
通常、机に向かうような形での学習は主に「視覚」を用いて行われます。

しかし、ある程度そうした学習を続けていくと、「視覚を使って学習する」という状態が「当たり前」になり、マンネリを引き起こし、暗記などの効率性を落としていきます。これを防ぐために効果的なのが「音読」を使った暗記法です。

音読は視覚情報を聴覚として処理し直すという行為であり、これが視覚処理への順化が進んだ脳には新鮮な刺激となります。また「話すという行為」は脳に複雑な処理を要求するため、さらに脳を活性化する効果をもたらします。

時間を置いて繰り返す


記憶力の限界に挑戦しよう!「効率よく暗記できる脳」をつくるコツ
あなたは、「エビングハウスの忘却曲線」というものをご存知でしょうか。

これは、心理学者であるヘルマン・エビングハウスが発表したもので、人間が新しく学習した短期記憶のうち時間とともに忘れていく割合を曲線のグラフとして表したものです。

一般的に人間の脳は新しく学習した情報のうち、24時間後には50%を忘れてしまうということが言われています。

一方で、人間ははるか昔の記憶を何十年間にもわたって記憶し続けることも可能です。これは、繰り返し記憶を思い出すことによって「短期記憶」が「長期記憶」に変換された結果であります。

暗記をする際はこうした「忘却」と「変換」という脳のシステムを前提とすることが欠かせません。つまり一度忘却しかかったところで同じ情報をもう一度記憶させ、それを何度か繰り返すことで「長期記憶」として定着させるのです。

具体的なやり方としては、一定の間隔を置いて同じ内容を学習しなおし、回数を重ねるごとにその間隔を伸ばしていきます。

例えば

・1回目の学習の2日後に2回目の学習

・2回目の学習の4日後に3回目の学習

・3回目の学習の1週間後に4回目の学習

という具合にです。このように繰り返しメンテナンスをすることで、記憶をチューニングしていきます。

イメージする


記憶力の限界に挑戦しよう!「効率よく暗記できる脳」をつくるコツ
暗記の鉄則は「繰り返し反復する」ことですが、その時にただ単に文字を追うだけでは、ほとんど記憶を定着させることにはなりません。

書かれた文字を単に鵜呑みにするのではなく、物語などに組み込んで覚えていくとよいでしょう。

具体例として分かりやすいのが歴史で、ただ単に年号と物事の名前を覚えるのではなく、人物にまつわるエピソードや、ある特定のエピソードに関連する別のエピソードを併せて一つのストーリーを作り上げます。

英単語の場合はその単語や熟語がどんな状況で使われるのかをイメージします。

よく眠る


記憶力の限界に挑戦しよう!「効率よく暗記できる脳」をつくるコツ
「一夜漬け」や「徹夜」で暗記を行うという人は少なくありませんが、これは暗記の効率化という点からすると絶対にやってはならないことです。

先ほど「短期記憶と長期記憶」の話をしましたが、この「短期記憶から長期記憶への変換」は睡眠時に行われます。しっかりと夜眠ることによって起きている間に身につけた短期記憶を整理し、長期記憶として保存することが出来るのです。

同じジャンルの本を複数冊読む


記憶力の限界に挑戦しよう!「効率よく暗記できる脳」をつくるコツ
人は新しいことを覚える際に、既に知っていることと関連付けようとするという習性があります。これを利用して、暗記の際には、同じようなジャンルの本を複数冊読んでみるというのは非常に効果的です。

一冊目の本でよく理解できなかった記述内容が、数冊目の本ではよりわかりやすく書かれており、一つ何かを理解することによって色々なことに辻褄が合っていくという、パズルを完成させるような快感を味わうことができるでしょう。

まとめ

いかがでしたか?これらの方法を、勉強を初めて間もない、なるべく早い段階で習得し、「効率よく暗記できる脳と生活リズム」を作り上げていきましょう。

コメント