メガネが似合わないではなく、似合わせるモノ|選び方のコツ~似合う髪形まで

外見
スポンサーリンク

メガネが似合わないと諦めている方に朗報です。誰にでも似合うメガネはあります!今回はメガネが似合わない理由とメガネ選びのコツ、初心者にも挑戦しやすいメガネや、合わせやすい髪型もご紹介します。さあ、メガネライフを楽しみましょう。

なぜメガネが似合わないのか?

メガネが似合わないから、出かける時はコンタクトレンズを使って、家にいる時だけメガネをかける。そんな使い分けをしている人が多くいます。しかし時には目の不調など、やむを得ない理由で、仕方なくメガネで出かけなければならないことも…。

無防備な姿を世間に晒しているようで、憂鬱になる…そんな気分を吹き飛ばし、メガネ姿に自信を持つために、今回はメガネが似合わない理由と、似合うメガネの選び方に迫ります。

メガネが似合うのはイケメンだけではありません。メガネほど一瞬にしてガラリと印象を変えてくれる、素晴らしいアイテムはありません。自分のなりたいイメージに近づくお助けアイテムとして、メガネを活用しましょう。

顔の輪郭に合ったフレームを選んでいないから似合わない

メガネ選びで一番大切なのは、顔の輪郭とメガネのフレームが合っているかどうか。そもそも自分の顔型がどれに当てはまるのか? 思い込みではなく、客観的に知る必要があります。積極的に店員さんのアドバイスを聞きましょう。

似合うフレームタイプが分かったら、サイズの確認も忘れずに。顔に対して大きさが合っていないと、アンバランスで似合わなくなります。

フレームの縦幅は、眉からあごまでの3分の1を目安に。

テンプル部分がきつかったり、食いこんだりしていると頭痛の原因にもなるのでご注意下さい。
黒目の位置はレンズの中央、または少し内側に入るのがベストです。
眉のライン(ブローライン)とメガネのリムラインが似た形を描くものがナチュラルになじみます。

この顔型にはこのフレームが合うという一般的な定義に当てはまっていても、黒目の位置によっては似合わないことがあります。これも店員さんに両目の間隔を測ってもらうことで解決します。

メガネをかける位置が間違っているから似合わない

メガネによってベストポジションは違います。かける位置が間違っていると、それだけでダサく見えてしまうもの。ありがちなのが、少し下がりめのかけ方。基本的には、レンズの中心に目がくる位置が正しいとされています。店員さんに位置の確認・修正をしてもらいましょう。

中には鼻が合っていないため、ずり落ちてくるケースもあります。大抵のメガネは鼻の部分を調整し、かけ具合を変えることができます。ほっぺにフレーム跡が残ったり、まつげが当たったりする場合も、鼻当ての調整で解決します。

似合うメガネが見つかる【フィッティング心得 五ヶ条】

一、似合わないと決めつけない

本当は「メガネが似合わない」のではなく「似合うメガネに出逢っていない」だけなのです。普段とは違う自分に目が慣れず、違和感があるだけということも。試着したらすぐに外さず、時間をかけて選びましょう。

二、よく身につけるアイテムを持参する

帽子やジャケットなど、普段使いのアイテムとメガネの相性を見ましょう。買ったメガネが、手持ちのアイテムに合わなかったという失敗がなくなります。

三、最低5本はかけてみる

数をこなす内に、自分に似合うメガネ、好きなメガネが分かってきます。店員さんに似合っているポイントや、それぞれのメガネの特徴を聞いてみましょう。

四、メガネ姿を写真に撮ってみる

鏡は左右反対になるので、写真で実際の見え方を確認しましょう。鏡だとメガネだけに意識が向きがちですが、写真だと客観的にメガネ姿を見ることができます。顔だけでなく、全身のバランスも確認できれば理想的です。

五、無難なメガネを選ばない

「まし」なメガネではなく、「好き」なメガネを選んでください。無難なメガネを選ぶよりも、愛着を持ってずっと大切にすることができます。

初心者でも手を出しやすい【おすすめメガネ】

メガネには様々な形があるので、最初は誰でもどれを選んだらいいのか迷うものです。そこで初心者でもかけやすい、おすすめメガネをピックアップしました。

オーバル|楕円形のメガネ

やさしい印象のメガネ。クセがなく誰にでも似合うので最も人気があります。最初の1本に最適。強面の男性が、やわらかな印象をプラスしたい時にもおすすめです。

スクエア|四角いメガネ

シャープで知的な印象のメガネ。ベーシックなので流行に左右されず、幅広い年齢層に人気があります。キリッと引き締まって見えるので、丸顔や童顔の人、ビジネスシーンにもおすすめです。

リムレス|縁のないメガネ

自然な印象のメガネ。メガネと顔の境界線が目立たず、素顔に近いのでかける人を選びません。あまり印象を変えたくない人や、視界にフレームが入るのが気になる人にもおすすめです。

メガネが似合う【おすすめの髪型】

男らしいツーブロックヘア

サイドを刈り込んだスタイル。清潔感がある上に雰囲気もあるのでメガネとの相性も抜群。耳周りがスッキリしているので、メガネの存在感をアピールできます。

爽やかなナチュラルショートヘア

細かい自然な束感が特徴。やわらかい雰囲気にメガネで知性をプラスすれば、向かう所敵なしのモテスタイルの完成です。ビジネスでも好感を持たれること請け合い。

雰囲気のあるミディアムヘア

前髪やサイドが長めなスタイル。前髪を上げたりサイドを耳にかけたりアレンジしやすい。フェイスラインにかかる髪とメガネで小顔効果に期待できます。

お洒落なロングヘア

ワイルド、セクシー、モード系など様々な印象になるスタイル。メガネをかければ更に変幻自在になること間違いなしです。雰囲気のある個性派におすすめ。

【まとめ】自分に似合うメガネ探しから始めてみてください

いまやメガネは視力矯正器具としてだけでなく、お洒落アイテムとしてアクセサリー感覚で身につけるものになりました。繰り返しになりますが、下記のポイントを参考に自分に似合うメガネを探して、ぜひ取り入れてみてください。

メガネが似合わないと思うのは、似合うメガネに出逢っていないだけ。似合わないのは、顔の輪郭とフレームやサイズ感が合っていない、もしくはかける位置が間違っているから。メガネに苦手意識がある人は、最初はPCメガネやサングラスなど、短時間の着用から慣らしていくのがおすすめです。

コメント