見せる収納の実例集のまとめ

家・インテリア・家具
スポンサーリンク

収納場所って、意外と少なかったりしますよね。使う頻度の高いものだと、出し入れが面倒で、奥にしまったきりどこへ行ったっけ?という困った経験をお持ちの方もよくいらっしゃるのではないでしょうか?そんな悩みも見せる収納なら、全て解決します。


壁一面にどーんと置かれた棚。でも全てを収納してしまうとごちゃごちゃ見えてしまうので、ひとつの棚に少しずつ収納したり、雑貨をひとつだけ置いたりと、メリハリをつけて、おしゃれに見せる収納を。

ソファの横にある本棚は、まるで図書館のような雰囲気に。本に洋書カバーなどをつければ、ちゃんとしたインテリアの一部になります。思い立ったときにさっと取り出せるので使い勝手もいいですね。

お部屋はモノトーンでとてもシンプルだけど、棚は思い切りカラフルに。これならごちゃごちゃして見えなくて、是非真似したいアイディアです。

チェストの上にアクセサリーグッズなどを置いて、ドレッサーに。ネックレスなどは
壁にかければ、取り出しやすくて、また、雑貨やさんのようにも見えて一石二鳥。

壁一面にたくさんの本がつまった本棚を。まるでだまし絵のようにも見える、上級者むけの、見せる収納術ですね。

ガラス瓶に細々したものは閉まって見せる収納にしちゃいましょう。一気に可愛い雰囲気になります。おそろいのガラス瓶で統一して、すっきりと見せるのがポイント。
ディスプレイとしても、しっかりと役目を果たしてくれる収納術です。

コツ・ポイント

見せる収納は、自分のアイディア次第で自由にできますので、みなさんもチャレンジしてみてください。

コメント