ただ明るいだけじゃない!住む人のセンスも光る玄関のランプ活用術4選

家・インテリア・家具
スポンサーリンク

日が暮れて、家に帰ってきたときに、玄関の明かりを見てほっとしたことは誰しも経験したことがあるはず。玄関の明かりは、ただその場を明るくするだけでなく、気持ちにも明かりを灯します。ちょっと工夫するだけで誰にでもできる、心やすまるランプを活用してみませんか?

1.白熱灯を使う

家に帰る人々を優しく照らすのは、白熱灯が一番。光の広がり方がより広い電球を使ったほうが、玄関の照明としても向いています。オレンジ系の暖かな色みはもちろん、玄関全体を包み込むような柔らかい照らし方は白熱灯の得意技。ランプインテリア初心者でも簡単にチャレンジできます。

2.玄関の雰囲気に合わせる

せっかくこだわりのランプを飾っても、玄関の雰囲気と合っていなければ台無し。木目が特徴的なアンティークな玄関であれば、凝ったディテールで素材の重みを活かしたランプを、洗練されたシンプルさが持ち味のモダンな玄関であれば、シンプルなデザインのランプの方がしっくりと馴染みます。

3.変わったモチーフのランプを使ってみる

凝ったカッティングデザインのものや、モザイクが散りばめられたランプなど、ちょっと個性的なランプを使ってみるのも上級者のテク。照らしだす光や色味が、ランプのデザインによって変化するのも、インテリアの楽しみのひとつです。見慣れた玄関もランプひとつでがらっと雰囲気が変わります。家族や友だちを驚かせてはいかが?

 

 

 

 

 

4.階段にひとつずつ置いてみる

もし玄関までに階段があれば、一段ずつランプを置いてみるのも良いです。玄関のおしゃれだけでなく、足元が照らされてより安全になります。同じ形のランプを置いて統一感を出しても良いですし、背の高さが違うランプを並べて、個性的な玄関にするのも面白いです。ランプは上からだけでなく、下からも玄関を明るく照らし出します。

 

 

コメント