思わず欲しくなる傘立て! センスの感じられる傘立ていろいろ6選

家・インテリア・家具
スポンサーリンク

玄関先に必ず必要になってくるのが、傘立てです。いろんな形がでていますので、玄関スペースに合わせて使ってみたいものです。傘は大きい靴箱の中におさめられるのが一番なのですが、まだ濡れている時が困りもの。乾かしながら、おしゃれに一時置きできる傘立てのいろいろをご紹介します。

水はけの良いのが一番です

水が乾きやすく、傘立ての中にたまりにくい構造が一番良いのですが、これはまた用途のわかりやすいデザインですね! とってもかわいらしくて、シンプルでもあります。実用的で、ユニークな傘立てですね。
ユニークだと雨の日が楽しい
これもまた用途がわかりやすいデザインです。雨の日が楽しくなりそうですね。また、傘そのものも鮮やかな色だと、雨の日が楽しくなるし、顔色も明るく見えるので、おすすめです。

安定感があるのがいい


傘立て自体があまりに軽いと、傘が倒れてしまいます。高さがなくても、しっかりした重さであれば傘を支える事ができます。このブロックもカラフルで、嬉しくなりますね。

折り畳み傘も大丈夫


折り畳み傘も収納できるタイプは嬉しいですよね。このタイプは、長い傘だけでなく、折り畳み傘も、複数コンパクトに収納できるというすぐれものですね!

シンプルな形

とってもシンプルで、それに傘がきちんと支えられるデザインです。なんでもないようで、よくできていて感心してしまいます。

傘だけではありません

傘だけでなく、杖や、野球バッド、テニスやバトミントンのラケット、いろんなものがついつい入れられていくのが、傘立ての運命でもあります。日本の玄関は高さがある程度ありますが、十分座る高さでないなら、玄関には、このようにスツールがあると、ブーツを履く時なども便利です。

帽子もコートもなにもかも

オフィスなどは、帽子やコートや傘立てが玄関にあると便利ですね。しかし一般の家庭でも、特に帽子やコートをかけられる場所は、玄関の近くにあると重宝します。傘立ても一緒にするか、別にするか、それは玄関脇のスペースにゆだねられるでしょう。
この記事に関連するおすすめ記事
一人暮らしのワンルーム・おしゃれな部屋になるコツとは?

コツ・ポイント

いかがでしたか? 楽しい傘立てがたくさん登場しておもしろかったですね。なるべくすっきりさせておきたい玄関先ですが、せっかくのお気に入りの傘、たおれないように、スマートに置いておける場所が見つかりますように。

コメント