事業資金調達のポイントは?

金銭・お金・税金・財務
スポンサーリンク

 

事業資金調達のポイントは、3点考えられます。

1.実績のある専門家へ相談をする

2.公的金融機関からの融資を受ける

3.出来るだけ多くの資金を自分で貯金をしておく

会社を立ち上げる、開業する際に、経営者を悩ませるのは、お金の問題です。

今まで、何百万円、何千万円という高額の資金調達を行ったことがないという方がほとんどだと思います。

どうしたらいいのか、どこに申請したら良いのかなど、まったくわからず、不安を感じられる方も多いかと思いますので、下記にて、事業資金調達のポイントを詳しくご紹介します。

 

事業資金調達の3つのポイント


 

事業承継のポイントは、下記の通りになります。

  1. 実績のある専門家へ相談をする
  2. 公的金融機関からの融資を受ける
  3. 出来るだけ多くの資金を自分で貯金をしておく

 

 

1.実績のある専門家へ相談する

国家資格をもっている専門家であれば、いろいろな知識があり間違いないだろうと思う方もいらっしゃるかと思います。しかし、資格をもっているからといって必ずしも資金調達に詳しいというわけではありません。

大切なことは実績があるかどうかです。

一概には言えませんが、税理士や行政書士であれば、その分野に詳しい人が多いので、まずは資金調達を専門としている人を探すことをおすすめします。

 

 

2.公的金融機関からの融資を受ける

公的金融機関からの融資以外にも、資金調達の方法はいろいろとあるかとは思います。

親戚や、知り合い、投資家などから借り入れをするという方法もそのひとつですが、それでは限界があります。そこで融資をしてくれる機関、会社等を探すわけですが、利用するには、信用性のある公的金融機関からの借り入れをおススメします。

 

公的金融機関からの融資を利用する場合、基本的には下記の2か所があります。

  • 日本政策金融公庫からの融資
  • 全国信用保証協会連合会からの融資

この2か所が、最も融資をおこなってくれる可能性の高い公的金融機関です。

 

この他の多くの金融機関は、融資をおこなうための条件を定めています。

例えば、「以前に融資の取引をおこなった実績があること」
「起業後特に問題なく3年以上の年数が経過していること」
などです。

つまり、会社を立ち上げる開業の際には、この条件にはほとんどあてはまらない場合が多いのです。

 

 

3.出来るだけ多くの資金を自分で貯金をしておく

上記でお話しをした比較的融資をしてもらいやすい公的金融機関にも、最低限の条件はあります。最も見られる部分として、「自己資金がどの程度あるか」があげられます。

自己資金として用意しておくと安心出来る金額の目安は、開業に必要な資金の約半額と言われています。

半額分の資金がなければ融資をしてもらえないというわけではありませんが、そのくらいの金額があると、公的金融機関の融資審査が通る可能性が高くなります。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。資金調達をおこなううえで、大切なポイントは下記の3つです。

  1. 実績のある専門家へ相談をする
  2. 公的金融機関からの融資を受ける
  3. 出来るだけ多くの資金を自分で貯金をしておく

まずは、資金調達のプロともいえる、実績を多く持った専門家へ相談をしましょう。

 

実績のある専門家であれば、的確なアドバイス、サポートをおこなってもらえるでしょう。コンサルティング料金として多少のお金がかかる場合もありますが、開業まで安心して行えるだけの資金調達がしっかり出来ると考えれば、問題ないのではないでしょうか。

そして、ご自身で貯めておいた自己資金と、日本政策金融公庫と全国信用保証協会連合会から融資をしたもらったお金をあわせてスムーズにご自身の会社を立ち上げてください。

 

コメント