モデルも実践!下半身痩せを即効で成功させる6つの方法

美・美容
スポンサーリンク

下半身太りは日本人女性に多い悩みの一つです。

また、そろそろ夏が近づいてきます。夏になると海に行って水着をきたり、普段でも短いパンツをはいて足を出す機会が増えたり。

下半身にコンプレックスを感じている人にとっては苦しいシーズンの到来です。

外国人のように長く細い脚に憧れて、何度も下半身痩せを目指してダイエットを頑張ってみるものの効果をあまり得られない。。。

そんなあなたに、今度こそ下半身痩せを成功させる方法をご紹介させていただきます。これでスラリとした下半身を手に入れて、夏は生足を自慢しちゃいましょう。

そもそも、下半身太りの原因とは?

下半身が太ってしまうと、ミニスカートや丈の短いパンツなどのおしゃれを楽しめなくなってしまいます。

なぜ、下半身は太くなるのかをご存じですか?

女性特有の体質に脂肪を蓄えるレセプターという機能があり、このレセプターは、体の中の特に下半身に集中していることが太い下半身を作り出してしまう原因です。

また、セルライトも原因の1つでもあります。

セルライトとは、太ももやお尻などに余分な水分や排出しきれなかった老廃物が停滞してしまった皮下組織を言います。

皮下脂肪はレセプター機能が多く、下半身に蓄積しやすいためセルライトも同時に多くなります。

 

セルライトを作らない対策

セルライトを作り出す原因は、食事バランスの乱れがあります。

砂糖をたっぷりと含んだお菓子や、スナック菓子、過剰なアルコール摂取などがセルライトを作り出す要因になります。また、タバコやカフェイン、運動不足、便秘なども同様です。

できるだけバランスの良い食事を心がけ、海草やフルーツなどの不要な水分を排泄する働きをするカリウムを多く含んだ食材を摂ることで、セルライトができにくくなります。

合わせて、悪い姿勢や脚を組んで座る癖も、足のリンパを圧迫し、代謝機能が低下してしまうので、注意しましょう。

 

下半身痩せに効果のある食べ物たち

下半身痩せを目指す際には、食事に含まれている塩分を気をつけることが大切です。

塩分に含まれているナトリウムは、体内の水分を滞らせる作用があります。常に下半身の代謝をスムーズにするためにはカリウムを多く含む食べ物を摂取することです。

 

【カリウムを豊富に含む食材:干し柿、アボカド、ひじき、バナナ、ホウレンソウ、枝豆、じゃがいも、さつまいも、ブロッコリー、キウイ、メロン、納豆、春菊など】

 

また、痩せやすい状態にするにはビタミンとミネラルも必要になります。

ビタミンやミネラルが不足すると、代謝を促進させる酵素の働きが鈍くなり、血流やリンパの流れを滞らせ脂肪やセルライトを作り出してしまうからです。

 

【ビタミンを豊富に含む食材:赤・黄パプリカ、菜の花、ブロッコリー、カリフラワー、ゴーヤ、ピーマン、さやえんどう、キャベツなど】

【ミネラルを豊富に含む食材:きのこ類、海草など】

 

さらに、体全体の代謝アップ作用のあるたんぱく質を毎日摂ること、そしてスナック菓子や甘いお菓子、ファストフードなどの加工食品はできる限り控えるようにしましょう。

 

スッキリとスマートな太もも&ふくらはぎを実現するエクササイズ

ここでは、効果を実感できる太もも&ふくらはぎのエクササイズをご紹介します。

 

●横になりながらできる足上げストレッチ

①まず横向きに寝て、上側の手で床を押さえながら、上側の足をゆっくと上げます。

②その状態を約5秒キープした後、ゆっくりと下へと戻します。この動作を左右各10回行います。

③今度は、下側の足をゆっくりと上げます。

④その状態を約5秒キープした後、ゆっくりと下へと戻します。この動作を左右各10回行います。

 

●股割りエクササイズ

①まず、しこを踏む要領で、股を開いて腰を落とします。

②その状態から、片方のひざを床に近づけていき、一番近づいたところで5秒間キープし、ゆっくりと戻します。左右10回ずつ行いましょう。

 

●壁と椅子を使ったストレッチ

①まず、椅子を壁の近くにおいて、壁に向い合せるように椅子に腰かけます。そして、両足を伸ばし、足の裏をかかとまでしっかりと壁面につけます。

②そして、軽く反動をつけながら、前屈の要領で体を前に傾け、ふくらはぎと太ももの裏側の筋肉を伸ばします。この動作を20回行いましょう。

 

セルライトを取り去って細く美しい足を作るリンパマッサージ

一度ついたらなかなか取り去ることが難しいセルライトですが、リンパマッサージを行うことで、すっきりと落とすことができます。

 

●太もものサイズダウンを実現

①手のひらを使い、両手を交互に動かして、ひざ上から太もものつけ根まで、太もも全体をさすります。左右各20回行いましょう。

②太ももを両手でやさしく握り、太ももの内側全体を握るように押します。左右ともに各1回行いましょう。

③両手で太ももを握り、タオルを絞るようににじって、もみほぐしていきます。

左右ともに各1回行いましょう。

 

●足全体を一気に引き締める

①親指が足の内側にあたるように、足首を両手でつかみ交互に動かして、ひざまで押していきます。足の外側も同様に各1回行いましょう。

②足首を握るように持ち、太もものつけ根まで両手の親指で交互にさすり上げます。反対側も同様に各1回行いましょう。

③手のひらをややへこませた形にして、足首から太もものつけ根まで足全体を両手で交互に動かしてリズミカルに叩いていきます。反対側も同様に各30回ずつ行いましょう。

 

体温をアップさせると痩せ体質に

体の健康を維持するためには免疫機能とホルモン機能が正常に働くことが重要になります。

この2つの機能は体温と密接な関係があり、健康な人の平熱は36.5~37.0℃で、体温が1℃下がると免疫力は3割低下、逆に体温が1℃上がると免疫力は5~6割もアップします。

ホルモン機能は加齢によって低下しますが、低体温が続くと血行が悪くなるため、ホルモン分泌も低下します。

このように体温が下がると体機能がスムーズに働かなくなります。

血行不良を起こすことで酸素や栄養が体の隅々まで行きわらなくなり、代謝機能が低下し、太りやすく痩せにくい体を作り出してしまします。

下半身痩せ成功のため、体温を上げる工夫をすることをおすすめします。

コメント