嫉妬しない方法!恋人との距離感を上手に保つ6つの恋愛術

恋愛
スポンサーリンク

嫉妬しない方法を知っていれば、こんなにやきもきしなくてもいいのに・・と思うことがあると思います。

恋人のことが大切だからこそ嫉妬をしてしまうということは多いはずですが、あまり嫉妬をしすぎることにより、鬱陶しいというように思われ、関係が悪くなってしまうこともあります。

だから上手な距離感で、自分も恋人も無理をしない関係でありたいものです。そこで今回は「嫉妬しない方法」をご紹介したいと思います。ヤキモチを上手に克服しましょう。

1.自分は愛されていると信じましょう

自分が恋人から愛されていないというように感じることにより、嫉妬をすることになってしまう場合もあります。言葉で言わなくてもちゃんと気持ちがあるということもありますので、相手のことを信じてあげましょう。

そして自分は愛されているというように思い、今後もその思いを大切にしていきましょう。

自分からも出来ればそういった言葉を伝えた方が、より相手に伝わりやすいです。照れるということはあるかもしれませんが、言わなければ分からないということがありますので、 伝える努力も必要です。

 

2.嫌がられない程度の嫉妬なら大丈夫

相手から嫌がられるくらい嫉妬してしまうということでしたら、関係が悪くなることもあると思います。

でも相手から見て「自分のことを好きでいてくれているからこそ嫉妬してくれているんだ」と嬉しい気持ちになれるような嫉妬の仕方なら、問題ないかもしれません。

逆にそのように思ってくれていることに対して、もう相手に嫉妬させないように気を付けようというように思うかもしれません。そのような上手な嫉妬の表現というものが出来ればそれも理想的でしょう。

 

3.恋人としてのプライドを持ちましょう

恋人は自分なんだからというように思うことにより、恋人の周りの異性に対して、強い気持ちになることが出来ます。それを恋人や周りの人の前であまり出すと、逆に嫌がられるかもしれませんので、出すのは控えるようにしましょう。

でも、堂々としていていいのです。嫉妬をせずに自分は相手にとって一番の存在なんだということを、自分の心に刻むようにしましょう。そうすることにより、今後は相手に異性が近づくようなことがあっても、恋人としてのプライドをしっかりと持っておくことが出来るはずです。

 

4.恋愛以外のことにも興味を持ちましょう

恋愛が全てというようになってしまうと、相手との関係が全てというようなことになってしまいます。そうすることにより相手のちょっとした言動が気になり、一喜一憂してしまうのです。

そして嫉妬もしやすくなるでしょう。恋愛は確かに大切なものですが、他のことにも興味を持つことが必要です。そうすることで心に余裕が出来るからです。心に余裕を持つことにより、些細なことでは嫉妬しないというようなことが出来るようになるはずです。

相手も、あなたの姿を見て余裕を持ってくれているというように、ホッとするはずです。恋人から嫉妬されるとしても加減知らずのような嫉妬の場合は、疲れてしまいます。お互いに疲れてしまうということにならないようにしましょう。

 

5.友人に相談をするようにしましょう

出来れば異性の友人に相談をするといいかもしれません。こういう場面で嫉妬をされたらどう思うかというようなことを聞いてみるといいでしょう。

もちろん人によって性格や考え方は違いますが、異性だからこそ分からないということ、分かりにくいことというものはありますので、出来れば異性の友人を持つことが必要です。 そしてその友人がどう思うかということを聞いてみましょう。自分としてはこれくらい大丈夫だろうと思っていたことでも、異性によってはそれが耐えられないというようなこともあるのです。

そのようにならないように、異性の意見を聞くようにしてみましょう。

 

6.嫉妬は恋をしている証拠と割り切りましょう

嫉妬をするからには恋人のことが好きなんだというように思えば、そうかこれは仕方のない感情なんだというように思えてくるでしょう。そして嫉妬をしてしまってもそれはそれでいいじゃないというように思えるかもしれません。

無理に嫉妬をしないようにしようしようと思うと、逆に苦しくなってしまうものです。嫉妬は嫉妬で意味があるんだからいいじゃないというように割り切ることにより、自然に嫉妬をしなくなるということもあるのです。

嫉妬しない方法としては、嫉妬というものを大袈裟に考えないことです。そういった感情をスルー出来るような割り切りがあることにより、とても楽になることでしょう。

コメント