融資、投資、出資の違いはなんですか?

金銭・お金・税金・財務
スポンサーリンク

 

 

 

資金を集める方法として「融資」と「投資」、「出資」の3つがあります。それぞれには特性があり、最適な方法を選ばなければ会社の運営がうまくいったとしても思ったような経営ができなくなる可能性があります。

それぞれの特徴として、以下にまとめられます。

融資 ⇒ お金を必要とする人に貸し付けること。
投資 ⇒ 将来的に資本を増加させるために、現在の資本を投じること。
出資 ⇒ 事業の成功を期待してお金を提供すること。

このようなことから、「投資」と「融資」には大きな違いがありますが、「投資」と「出資」にはさほど大きな違いがあるわけではありません。

例えば、個人が自動車や家を購入する際に借り入れをすることは「融資」となり、ベンチャー企業が事業拡大のために資金調達をするなら「投資」が多く、「出資」も事業拡大をとリターンを求めて行いますので「投資」と同じことになります。

これらの資金提供をする側なら提供先の先見性が大切になりますが、資金提供を受ける側ならしっかりとした事業計画を立てることが大切です。

 

融資

資金を必要としている人に資金を貸し付けることで、おおまかにいえば借金と同じことを意味します。

メリット

融資のメリットは以下の2点があげられます。

  • 経営の自由度を保ったまま資金調達ができる
  • 多額の資金調達が可能

 

デメリット

  • 元本に利息がついてしまい元本よりも多く返済しなければならない
 

投資

事業の成功や成長をしたときのリターンを期待して資金の提供をすることです。

メリット

投資のメリットとして以下の3点があげられます。

  • 投資家とし成長ができる
  • 投資期間や時間を自由に設定することができる
  • キャピタルゲイン(株式の値上がり率)とインカムゲイン(配当)を受けることができる

 

デメリット

投資はデメリットも多くあります。以下をご確認ください。

  • 資金力に限界がある
  • 情報力に差がある
  • 機関投資家などが動かした相場の影響を受ける
  • 経営に制限が出ることがある
 

出資

事業の成功や成長を期待して資金を提供することです。「投資」と「出資」は同じ意味合いになります。

メリット

  • 事業が成功した場合のリターンが期待できる

 

デメリット

  • 出資先の経営が失敗したら出資した資金は戻らない

 

 

まとめ

このように「融資」と「投資」、「融資」にはそれぞれ大きな違いがあります。これらの違いを理解した上で、自分自身が資金調達をする上で一番条件の良いものを選ばなければなりません。

非常に難しい判断ですが、利益を出す自信があるのであれば「融資」を選択すれば経営に対して横槍が入ることはありませんが、返済義務が生じます。一方、「投資」や「出資」を選べば資金調達した分を返済する必要がないため経営が安定しますが、投資者や出資者から経営に対して横槍が入ります。どれを選択してもメリットとデメリットがつきものです。自分の経営スタイルなどを見極めて適切な選択をしましょう。

余談ですが、「資本」というものがあり、自分が積み立ててきた自己資金です。自己資金が一番融通の利くものであり、融資を受ける際にも必要なものですので、「融資」や「投資」、「出資」を選択する前に自己資金作りもしっかりとしておくことが大切です。

 

 

コメント