初心者でも簡単!ウォールナット家具を簡単に取り入れる5つのテクニック

家・インテリア・家具
スポンサーリンク

落ち着いたブラウンで大人の上質な空間を演出するウォールナット家具たち。ちょっと高級感がありすぎて取っ付きにくさを感じられることもあるのでは?周りのインテリアの邪魔をせず、コーディネートさせやすく、簡単におしゃれな空間をつくることができるウォールナット家具を活用してみましょう。

1.ダイニングテーブル

まずは基本中の基本、ウォールナットのダイニングテーブル。毎日使うものだから、丈夫で愛着の持てるものが一番。どんなテーブルクロスやランチョンマットも自然とマッチできる懐の深さはウォールナット家具の強みです。高級感のある木目が北欧風のインテリア空間を演出します。使えば使うほど味のでる良質なものを選びましょう。

2.リビングテーブル

ダイニングテーブルと並んで代表的なウォールナット家具といえば、リビングテーブル。高さの低いロータイプのものが人気です。合わせるソファは、落ち着いたグリーンやベージュなどナチュラルな系統の色合いがよくマッチします。テーブルの下に敷くラグもナチュラル系で統一するのがベストです。

3.チェア・ソファ

 

座り心地はもちろん、置いておくだけで絵になるウォールナットのチェアやソファは重宝します。テーブルとセットで買うとお部屋の統一感が生まれて、お部屋をすっきりと魅せることができます。クッションはナチュラルな色合いでも、赤やオレンジといった暖色系の色でも合わせやすいので、気分によって変えてみてはいかがでしょうか。

4.テレビボード

 

もしリビングをウォールナット家具で統一したければ、ぜひテレビボードも合わせてみてください。テレビやオーディオ機器などの家電も、木のぬくもりに包まれて、落ち着いたリビングルームができあがります。木目に癒やされること間違いなしです。最近はさまざまなデザインのテレビボードがあるので選ぶ楽しみがあります。

5.収納家具

 

キャビネットやマガジンラックなどの収納家具も、ウォールナットのものを使うと高級感が溢れる空間になります。開け閉めが多い収納家具はなんといっても丈夫なものが一番。その点、堅い材質のウォールナットはうってつけなのです。周囲の家具との調和を大切に、色合いやデザインを選ぶだけでお部屋全体が引き締まります。

コメント