「人と関わらない仕事がしたい人」必見!!人間関係のストレスが少ない職業16選!!

人生
スポンサーリンク

注目のゲームテスターや、ランサーズなどのクラウドソーシング、ウェブ・セールスライター、ドロップシッピング、ネットショップ、アフィリエイトなど、在宅ワークを中心にあまり人と関わらない仕事をまとめました。バイトか正社員どちらの雇用形態がいいのか、自分が今後どうしたいのかを確認し、ぜひ参考にしてください!

 

人と関わらない仕事の向き不向き

いずれは人と関わる仕事もしていきたいかどうか、まず確認する

人と関わらない仕事を探す理由はそれぞれだと思います。人間関係に疲れて体調を崩してしまったという方。もともと人と関わるのが苦手なので、自分に合った仕事を見つけたいという方。自分のペースで仕事がしたいという方。

いまは様々な形態の仕事があるので、苦手なことを無理をしてする必要はありませんが、現時点では人と関わりたくなくても、今後はどうしたいのかで選択が変わってくると思います。

今は疲れているのであまり人と関わりたくないけれど、いずれはちゃんと関わっていきたいのであれば、全く人と関わらない仕事より、あまり人と関わらないが少しは関わる、というような仕事を続けて、人とコミュニケーションをとることに慣らしておいたほうがいいという場合もあります。いっぽう、これまで無理をしてきたけれど、これからは自分のペースで極力人と関わらなくていい仕事を選んでいきたいという場合もあります。

それほど対人関係のストレスはないけれど、時にはコミュニケーションが必要な仕事を【あまり人と関わらない仕事】とし、人と実際に会わなくてすむ、ネットでの在宅ワークを中心とした仕事を【ほとんど人と関わらない仕事】としてまとめてみました。ご自分が今後どうしていきたいのか確認しながら、参考にしてください。

リクナビNEXTなら自分の適性に合った仕事を検索できる

人と関わりたくないと思っていても、本当にそれで悩みが解決し、ベストな選択になっているのか明確ではありませんよね。

そんな時にオススメなのが、転職サイトが運営しているキャリア診断テストです。

働いていく上で、自分の適性を知っておくことはとても大事なことです。
自分では自覚していない可能性や、仕事の幅を見つけられるチャンスにもなります。
また、やる気の向上につながり、仕事のモチベーションも上がる可能性があります。

リクナビNEXTのキャリア診断は、仕事の取り組み方やパーソナルな質問に答えて、自分の適性を分析してくれます。人材会社で有名なリクルートですがから、かなり精度が高い結果が得らることから人気になっています。

診断後は、自分の適性を知れる上に、条件に合った色々なジャンルの仕事が検索できるので便利です。

↑無料でキャリア診断を受ける

【あまり人と関わらない仕事】

1:工場での仕事は黙々とした作業で、給料も比較的良い

工場での仕事は、挨拶の他はあまり人と関わらなくてもいいので、コミュニケーションが苦手な方でもストレスが少ない仕事です。工場の仕事は給料が比較的高く、バイトであっても平均的な時給よりは多く稼げるようです。深夜の時間帯ならさらに多くもらえますし、初めはバイトで入っても、向いているようなら正社員を目指すことも可能です。

ベルトコンベアに向かって黙々と作業するような業務ならほとんど人と関わらずに済みます。組み立て作業ではチームで動かなければならないこともありますが、チームでの作業でも必要最低限の会話でいいようです。ただ、昼休みの時には同僚から多少話しかけることはあるかもしれません。

あまり人と関わらなくてよく、お給料も比較的良いので、黙々とした作業が苦痛でない人、決められた時間に勤務するのがいやでない人には向いていると思います。女性も活躍しているようです。

2:検品作業は私語が禁止されている所が多い

始めたばかりの時や研修期間のうちは、やり方を教えてもらわなければいけませんが、仕事を覚えてしまえば、製品に不備がないかのチェックを黙々とすればよく、ほとんど人と関わらなくてすみます。同じ空間で作業している人はいますが、私語が禁止されている所が多いので会話はかなり少ないと思います。

3:夜間の清掃員は基本的には黙々とひとりでできる

ビルやホテル、トイレの夜間清掃は、担当する場所も固定されていることが多く、基本的にはひとりで黙々と掃除する仕事です。他の清掃員と組まされることもありますが、その人がおしゃべりな人でない限りほとんど会話しなくてすみます。また、夜間の仕事なので日中よりも多く稼げます。

4:施設警備員は勤務時間は長いが、正社員としてもしっかり稼げる

施設警備員とは、夜間の建物の中を見回ったり施錠を確認したりする仕事で、人とあまり関わらなくてすみます。勤務時間が長く、お給料もいいので、正社員としてしっかり稼げますが、立ち仕事ですし、生活も不規則になるので、大変な仕事ではあります。勤務時間は長いのですが、その間に資格の勉強などをする人もいるようです。

意外ですが、女性も活躍しているようです。

5:新聞配達は副業にはおすすめ

新聞配達もあまり人と関わらなくていい仕事です。特に朝刊の配達は、朝が早いので人と会うことはあまりなく、たとえ会っても挨拶程度の会話ですみます。始めてから1週間くらいは他の従業員といっしょにルートを確認しなければなりませんが、すぐ一人で回れるようになります。

朝には仕事が終わるので他の時間を自由に使えますが、勤務時間が短いので月々入ってくる金額は少ないので本業には向いていないでしょう。副業なら、人とほとんど関わらなくていいのでおすすめです。

6:チラシのポスティングは自由な時間にひとりでできる

ポスティングは、チラシやビラをポストに投函して回る仕事です。自由な時間に自分ひとりでやれるのが魅力ですが、仕事の性質上住人からクレームを受けることも多いようです。クレームに慣れていない人の場合、人と関わることよりストレスがたまるかもしれません。

7:手作業による内職

自宅で一人きりでできるのが魅力ですが、単価が安いので本業にするのは難しいでしょう。幼い子どもがいて家を空けられない方などが、副業としてやるにはいいと思います。納品が遅れる時は会社に連絡しなければなりませんし、納品の際は多少会話する必要がありますが、基本的にはあまり人と関わらなくていい仕事です。

【ほとんど人と関わらない仕事】ネットを使った在宅ワーク

モニターやアフィリエイト、クラウドソーシングやプログラミングなど、ネットを使っての在宅ワークの形態は多様化しています。人間関係のストレスもなく、働く時間を自由に決められるので注目されています。

8:堅実に稼げるクラウドソーシング

クラウドソーシングとは、インターネット上で業務のやりとりをし、納品した分の報酬を受けとるという仕事の形態です。応募から業務連絡、納品、報酬の受領までほとんどすべてをネット上で行えるので、人と関わることが少ないうえ、働く時間帯を自由に決められます。業務内容は、誰でもできるような簡単な作業から、ウェブデザインなどの専門的なものまで多岐にわたります。

簡単な業務としては、データ入力、ブログやクチコミのライティング、記事作成、画像や音声の文字起こし、アンケートやモニターなどがあります。特にデータ入力は人気で、タイピングのスキルがあって努力すれば月20万円以上稼ぐ人もいるようです。

注意しなければならないのが、在宅ワークを始めようとしている人をターゲットにして、スキルを身につけるためと謳って教材費や登録料を請求してくるサイトがあるということです。クラウドソーシングを初めて利用する場合は、無料で始まれるサイトにしたほうが安心だと思います。

9:ネットショップを作って「スキル」を売る

現物商品ではなく、技術や知識などをネットショップを作って売ることができる、ココナラなどのサイトもあります。技術といっても専門的なものである必要はなく、ちょっとしたイラストが描ける、占いの心得がある、楽器が弾ける、悩み相談にのることができるなど、自分の「できること」と買い手のニーズが合えばいいのです。

ネット上でお客さんとやり取りをする必要はありますが、楽しくコミュニケーションするような感覚でできるので、実際に人と会って話すのは苦手だけれど、メールやSNSなどネット上でコミュニケーションをとるのは好きという人には向いていると思います。

10:オークションなどでの転売

身のまわりの不用品をオークションで売るのは、その時は多少の金額になっても、売る物がなくなれば続きません。リサイクルショップなどから商品を安く仕入れ、転売して差額分を利益にする方法があります。商品を仕入れるので、コンスタントに続けることができます。

安く仕入れて高く販売するのがコツですが、そのためには商品の相場を調べたり、どんな商品をみんなが欲しがっているか、付加価値が高いものはどんなものかなどを常にリサーチする必要があります。リサーチや出品などの手間はありますが、マメな人なら向いていると思います。海外から集めた商品を扱う人や、チケットだけを専門的に売る人もいるようです。

買い手との連絡はメールなので、ほとんど人と関わらない仕事といえます。

11:ハンドメイド・サイトで作品を売ったり、無料でネットショップを開設する

オリジナルのハンドメいイド作品をインターネットで販売して、月々30万円以上売上げいる人もいるようです。方法としては、ハンドメイドサイトに登録して販売する方法と、無料で始められるネットショップ開業サイトを使って販売する方法があります。ハンドメイドサイトは手数料を支払う必要がありますが、もともとハンドメイドが好きな人がたくさん閲覧するため、目に触れやすいというメリットがあります。

軌道にのるまではお小遣い程度の収入かもしれませんが、アイディアと工夫次第でちゃんとした仕事にできる可能性もあります。なので、ハンドメイドが好きな人にはおすすめの仕事といえます。

12:ドロップシッピング(販売代行)は在庫を抱えるリスクがない

ドロップショッピングとはメーカーの代行をして商品を販売することです。ネットショップに似ていますが、違いは、仕入れ、在庫管理、商品の梱包・発送をしなくていいことです。販売することだけが業務なので、在庫を抱える必要がなくリスクがありません。

また、発送先をメーカーにするか自宅にするか選べたり、商品価格を自分で決定できたり、オリジナル商品を販売できたりと自由度の高い仕事です。扱える商品の種類が多いので、需要を把握して売れるものを販売すれば大きな利益も期待できます。

仕事の流れは、ネットで商品を紹介し、売れると商品の代金が入ります。その代金のうち卸値をメーカーに支払い、残りが自分の報酬となります。つまり、商品が売れはじめて、その代金から卸値を払うので、リスクがないというしくみです。

13:フリーのプログラマー

企業で働いているプログラマーは人と関わることも多いですが、フリーの場合は、顧客との連絡の大半はメールで済むようですし、自宅で一人で行えます。ただ、専門的な知識が必要なので、誰でもできるというわけではありません。もともとプログラマーとしての経験があって独立する人もいますが、独学で勉強してまずは企業で働いてから独立する人もいます。

専門性の高い仕事なので、軌道にのれば高い収入を期待できます。

14:ネット上での販売戦略を考える、ウェブ・セールスコピーライター

まず、「セールスコピーライター」とは商品ができるだけ売れるように様々な戦略をたてる仕事でわす。ウェブ・セールスコピーライターとは、その仕事がウェブ上に特化されたものです。インターネットでの買い物は年々増えており、ウェブ・セールスコピーライターの需要もどんどん高まっているようです。

プログラマーなどのように分かりやすい職種ではないですし、文章を考えることなので誰でもできそうですが、かなりのスキルが求められます。ウェブ上で物を売るためには、インターネットの知識はもちろん、コピーライティングのスキル、マーケティング戦略のスキル、さらに市場の心理を見抜くための行動経済学や社会心理学の知識まで必要になってくるからです。インターネット事情も常に変化するものですし、マーケティングのスキルも、SNSなど多様化するメディアに常に敏感でなければなりません。

例えるなら、企業のマーケティング部門の仕事を一人で行うような感じです。難しい仕事ですが、成功すればかなりの高収入が見込めると思います。具体的な業務内容は、キャッチコピー作成、ニュースレターやメルマガ作成、印刷物の作成、プレスリリースやプロモーション、メディア戦略、コンサルティングなどです。

15:発売前のゲームをチェックする、ゲームテスター

ゲームテスターとは、発売前のゲームをやり、プログラムにミスがないかチェックする仕事です。時給は約900~1500円と在宅ワークにしては良いのですが、ゲームを何時間もやらなければならないので、ゲームの好きな人でないと難しい仕事だと思います。副業にしている人が多いようですが、月30万円以上稼いでいる人もいるそうです。

発売日前のゲームをいち早くプレイできるとあって、ゲーム好きには人気なようです。人と関わらない仕事を探していて、かつゲームが好きな人にはおすすめの仕事といえます。

16:アフィリエイトで稼ぐなら、しっかりした土台作りを

アフィリエイトとは、自分のサイトやブログで商品を紹介したり、広告バーナーを載せ、閲覧した人がその広告にアクセスしたり、商品を買った場合に何パーセントかの報酬が入るというしくみです。単純なしくみですが、アフィリエイトで稼ぐにはしっかりした土台作りが必要になってきます。アフィリエイトには、おおまかに分けると、ブログ(サイト)アフィリエイト、メルマガアフィリエイト、PPCアフィリエイトの3種類があります。

ブログアフィリエイトは、記事作成や商品購入までの手引きなどの土台をちゃんと作れば自動的に稼げるようになりますが、上位に検索表示されるための対策や、アクセス数を増やす工夫をしなくてはなりません。メルマガアフィリエイトは、メルマガを直接送るので商品購入につながりやすいというメリットはありますが、メルマガを送りつづけなくてはならないという手間がかかります。PPCアフィリエイトとは、検索エンジンで検索すると右側や上のほうに表示される広告のことで、出せば報酬が入ってくるので早く稼げるのですが、広告費用が必要です。

月に何百万円もアフィリエイト料が入ってくるサイトもあれば、1円も入ってこないサイトもあるようで、約90パーセントのサイトのアフィリエイト料は5000円未満だそうです。といっても、収入を得られていないサイトは対策や工夫をしていないからであることが多く、努力と工夫次第では利益が期待できます。

人と関わらない生き方

人と関わることが苦手な人には、ひとりになると能力を発揮する人が多くいます。自分らしくありたいと思う時、「人と関わらない生き方」も選択肢の中にあっていいと思います。ご自分の生き方に合った仕事をぜひ見つけてくださいね。

コメント