髪質改善!思いのままヘアスタイルをバッチリ決める6つの方法

外見
スポンサーリンク

朝にヘアスタイルがキレイに決まるかどうかで、1日の気分が大きく変わるのが女性の心理。

朝の身支度で忙しい時に、髪のクセがひどくて思い通りにならなかったり、雨の日だといつもより余計に広がると、気持ちがイライラモードになりますよね。

ここでは、そんな、クセ毛が気になる人におすすめの、髪質改善法をご紹介させていただきます。

髪のクセと言っても様々な種類

髪のクセと言っても、大きく分けて4種類あります。

 

●波状毛

波のようにうねりを持ったクセ毛

 

●捻転毛

髪の太さがバラバラでねじれているクセ毛

 

●連球毛

1本の髪でも太さが違うものが繋がった状態のクセ毛

 

●縮毛

細かくなじれているクセ毛
まずは自分のクセ毛がどのタイプに当てはまるかを知り、その毛質に合わせたケアをすることで、悩みに繋がります。

 

パーマをかけて改善する方法

強いクセ毛があると、毎日のヘアケアやブローにとても時間と手間がかかります。そんな悩みを手軽に解消できるのが、パーマです。

 

●デジタルパーマ

デジタルパーマの最大の特徴は、形状記憶に優れている点です。

このデジタルパーマで使われるパーマ液は、通常のものより力が強く長期間の持続が可能で、パーマがかかりにくい人でも思い通りのヘアスタイルにすることができます。

今までにパーマにチャレンジしたけど、すぐにとれてしまったという人は特におすすめです。

 

●ストレートパーマ

通常のパーマ液とは違い、特別な薬剤を使ってクセのある髪をストーレートにするパーマが、ストレートパーマ。

本来の使い方は、パーマをかけた後の髪をストレートに戻すためのものですが、クセ毛の人の髪をストレートにする方法としても使うことができます。

ただし、完全に直毛にはならないので、丁寧にブローをしたり、ヘアアイロンを使って伸ばすなどの手間が必要になります。また、雨の日などの湿気の多い時には、クセが出やすくなります。

 

●縮毛矯正

縮毛矯正はの最大のメリットは一度受けると、半永久的に直毛になれることです。そのため、一度の出費と毎朝のセット時間が短くなるので、ヘアケアがとても楽になります。

また、髪自体にもツヤがでたり、サラサラ感が出ます。逆にデメリットは、頭皮と髪にダメージを与えてしまうことです。

また、本来の髪質までは改善できないため、新しく生えてくる髪はクセ毛のままなので、定期的に縮毛矯正を受けなければ維持できません。

 

クセを改善するために毎日できること

自己ケアによってもクセ毛を気にならなくできる方法があります。

1つ目は、夜のシャンプー後には、必ずきちんと乾かしてから寝ることです。そうする事で、翌朝のクセによるうねりや広がりが落ち着きます。

また、クセ毛専用のヘアケア用品を使うようにしましょう。

2つ目は、髪に水分をしっかりと補うケアをすることです。髪の乾燥を防ぐためのジェルやクリームなどを購入して、たっぷりと水分補給をしましょう。

 

食生活でクセ毛を改善する!

パーマやヘアスタイルのチェンジは表面的なもので、根本的な髪質改善をすることはできません。本気で髪を思い通りにしたいと願うのであれば、毎日の生活習慣を整えることが大切なポイントです。

よくわかめや海苔などの海藻類が髪の成長に良いと言われますが、単純にそれらばかり食べていても、しっかりとした効果を得ることはできません。

体や肌の健康もそうですが、髪の毛に必要な栄養をバランスよく摂ることが重要です。

髪に補給したい栄養素とは、海草類以外にタンパク質やビタミンE、DHEです。これらを毎日の食事でたっぷりと食べるようにしましょう。

 

●タンパク質を豊富に含む食材

【豆腐や納豆、豆乳などの大豆製品、赤味のお肉、魚、卵など】

 

●ビタミンEを豊富に含む食材

【うなぎ、アーモンド、ツナ、たらこ、かぼちゃ、アボカドなど】

 

●DHAを豊富に含む食材

【サンマ、アジ、ぶり、はまちなどの青魚類】

 

髪の保護と乾燥を防ぐ働きで髪をしっとり落ち着かせる椿油

椿油は、日本では美容・ヘアケアアイテムとして昔から利用されてきたという歴史があります。

椿油をヘアケアに使うことで、髪の内側まで潤いを与えたり、ドライヤーや紫外線などの影響を受けず髪を傷めない働き、髪を落ち着かせる作用などがあります。

髪の毛を洗った後、椿油を数滴手のひらに馴染ませて、しっかりと髪1本1本に揉みこむように浸透させていくと、翌朝の髪は落ち着きのある髪になれます。

 

カットの仕方次第で、思い通りの髪に!

クセ毛の種類によって、クセが気にならなくなるカット法が違います。

例えば、波状毛の場合は、髪が落ち着く長さでカットしてもらうだけでも、毎朝のセットがとても楽になります。

このようにクセ毛のタイプによってカットの仕方を変えるだけで、クセがあまり気にならない状態になるので、美容院に行った際にはしっかりとオーダーするようにしましょう。

また、髪を切るときには乾いた状態で髪を切るドライカットをしてもらうことで、クセに沿って性格なカットができるので、完成度がとても高くなります。

あとは、こまめに髪を切ることも、クセ毛の悩みを解決するための一つの手です。

まとめ

髪の悩みに多いクセ毛は、特に朝の忙しい時間帯に思い通りのヘアスタイルができないとイライラとしてしまいがちになります。

ですが、パーマを利用したり、クセ毛専用のシャンプーを使う、シャンプー後にはしっかりと乾かす、パサつきがひどいようであれば椿油などで髪に潤いを与えることが、ばっちりとヘアスタイルが簡単に決まるためのヘアケア法と言えます。

ぜひ、上記の項目を参考に、毎朝、しっとりとサラサラの思い通りのヘアスタイルを実現してください。

 

コメント