寒い冬の体調管理に、ポテト、セロリ、キャベツとベーコンのシチュー

食事・グルメ
スポンサーリンク

冷蔵庫にある材料で、洋風ごった煮。ボリューム感を出すときは鶏肉を、ヘルシーにするときは野菜類を加えて煮るだけです。季節柄、温かいスープは体を芯から温めます。キャベツが入っていることでスープにも甘みがでるのでお子さまにも向いています。

具だくさんスープで温まる♡ポテト、セロリ、キャベツとベーコンのシチュー


【材料】
・玉ねぎ 1個
・にんじん 1個
・セロリ 1本
・ニンニク 2片
・オリーブオイル 大さじ1、エキストラバージンオリーブオイル 大さじ1 仕上げ用
・粉ふきポテト 550g、 皮をむいて小さく切ったもの
・鶏肉もしくは残った野菜 1リットル
・薄切りベーコン 8枚
・中型キャベツ 1/4(約200g)

【作り方】
①玉ねぎ、ニンジン、セロリとニンニクを刻んでフードプロセッサーをかける。
大きなシチュー鍋で中程度の温度にしオリーブオイルを入れ温める。
野菜、ジャガイモを加え、味付けする。鍋の温度を下げ、蓋をする。
ゆっくりと、材料が柔らかくなるまで約5分以上調理する。お好みで他の材料株を加え強火にする。沸騰させる。
もう5分間とろ火で煮る。そうすれば、すべての具材、野菜も柔らかく煮える。
②スープを調理する間、ベーコンをフライパンで焼く。カリカリに焼いたら細長く切る。
キャベツの芯を切り捨て、細かく切る。
③フードプロセッサーでなめらかになるまでスープを混ぜる。鍋に戻して、キャベツを加える。
キャベツがちょうど柔らかくなるまで、2、3分とろ火で煮る。味見をして、味付けをしベーコンを散らす。

ベーコンをカリカリに焼くことで、鍋で煮て柔らかくなった具材の食感に変化がつきます。セロリを煮るのもスープにセロリのエキスが出て栄養価が上がります。セロリは免疫力を高めてくれて高血圧、ガン、動脈硬化、便秘予防になるとされています。また、イライラも抑えてくれるので落ち着きたいときに良い食材です。

コメント