超簡単に小顔になれる!見違えるほどスッキリ顔痩せする9つの方法

マッサージ・ヨガ・ストレッチ
スポンサーリンク

小顔は、女性の永遠の憧れ。フェイスラインがすっきりとした表情は、イキイキとした元気な印象を周囲に与えます。

気になる顔太りの原因は、むくみやたるみが主な原因と言えます。

今回は、憧れだけで終わらせない!簡単に顔痩せ効果を実現させ、小顔になる、様々な方法をお伝えします。

血行を促進して水はけの良い顔を目指す

いつも顔がむくんでいると悩んでいる方は、血行不良により、水分がうまく排出されない状況に陥っていると言えます。

血液の流れをスムーズにするマッサージを行うだけで、すっきりとしたフェイスラインだけでなく、目鼻立ちがくっきりとした表情を手に入れることができます。

 

―むくみを取り去るお手軽マッサージ法―

①両手の親指以外の4本の指で、あごの中心部分から耳の下までさすります。

②次に小鼻のあたりからこめかみへ向かってさすります。

③最後に、額の中央部分からこめかみに向かってさすります。

この動作を5回ほど繰り返します。力をいれると摩擦により肌を傷つけてしまうので、やさしく行いましょう。スキンケア後に行うと、美容成分の吸収も良くなりますよ。

 

顔の筋肉低下が小顔を遠ざける!?

顔には細かい筋肉がたくさんあるのをご存知ですか?これらの筋肉があるおかげで、私たちは笑ったり、しかめっ面など様々な表情を作ることができます。

ですが、この顔の筋肉は20歳を過ぎたころから、どんどん衰えていきます。

また、普段の表情では30パーセントほどの筋肉しか使われず、人によっては表情癖もあるので、偏った使い方しかされていないことも多いので、使われない筋肉も同様に衰えてきます。

それにより、フェイスラインが無くなる二重あごなどが起こります。

また、筋力が落ちることで、肌の血行も悪くなるので、くすみやクマも現れやすく、老け顔を作ってしまいます。

この衰えた顔の筋肉を改善するのにおすすめなのが、筋肉トレーニングです。

体のトレーニングを行うとキュッと引き締まったスリムな状態になるように、顔もたるみのない小顔を目指すことができます。

 

おばさん顔の象徴…。頬のたるみに効くトレーニング法

頬のたるみはおばさん顔を作り出してしまいます。また横へ広がって見えるので、顔を大きく見せてしまうことにも…。

そこで、頬の顔の筋肉アップを目指せるトレーニングをご紹介します。

体の筋トレと同様に、顔筋トレも毎日行うことで小顔効果が出ます。お風呂上がりのスキンケアの際や、家事をしながらでもできる簡単な方法なので、今日からぜひ実践してください。

 

―頬のたるみを解消するトレーニング法―

①上下の唇を歯の方へ巻き込むような状態にする。

②その後、大きく口を開く。

④開いたまま左右の口角を上げる・緩めるという動作を10~20回繰り返す。

この時、頬が動いていることを意識しながら行ってください。

 

フェイスラインのない二重あごを解消するトレーニング法。

二重あごが目立つようになると、顔が何倍にも大きく見せてしまうことに…。体は太っていなくても、おデブの印象になってしまうことも…。

スッキリとしたフェイスラインでいると、年齢よりも若々しく見られるという効果もあります。

ここでは、二重あごを改善するおすすめのトレーニング法をご紹介します。

 

―二重あごを解消するトレーニング法―

① 姿勢をまっすぐにしたまま、顎の下の筋肉を意識しながらゆっくりと上を向きます。

②その後、頭を後ろにそらし、舌を上の方向へ突き出し、そのまま5秒間維持します。

③そして、力を抜きながら首を元に戻します。

この動作を、10~20回繰り返しましょう。1日1セット、毎日行うと効果が出やすいですよ。

 

ほうれい線解消に効果的なトレーニング法!

ほうれい線は別名「笑いジワ」とも呼ばれ、良く笑う人ほどできやすいとも言われます。とても素敵なことではあるのですが、ほうれい線によって実年齢より老けて見られてしまうことも少なくありません。

ここでは、ほうれい線を解消するおすすめのトレーニング法をご紹介します。

 

―ほうれい線を解消するトレーニング法―
①舌の先が目で見えるくらいまで思いっきり出します。

②舌の甲(付け根側)で唇を舐め回すようにゆっくり、唇周りを一周します。

③この際、舌の先を目で追うとより効果的です。

この動作を10~20回繰り返しましょう。このトレーニングによってほうれい線解消と同時に、舌の筋肉が鍛えられ、顔全体のシェイプアップ効果も得られ、小顔効果も期待できます。

 

口を大きく開ける癖をつけると小顔効果が!

話す職業の方の多くが、顔にたるみやむくみのないイキイキとした表情をしています。

人に見られるという緊張感から、若さを維持できるということもありますが、良く口元を動かしているという点に、美しさの秘密があります。

口の周りには口角筋という筋肉があるのですが、ここを良く動かすと顔全体をすっきりとできる小顔効果があります。

口を大きく開け、滑舌よく話をする癖をつけることで、顔全体が引き締まってきます。

スキンケアの時に、口を大きく開けながら「あいうえお」という言葉を発声するトレーニングをするのもおすすめです。

 

食事は左右プラス前歯をバランスよく、たくさん噛む

ここまで、顔の筋肉アップのトレーニング方法を何点かご紹介しましたが、日常でも習慣的に取り入れてほしいのが、「ご飯は良く噛んで食べる」習慣です。

小さい頃よく親に言われるような言葉ですが、本当に大事なことなんです!

実は顔の筋肉の約7割が口元に集中しており、噛む動作はそれらの筋肉を刺激してくれます。しかも小顔を目指すうえで重要な咬筋は、噛むことで鍛えることができます。

つまり、よく噛むことだけでもリフトアップが期待できるのです。しかし、やみくもに片側の歯ばかりで噛んでしまっては逆効果になってしまうので注意しましょう。

片側ばかりで噛む癖がつくと、その側だけすり減り、左右の歯の高さがアンバランスになってしまうため、結果的に肌のたるみやほうれい線に繋がってしまいます。

さらに、前歯もしっかり使って噛むことも忘れないようにしましょう。奥歯ばかりを使っていると、前歯と奥歯の高さに差ができてしまい、頭の位置が後ろに傾いてしまいます。

食事の際は、左右プラス前歯をバランスよく使いながら、たくさん噛むことを習慣づけて、小顔になりましょう。

 

鼻呼吸の習慣で小顔に!

鼻呼吸と言うと、いびき改善や免疫力アップなどの効果がよく言われますが、小顔効果があるのはご存知でしょうか。

鼻呼吸によって舌の位置を正常に戻し、口周りの筋肉を刺激することで、小顔効果の期待が望めます。

鼻呼吸はその名の通り鼻で息を吸うことですが、その対極にあるのが口で息を吸う口呼吸です。単に息を吸う場所の違いでもありますが、もっと重要なのは舌の位置です。

口呼吸では、舌の位置が下がってしまう状態のため、舌の重みに引っ張られる形で、頬や口元、顎のたるみ、ほうれい線を加速させる結果を招いてしまいます。

さらに、口がだっらと開いた状態でいると、口の周りの筋肉を使わなくなってしまい、顔全体のたるみにも繋がってしまいます。

正常な舌の位置とは前歯茎の内側にある、ポコッと出っ張っている部分の下にはめ込んだ場所だそうです。

口呼吸だった方が、この正常な位置に舌を置き、鼻呼吸してみると、口元全体の筋肉を使っている気がして、むずむずしてくるそうです。それだけ、即効性の高い方法でもありますね。

薬局などで販売されている、医療用テープで口を塞ぎ、強制的に鼻呼吸の習慣をつけるのも一つの手です。

また、鼻呼吸には小顔だけでなく、いびき改善、免疫力アップ、寝つきが良くなる、便通改善など、体にとってもいい効果が豊富なので、一石二鳥ですね!

 

小顔効果を実現できるアイテムを活用する!

最近では、手軽に小顔効果が期待できる、顔の筋肉を鍛えるアイテムが多くあります。

たった1日3分で「アイドル並みの小顔」&「美人女優ばりのリフトアップ」!つけるだけで小顔になれる!究極の整形小顔アイテムが、贅沢に2個も付録になった小顔本の決定版です。

カリスマヘアメイク、田村俊人さんが手掛けた、小顔になる為の2本のバンドが付録となっています。

小顔のために抑えたい、フェイスラインと、おでこのまわり、それぞれにぐるっと巻くだけで、サロンで施術をうけているかのようなリフトアップ感が味わえます。

しかも、1日たった3分!

また、本に書かれている田村俊人さん(通称タムちゃん)のマッサージをプラスすれば、 「アイドル並みの小顔」&「美人女優ばりのリフトアップ」が手に入ります。

たるみ、二重あご、むくみ、しわなどの悩みも解消。そのうえ、顔が小さくなると、身体までヤセて見える!

視界を妨げずに顔全体と首をカバーします。自宅で手軽にエステ気分が味わえ、すっきりとしたフェイスライン、つるつるしたお肌に導きます。

バネ式のマウスピースを口に挟み、口を縮めたり、開いたりしながら運動させることによって、フェイスラインを整えます。

また、口にはめた時にスムーズに動く様に滑らかなカーブに設計されており、各パーツは簡単に解体でき、お手入れが簡単です。

「挟む」「しぼる」「流す」などの複雑な動作がこれひとつでできます。顔痩せにも効果がありますが、全身に使える為、肩こりや腰痛改善も期待できます。

プロのエステティシャンが行う「つまみ流す」動き(ニーディング)の複雑な動きを再現する360°マルチアングル構造で肌へ深くフィットし、「つまみ流す」動きは全身ケアが体感できます。

まさに「素肌を美しく引き締める!」のに最適なアイテムです。

このようなアイテムを利用するというのも小顔対策のひとつの手です。

コメント