恋愛でときめく瞬間…好きな人ともドキドキを共有

人間関係
スポンサーリンク

ドキドキする恋愛は最高ですよね!好きな人と一緒の空間にいるだけでも、胸になにかつまっているような感じがして、息苦しくなってしまいます。しかし目を血走らせて「はぁはぁ」興奮していると嫌われるので注意しましょう!そういうわけで、恋愛でドキドキするシチュエーションを集めてみました。Willsメンズなあなたがドキドキするのはどんな時でしょうか!

恋愛でドキドキすること集めました


恋愛の醍醐味はあのドキドキする感じではないでしょうか!好きな人と一緒に過ごしているだけでも、息苦しいものですよね。だからと言って、興奮しすぎて「はぁはぁ」呼吸を荒くしていたら、嫌われちゃうのでWillsメンズは気をつけましょう。

そんなわけドキドキするシチュエーションなどを集めました。Willsメンズなあなたにも心当たりがある恋愛のドキドキするシチュエーションがあるかも?チェックしていれば、心構えができているので取り乱さなくて済むかもしれませんよ?

恋愛のドキドキあるある集めました

初めて手に触れるとき

好きな人と一緒にデートはドキドキするものですよね。とっても素敵な初デートは余計にドキドキするものです。やはり大好きな彼女と一緒にいるのですから、なんとか距離を縮めたいと思うものでしょう。ではどうやって近づけばいいのでしょうか?

多くの方が思いつくのは、まず手をつなぐことかもしれません。しかし彼女にとってあなたが初めての彼氏で、なおかつ男性に対してうぶだったらいきなり手を握ってもびっくりされて、すぐに離されてしまうかもしれません。

そんな時は徐々に距離を詰めていきましょう。古典的方法では、手相などがありますよね。それから「手の大きさを比べてみようよ」と言って手を合わせる方法があります。彼女のぬくもりが手から伝わってきて、お互いにドキドキすること間違いなし!

一度、相手に触れてしまうと精神的なバリアーがもゆるむものです。それから手をつないでもけして遅くはないでしょう。

好きな女性からのメール

好きな女性とメールとLINEでつながっていたら、連絡が本当に待ち遠しくなってしまいますよね。たいした用事でもなく「おはよう」「いま、ひまー?」という連絡だけでもドキドキするものでしょう。もし付き合っているでもないのにドキドキするのでしたら、それは恋かもしれません。

例えば家族や友人からメールや電話が来てもドキドキはしないものですよね。しかし、知り合った女性からメールや電話が来たらドキドキするのでしたら、それは恋のはじまりかもしれません。すぐにでも返信したくなっちゃいますよね。

これまで「俺は恋はしたことがないぜ!あんまり恋愛に興味はないぜ!」と言うような漢でしたら、女性からメールや電話が来たらどきどきするかどうかチェックしてみてください。ドキドキするのでしたら、それはあなたの人生で初めての恋かもしれませんよ?

秘密の共有でドキドキする

秘密の共有ってなんだか、ドキドキするシチュエーションではありませんか?この秘密の共有は恋愛にとってなかなか良い要素なのです。まず秘密とは、誰にも言いたくない、知られたくない情報ですよね。その情報をふたりだけが知っているわけです。

これはお互いを特別な存在として意識していなければ、無理なことではないでしょうか。信頼がなければ成立しないのです。そしてお互いふたりだけしか知らない共通の秘密を知っているわけです。もし「これから話すのは、私の秘密。絶対に言わないでね」

そんなことをもし女性から言われたら、あなたはその女性にとってかなり特別な存在として受け止められている可能性が高いです。それから恋愛に発展することもめずらしくはありません。チャンスとして考えておきましょう。

しかし、その女性がどんなタイプなのかは知っておく必要があります。なぜかと言うと、その女性が「秘密」と言いながら誰にでもべらべら喋るようなタイプでしたら、恋愛とはあまり関係がない可能性が高いです。そこだけは注意しておきましょう。

年上おねーさんのギャップ

年上のおねーさんと付き合っている方は、特別なドキドキ感を味わうことができるでしょう。それはギャップ。年上の女性は「自分のほうが年上なのだからしっかりしなければならない」という気持ちを持っていることが多いです。

そんな年上のおねーさんに甘えたい男性も多いのではないでしょうか。しかしふたりきりになったらど
うでしょう。時にはその年令など関係なく、年上のおねーさんが甘えてくることはありませんか?あるいは弱音をつぶやいたりすることはないでしょうか。

普段のしっかりとした一面はかき消えてしまって、とたんに、可愛らしく甘えてくるのはドキドキポイントなのは間違いないでしょう。しかし注意しなければならないことがあります。本気の抗議と弱音を混同してはいけません。

「私はあなたより年上だけど、あまり甘えられるとしんどいの」という弱音と「仕事で失敗しちゃった。ちょっと自信なくしちゃったな」という弱音は同じ弱音でも全然違います。前者はあなたへの不満です。そのまま甘え続けているとふられることになるので注意してください。

弱音を見せられる相手にドキドキ

男だって気を張ってがんばっていても、つい、辛くなってしまう瞬間はありますよね。普段は、周囲から「弱いやつだ」と思われないように、歯を食いしばってがんばっている男性も多いのではないでしょうか。しかしずっとがんばって気を張り続けているとストレスばかりが溜まってしまいますよね。

そんな時、包容力のある彼女に愚痴を言ってなぐさめられたら、どきどきする方も多いのではないでしょうか。特に彼女が年上の場合が多いでしょう。年下、あるいは同級生の女性にはプライドもあってなかなか愚痴なんて言えない男性も多いかもしれません。

年齢が上だからこそ、安心して弱みを見せられることができるのではないでしょうか。自分よりも豊富な経験を積んでいる女性は、とっても安心できますよね。悩みなども話したくなるものです。そんな時、彼女にドキドキするのではないでしょうか。

理想のキスのシチュエーション

部屋に入った瞬間

付き合って時間も経過すれば、キスぐらいはしたくなるものですよね。キスもどきどきする行為です。そんなキスのシチュエーションを集めてみました。まずよくあるのは部屋を訪れた時、ドアを開けたらすぐにキスというのがありますよね。

外でキスをするようなカップルも多くなりました。しかし外でキスをするのはちょっと勇気がいるという方もいらっしゃるでしょう。特に自分が住んでいる近所でしたら、誰に見られているか分かりません。近所のおばちゃんに「まぁ◯◯さんの息子さん。外でキスしてた」なんて言われて噂になったら恥ずかしいですよね。

母親からも「あんたなにしたん!お母さん恥ずかしいわ!」なんて抗議をされてしまうかもしれません。しかし部屋ならばどんなにキスをしてもばれないですよね。特に一人暮らしならなおさらでしょう。キスをする心の準備をしてドアを開いてすぐにキスなんて、とてもロマンチックですしサプライズになるのではないでしょうか。

ロマンチックな夜景をバックに

ドキドキするキスの中でも、ロマンチックなキスの大定番と言えば、やっぱり夜景が綺麗な場所でのキスではないでしょうか。イルミネーションや星空がまたたく夜空の下で、お互い目をつむって顔を近づける……想像するだけでドキドキしてしまいますよね。

これは女性のほうがドキドキするシチュエーションではないでしょうか。夜景やイルミネーションをバックにしたキスなどは、さまざまなマンガや映画でも使われていますよね。そんなシチュエーションにあこがれている方は多いでしょう。

他にも観覧車で夜景を眺めながらのキスもなかなかロマンチックでドキドキしますよ。昼間でもいいのですが、やっぱり街の灯りを一望できる夜の観覧車は、かなりムードも盛り上がります。「観覧車が一番上に来たところでキスした」という素敵な思い出も作ることができるでしょう。

今や大定番?壁ドン

壁ドンはドキドキするキスのシチュエーションではないでしょうか。これは女性も男性もドキドキするものでしょう。壁ドンをされて、強引にせまられたら抗えなくて、つい、キスに応じてしまう女性続出中です。

びっくりしている時、あれよあれよという間にキスをされたことを「奪われた」と表現される方もいるようです。このように壁ドンからのキスは多くの女性をドキドキさせるシチュエーションと言えます。ただ、注意しなければならないことがあります。

壁ドンにふさわしい男でなければ、失敗される可能性があるでしょう。お互いに好き同士だったり、付き合っているならば大丈夫でしょうが、あなたが特別なイケメンだったり、ただの友人関係の片思いでしたら、女性が悲鳴をあげてしまってトラブルになってしまう可能性も。

そんなことになったらえらいことです。壁ドンのキスは確かにドキドキするシチュエーションなのは間違いありません。しかしかなりリスクもあるので、お互いの距離感をきちんと見極めてからチャレンジする玄人のキスと言えるでしょう。

「キスしていい?」と聞いてキス

「キスしていい?」と言ってからキスをするのも、ドキドキするシチュエーションではないでしょうか。中には「そんなこと言わないで、黙ってキスをしてほしい」「ダサい」と感じる女性もいるようですが、なめてはいけません。

「キスしていい?」と言われてドキドキ感が最高潮に達する女性も存在しているのです。何も言わず、女性のちょっとしたスキを狙ってキスをする方もいます。しかしこれも壁ドンと同じように、リスクがあるキスと言えます。

確かにドキドキはさせられるでしょう。しかし女性にとって、あなたがキスを許してもいい相手でなければ、一気に嫌われてしまう可能性があります。あなたがかなりのイケメンで嫌われない自信があるならば良いですが、自信がなければ「キスしていい?」と聞いてからのほうが無難でしょう。それでもドキドキするものですよ?

エレベーターでのキス

エレベーターの中、ふたりきりになった時などのキスはなかなかドキドキしますよ。職場恋愛をされている方ならば、あるかもしれません。他にもデパート等へ行って、自分たち以外、誰もいない時を見計らってのキスもあります。

エレベーターは密室であり、それもふたりの気持ちを燃え上がらせるシチュエーションと言えるでしょう。しかしエレベーターでのキスは危険もつきものです。それはキスに夢中になってしまって、階についてドアが開いてもしてしまっている時です。

ドアが開いた所に人がいたならば、かなり気まずい気持ちになってしまうでしょう。中には人がいてもおかまいなしにキスをしてしまうカップルもいます。お互いかなり空気が読めないのでしょう。かなり冷たい視線を向けられてしまうので、そこは注意をしなければなりません。

別れ際のキスは余韻がいい

デートで初キッスを狙っていても、なかなか理想のタイミングが見つからない時もあります。「ここでキスをするぞ!」と決めた所に行ってみたとしますよね。例えば普段、誰も来ないような展望台などがあるでしょう。

しかし行って見たものの先客が。普通に展望台からの眺めを楽しんで終わりということもあります。そして結局デートが終わってしまう。なかなか悲しい展開ではないでしょうか。しかしまだチャンスは終わっていないのです。

デートの終わり、別れ際という最高のシチュエーションがあります。デート中、もしキスを断られてしまったら、その後が大変でしょう。お互い気まずい思いをしながらデートをしなければなりません。しかしデートの終わりなら、それでその日は終了ですよね。

もしデート中にキスのタイミングを逃してしまったら、最後は別れ際を狙ってみてください。キスが成功したら、デート

ドキドキする恋愛を楽しんで!

恋愛はドキドキすることの宝箱です。特に付き合いはじめでしたら、ドキドキすることばかりではないでしょうか。お互い、街中を歩いていて、手の甲がちょっと触れ合っただけでものすごく意識してしまうものです。恋愛をスムーズに発展させたいWillsメンズは、恋愛のドキドキ感を楽しみましょう。それが二人の関係を深める一番の要素なのですから。

 

 

コメント