出会いがない人必見!7つの場所で恋人を必ず手に入れろ!

ハウツー
スポンサーリンク

今回は、みすみす見逃しがちな異性との出会いが確実に訪れる7つのとっておきの場所をご紹介します。

現在の日本は独身未婚で恋人なしの人の数が約4割にものぼっています。さらに晩婚化が進み、独身未婚恋人なしの割合は年々増加の一途を辿っていますね。

原因は女性の社会進出や男性の草食化など様々挙げられていますが、これだけ男女が余っているのに、出会いがないと言うのはそもそもおかしいはずです。

出会いがないというのはウソで、簡単に出会える場所を知らなかったり、日常の出会いに気付かないことこそが最大の原因です。

つまり「出会いがない!」と嘆いている人は、少し意識を変えてみるだけで、たくさんの出会いを手にすることができるのです。

今流行の街コン!高確率で出会える

街コンとは、一言で言えば参加者が多い合コンです。

日本全国様々な地域で開かれていて、1回のイベントで100名以上、多い時には1000人を超える男女が参加します。

特徴としては、その場のフィーリングを元にした出会いとなりますので、職業や年齢などの条件で見られにくいということがあります。

また、知人が主催する合コンと違って、幹事や参加者とも初対面で気を使いすぎることもなく、人数も多く次にいきやすいです。ムリにタイプでない人と話して気疲れしてしまう、なんてことが避けられるのです。

街コン勝利のコツとしては、自己紹介をあらかじめしっかりと作り込んでおくことです。

 

出会いの王道、職場恋愛

社会人の出会いのきっかけで最も多いのが職場でしょう。職場では一日8時間、週に5日間も一緒に時間を過ごすのですから。

しかも、プロジェクトや配属されるチームが同じであれば、目標を同じくし苦楽を共にする同志にもなります。

全日本ブライダル協会がアンケートをとった結果では、結婚まで至ったケースは社内恋愛が1位とのことです。

気になる人に仕事の相談をしたり、会社内イベントに積極的に参加して、出会いを是非ものにしていきましょう。

 

偶然を見逃していませんか?外出先での出会い

実は、日頃からチャンスを逃しているだけなのです。

外に出て異性と目が合うきっかけさえあれば、それは出会いと同じです。要はそこからどう展開させるかなのです。

クラブ、居酒屋、ジム、アクティビティ、バーなど外へ行けば異性と出会うチャンスはいくらでも転がっています。

出会いのきっかけを見逃しているだけなのです。テレビドラマや映画における、男女の出会いの瞬間を思い出してみてください。偶然をいかにチャンスだと捉えるかがポイントということが分かってくるはずです。

少しの度胸があるのなら、ストリートナンパもオススメです。うる星やつらの諸星あたる、シティハンターの冴羽獠しかり、彼らがモテるのは自ら声を掛けているからです。

特に女性からアタックする逆ナンパは男性のナンパよりも成功率が格段に高いので、女性から声をかけるのもありでしょう。

結局どのような出会いの場所に行っても、まずは話しかけることが第一歩です!

 

イマドキ当たり前、インターネットを利用する

近年急速に存在感を増しているのがインターネットを利用した出会いです。

かつてインターネットでの出会いというと、出会い系サイトのようなあまりよろしくないイメージが強かったのですが、今はFacebook、TwitterなどSNSを中心に出会いのチャンスは広がっています。

他にもアメブロ、オンラインゲームなどなど、インターネットでの出会いの幅は広がるばかりです。まだ何も手を出していない方は、登録するところから始めてみましょう。

Facebookなら、「Pairs」という、最大手のマッチングサービスはおすすめです。のべ1500万人のマッチングを成立させてきました。※Facebookには投稿されません。

 

共通の趣味から始める、習い事

英会話、料理教室、社交ダンス、ヨガなど男女混合で行う習い事は非常に良い出会いのきっかけとなります。

合コンや出会い系と違い、自然な出会いがあるのも特徴です。

さらに、共通の趣味を持っていることは強みにもなり、出会ってからも話はどんどん盛り上がります。

趣味の世界を共有できるパートナーと出会うチャンスが習い事にはあります。まずは何か興味がある習い事を始めてみるのはいかがでしょうか。

オススメの習い事は、料理、英会話、絵画教室、フットサル、マリンスポーツ、乗馬、音楽系、などです。自分にあった習い事に挑戦してみましょう。

 

実は男女の出会いの穴場、ボランティア活動

ボランティア活動は、身近なものではゴミ拾い。朝の時間や休日を利用して出会いを手に入れましょう。

実は出会いの最強の穴場はボランティアといっても過言ではないかもしれません。

合コンやコンパのように、ムリにテンションを高くして場を盛り上げる必要もありません。

地域密着型の様々なものがありますが、ゴミ拾いなら下記のサイトがオススメです。
グリーン・バード

最近のものであれば東北の被災地での活動も行われています。

がれきの処理や被災者のサポートなど大変な作業が多いのですが、男女の良い出会いの場にもなっています。

ボランティアに参加する人は時間がある学生や、義憤から行動を起こした社会人が多く、共同作業を行っているうちに打ち解けて交際に発展という話も多いそうです。

 

振り返ればきっかけがある、友達の紹介

「友達の紹介」というのも重要な出会いのきっかけです。

友人を介して、信頼できる異性を紹介してもらいましょう。

自分自身が友達が多くない場合は、友達の多い人とつるんでおくようにするとよいでしょう。

それも大切な出会いのきっかけになります。日頃から「誰か紹介してよ」と友達に言っておくことで、いざ候補者が見つかったときに声を掛けてもらいやすくなります。

友人の結婚式などのイベントに参加した時も、どんどん友人に人を紹介してもらうようにして、交友の輪を広げて異性の出会いに繋げていきましょう。

 

コメント