強い絆を育もう!カップルの試練『倦怠期』を乗り越える7つの方法

恋愛
スポンサーリンク

どんなに時間を共にしても飽き足らず、一緒に見るもの触れるもの全てがキラキラ輝いて見え、何をするにも一緒だと全てが楽しかった・・・付き合いたてのカップルの頃は、なぜあんなに楽しかったのでしょうか。

それは、まだ未知の多い新しい恋人が、毎日新しいことの発見・刺激を与えてくれる、「非日常」を提供してくれる存在であったからです。

しかし、非日常は長続きしません。非日常もしばらく経てば日常に変わってしまいます。その時、陥ってしまう状態が、俗に「倦怠期」と呼ばれます。

倦怠期は一般的にネガティブな印象を持たれていますよね。でも考えようによっては、お互いが日常も非日常も共にできる良き相手なのかを見極める、良い機会ともいえます。

相手のことが好きであれば、なんとか倦怠期を乗り越えて、2人の関係を次のステージにもっていきたいですよね。

そこで今回は、カップルの試練である、恋人との倦怠期を乗り越える7つの方法をご紹介します。

一緒に目指せるゴールをつくる

長く一緒にいればいる程、恋人はパートナーに近い存在になっていきます。では、良きパートナーとはどういう存在なのか?

定義は 色々あるかもしれませんが、その一つとして、「支えあい一緒に何かを成し遂げられる相手」が挙げられるのではないでしょうか。

一緒に貯金をして旅行に行く、一緒に料理のスキルを磨く、マラソン完走を目指して一緒にトレーニング等、ゴールは何でもいいので、2人で一丸となって取り組めるものを話し合い、見つけましょう。

共通のゴールを設ける事で、一緒に何かを目指しているという一体感、そして達成の為に自分に何ができるのかを考える責任感や、相手を励ます思いやりが生まれます。

そして達成できた時には 、お互いを尊敬し支えあえる一歩先の関係になれているはずです。

 

1人の時間を大切にする

倦怠期には2種類あると思います。

一つは、すれ違いによるもの。そして、もう一つは飽きによるものです。飽きているという事は、一緒にいる時間がありすぎて新鮮みがなくなっている可能性が大きいです。

その場合、倦怠期は自分磨きのいいチャンスだと思って、1人で過ごす時間の割合を増やしてみましょう。

1人でも夢中になれる趣味を見つけたり、友人や家族と過ごす時間を増やしたり、1人旅行もおススメです。

恋人に会える時間が限られると会えたときの新鮮みが増しますし、1人で色々やってみると相手の有り難みに気づくこともあります。

 

時間が解決してくれる事もある

その2で倦怠期には2種類あるといいましたが、すれ違いによる倦怠期の場合には、時間が解決してくれる場合もあります。

学業・仕事が忙しい等、すれ違いの原因は、2人の関係外にあることもあります。

その場合、あまり倦怠期ということに固執せずに、しばらく時間をおいて様子をみてみるというのも一つの手ではないでしょうか。

周りの状況が変化すれば倦怠期も過ぎるかもしれませんし、もしそのまま離れてしまうようならば、それまでだったということで気持ちを切り替えて次に進みましょう!

 

一緒に旅行に行ってみる

倦怠期の原因が、マンネリ化している日常にあるのなら、その日常を抜け出すべく思い切って一緒に旅行に出かけてみてはいかがでしょうか。

特に、海外旅行は、お互い頼れるのはお互いだけ、という状況ができやすいので更におススメです。旅行の計画を一緒に立てる事でいつもと違ったコミュニケーションが生まれます。

また、旅というのは人の様々な一面を引き出します。付き合い始めの頃いつもワクワクしていたのは、お互い知らない事だらけで新しい発見の連続だったからです。

旅先で日常生活では見ることのない相手の意外な一面を見て、新鮮な気持ちと相手への興味心が再びかき立てられるでしょう。

 

デートはおしゃれをして外に出る!

付き合ってしばらく経つと相手への安心感からか、デートがマンネリ化、もしくはデートといえばお家でまったり、になっていませんか?

家でまったり、のんびりというのは相手に安心感があるからでそれはそれで幸せですが、倦怠期を加速させる恐れがあります。

付き合い始めの頃のように、デートの日を事前に決め、おしゃれをして、2人ともまだ行ったことのない場所に出かけるように努力しましょう。

デートプランを立てる順番を交互に行うと、サプライズの要素が加わって更に楽しくなります。

 

「恋人がいなくなったら・・・」と考えてみる

いつのまにか、恋人が「いて当たり前の存在」になっていませんか?

何事も永遠ということはありません。明日何があるか分かりません。別れの日はある日突然やってくるかもしれません。

「もし明日恋人がいなくなってしまったら・・・」と想像してみましょう。

自然と相手への愛おしさと思いやり、そしてありがたみがこみ上げてきませんか?何気ない日常が、とても大事に思えませんか?

病は気から、というように、何事も気の持ちようです。見方をちょっと変えるだけで、「倦怠期」も「安定期」であり、2人が次のステージに進むチャンスだと思えるようになります。

 

思い出を一緒に振り返る

1人で付き合い始めの楽しかった頃を思い出して、「あの頃は楽しかったのに・・・」というネガティブな気持ちになっていませんか?

楽しかった思い出を振り返るなら、恋人にも参加してもらいましょう。2人で楽しかったデートの写真を見ながら

「ここにいって、ああいうことを語り合って、どういうことをして楽しかったね」

等と思い出を語り合うと、そもそもなんで好きになったのか、どうしてつき合いたいと思ったのか、初心に戻ることができます。

そうやって話しているうちに、「初デートの場所に行ってみよう」とか「そういえば、ここに行った時次は○○に行こうっていったね!」と、次のデートプランが思い浮かぶかもしれません。

まとめ

倦怠期は、付き合い始めの非日常が日常に変化した時、そしてそのギャップが激しければ激しい程起こりやすいです。

付き合い始めの新鮮さが薄れていき寂しいと思うかもしれませんが、その一方で、倦怠期は2人の関係を改めて見つめるよい機会であるということを思い出してください。

今回ご紹介した方法で、あなたと恋人が倦怠期を一緒に乗り越え、2人の関係が次のステージに進んでいくことを願っています。

コメント