現金主義、発生主義とはなんですか?

金銭・お金・税金・財務
スポンサーリンク

 

現金主義と発生主義の違いは、収益と費用の会計処理の違いにあります。

現金主義の場合
現金の収入や支出があった時点の日付で帳簿をつけます。
例えば、商品を受け取った時点では何も記帳せず、後日、現金を支払った時点で取引の記帳をします。

発生主義の場合
現金の収入や支出があった時点ではなく、収入や支出の事実が確定した時点の日付で帳簿をつけます。
例えば、商品代金を支払っていなくても、商品を受け取った時点で取引の記帳をします。

現金主義と発生主義の会計処理の違いは確定申告にも影響があり、現金主義で簿記を行っている場合は青色申告特別控除の優遇を受けることができません。青色申告特別控除の優遇を受けようと考えているのであれば、発生主義を採用して複式簿記を行う必要があります。ただし、どうしても現金主義で帳簿をつけたい場合は、以下の3つの条件を満たせば、青色申告特別控除の優遇を受けることができます。

「青色申告であること」
「小規模事業者であること」
「事前に届出をしていること」

現金主義の方は3つの条件を守って、青色申告をされることをお勧めします。

 

現金主義と発生主義の違い

現金主義は商品に関係なく現金の収支があった時点で記帳し、発生主義は商品があり収支の事実があった時点で記帳します。

 

 

現金主義の特徴

現金の出入りが取引の基準となっています。

  • 現金主義のデメリット
    現金主義では、確定申告の時に青色申告特別控除の優遇を受けることができません。

 

 

発生主義の特徴

現金の出入りに関係なく、取引が発生した時点を基準としています。

  • 発生主義のメリット
    発生主義では、確定申告の時に青色申告特別控除の優遇を受けることができます。

 

 

 

現金主義で青色申告特別控除を受けるための3つの条件

青色申告特別控除を受けるためには、「青色申告であること」「小規模事業者であること」「事前に届出を出していること」の3つの条件を満たしている必要があります。

 

1.青色申告であること

複式簿記に必要な帳簿等を採用している必要があります。

複式簿記に必要な帳簿

  • 「総勘定元帳」
  • 「仕訳帳」
  • 「現金出納帳」
  • 「預金帳」
  • 「売上帳」
  • 「仕入帳」
  • 「売掛帳」
  • 「買掛帳」
  • 「固定資産台帳」

その他の必要なもの

  • 「取引の存在を証明する領収書」
  • 「請求書などの証ひょう類」など

 

2.小規模事業者であること

定義としては、前々年度分の不動産所得及び事業所得の合計額が300万円以下である必要があります。

 

3.事前に届出を出していること

適用を受けようとする年の3月15日までに、税務署へ届出を提出しておく必要があります。

 

 

まとめ

青色申告を考えている方にとっては、現金主義と発生主義では意味合いが大きく違ってきます。

確定申告を行う際は事業規模にもよりますが、自分のスタイルに合った確定申告の方法を検討しましょう。そうすることで、確定申告の方法も変わります。

とはいえ、現金主義であっても複式簿記ができないわけではありませんので、現金主義で行う際には事前に税務署へ届出を提出しておきましょう。

コメント