お部屋に立体感とインパクトを創り出す、大きなライト

家・インテリア・家具
スポンサーリンク

間接照明の中でも、こんなに大きなライティングがあるのを知っていますか?
メインの照明を、こうしたデザイン性の高い間接照明にしてしまうのも、おしゃれのコツ。照明も、立派なメインファブリックになりうるのです。

 

木材をふんだんに取り入れたナチュラルテイストのリビングには、ファブリックをぼんやり照らすような見える照明が人気。メインのライトを中心に、ソファ脇、天井にもさりげなく同じ系統の明かりを灯すテクニックもプロならでは。

 

 

 

 

 

 

 

照明を点灯していないときでも、インテリアとしての存在感はばっちり。ペーパークラフトのような素材感が、和の雰囲気も併せ持ち、モダンな室内に温かさをプラスします。

照明は、ひとつで用いるものとは限りません。複数使いで、お部屋の家具たちに負けない存在感を放ってもいいのです。
モダンクラシックだからこそ、家具だけでない動きを、照明で表現して。

 

 

 

 

 

照明であることを忘れてしまうかのようなシーリングライト。たんぽぽのような花びらを付けたモチーフが、大きな存在感に。ボリュームがあっても目立ちすぎない、軽装感も魅力。

 

 

 

 

 

 

 

 

テーブルを覆うような大きさのシーリング。漆黒のシーリングの中からオレンジの暖色の光が放たれるのも、落ち着いた空間にぴったり。

 

無機質な壁とオールブラックなおおきめソファを、光で照らすテクニック。ライトをつけていないときでも、その存在感が感じられるように、視線が向くようなシルバー使いを採用。

コツ・ポイント

こうしてみると、間接照明は、メインの照明にもなることを実感すると思います。蛍光灯を使用しないで、こうしたシーリングライトをメインにしたり、インテリアとして楽しむことも、おしゃれなライフスタイルです。

コメント