そよ風に触れる居心地よい空間♪バルコニーをセカンドリビングにする6つのコツ

家・インテリア・家具
スポンサーリンク

バルコニーやテラスを居心地のよい空間にして、セカンドリビングにしませんか?外部の空気や風に触れながら過ごす時間は心地のよいものです。夫婦や家族で食事やお茶、お酒楽しんだり、ホームパーティを開いたり、広さによって様々な使い方ができます。
バルコニーを過ごしやすいセカンドリビングにするためのコツをご紹介します。

1.バルコニーと室内の床の色を揃える

バルコニーウッドデッキと室内のフローリングの色を揃えると、一体感のある空間となります。マンションなどで、タイルデッキ材を使用する場合は、近い色としましょう。

2.観葉植物を置く

アウトドアの雰囲気を感じるためには、グリーンは欠かせません。手入れに自信のない人は、オリーブなどの樹木やハーブなど、育てやすいものに挑戦してみましょう。

3.アームチェアを選択

アウトドアリビングでゆったりとくつろぐためには、アームチェアを選びます。

4.ベンチは万能

ベンチは多人数が腰掛けられ、テーブル代わりにもなる便利なアイテム。ホームパーティーをするのであれば、特におすすめです。

5.クッションや膝掛けを用意


テーブルや椅子があるだけでは、味気ない雰囲気に。クッションや膝掛けなどのファブリックがあることで、くつろげる雰囲気を演出できます。

6.夜にはキャンドルやランタン

アウトドアリビングを夜楽しむために、キャンドルやランタンを用意しましょう。程よい明るさの雰囲気のある空間になります。

コツ・ポイント

小さなお子さんのいる家庭では、バルコニーにテーブルや椅子を常設していると、目を離した隙に、椅子に立った子供が手すりを超えて落ちてしまう危険があることを考慮に入れておきましょう。

コメント