【要注意人物】風上にも置けないくらい性格が悪い女性の特徴5つ

人間関係
スポンサーリンク

今回は、性格が悪い女性の特徴を5つご紹介したいと思います。

女同士の世界には様々な感情が交差しています。仲が良いと思っていても、本当はどう思われているのかわかりません。褒められていると思っても本当はバカにされているだけだったり…

どんな女性にでも悪い所があるのは普通ですが、性格が悪い女性は人間関係のトラブルの元となる確率が高いので、少し距離を置いたお付き合いをした方が良いかもしれませんね。

他人のあら捜しが趣味で悪口ばかり言っている女性

いつでもどこでも他人のあら捜しばかりしている女性は意外と多いですよね。そしていない人の悪い噂や悪口ばかり言う女性も必ず1人はいます。中にはとても笑えないようなひどいモノもありますね。

例えば4人グループで話している時に、1人が抜けた途端にその人の悪口が始まります。それを繰り返していれば当然3人は自分の悪口も言われている事に気がつくでしょう。

結果、疎遠になったり、大切な事は話さないようにしたり、話を聞いても反応が薄くなったりしますが、不思議と本人はまったく気がつかない場合が多いです。

悪気はなくてもついつい悪口を言ってしまう事がありますが、本当に心を許せる人だけにしておくのが良いでしょう。

 

人によって態度を変える女性

こちらはかなりの確率で出会える性格の悪い女性です。顕著に表れるのは男性の前と女性の前での違いでしょう。1人でも男性がいる席では「私は優しくて良い子です」アピールを欠かしません。

誰にでも笑顔で接して、時折天然を思わせるような行動を織り交ぜて男性の視線を自分だけに集中させようとします。

上司や先輩など、自分より立場が上の人や、周囲に影響を与える力のある人に取り入るために、やたらと愛想が良くなる女性もいますよね。彼らの前では、たとえ嫌いな人にでも平気で優しく出来るのはあっぱれです。

 

計算高い女性

常に自分が得する事を考えて行動するタイプです。その為に相手を自分の思い通りにコントロールしようと計算します。

このような女性はたいてい頭が良く、口が達者で、人懐っこかったりするので、周りの人々は振り回されてしまいますが、一時的にその場は上手く事が運んだように見えても、結局人間的には信用される事はありません。いずれ反感を買う事になり、窮地に陥る可能性も高いでしょう。

本当の天然とは違い、計算しつくされた天然であるこのタイプは、自分が周りからどう見られているかしか考えていません。

自分さえよければそれで満足なので、合コンには必ず自分よりも容姿が劣る引き立て役を連れて行きます。自分がいかに可愛く見えるか、それしか頭にありませんからね。

 

自分が世界の中心の女性

自分の存在価値を過大評価していて、自分以外の人を卑下に扱うタイプです。他人から何をされても「恩着せがましい」「ありがた迷惑」で片づけてしまい感謝が出来ません。

そのくせ自分の事を棚に上げて「みんな馬鹿ばっかりね」と他人を馬鹿にするような発言をします。はっきりと言葉で馬鹿にしなくても、相手の事を皮肉や嫌味を交えながら笑いを取る場合もあり、聞いている方からしたら不快で場の雰囲気も悪くなってしまいます。

他の子の誕生日パーティーに主役もかすむほどの派手な装いで現れたり、場の雰囲気を読まず自分の恋愛話ばかり話しまくったり、いわゆるKYと呼ばれるタイプが多いですね。

自分の立場を脅かす存在に対してライバル心を燃やし、どんな手を使っても蹴落とそうとします。人の彼氏や旦那さんに手を出して振り向かせる事に喜びを感じるのもこのタイプです。

近くにいるのなら、少し距離を置いて付き合うのが良いでしょうね。

 

何事もお金!の女性

世の中お金が全て!お金がない人とは付き合えないし友達にもなりたくないと思っているタイプです。職業や年収で男性を判断するのは、お見合いの世界では常識でしょうが、あまり性格が良い女性とは言えません。

それに加えてデートでは奢ってもらって当たり前、プレゼントは高級ブランド品じゃないと喜ばないなど、今どきバブリーな女性がまだ残っているんですね。

小さなころからチヤホヤされていた人が多く、周りがそうやってチヤホヤしてくれるうちは通用しますが、年齢を重ねていくうちに段々とそんな扱いもなくなっていくのが当然です。

一番タチが悪いのは、プライドだけが残ってしまうタイプでしょう。

まとめ

性格の良し悪しを見分けるポイントは言葉です。いつも愚痴や悪口、恨み、妬みなど「悪い」事を言っている女性は性格も悪いです。

よく気を付けてみて下さい、性格の良い女性は人の良い所を探して、見つけてくれる女性です。褒め言葉が素直に言える女性は、人に対してまっすぐに向き合っている、性格の良い女性と言えるでしょう。

コメント