自己肯定感を高める5個の方法、プラス思考の習慣で道を切り開こう!

メンタルヘルス・精神・気持ち
スポンサーリンク

まず知っていただきたいのは、自己肯定感を高めることは可能です。自分のことを信じたい、好きになりたいという気持ちを持っていても、それが出来ない時も結構あります。自分の言動を否定されるようなことも、生きていくうちにあるかもしれません。

でもその人から否定されたとしても、自分が自分を肯定することが出来れば、落ち込んだり悩むことは確実に減らすことが出来ます。自己肯定感が低いことにより、今後自分がすることがうまくいかなくなるかもしれないと不安に感じてしまうでしょう。

でも大丈夫です。自己肯定感を高める方法があります。これを知ることにより、とても楽に過ごせるようになります。

1.成功した時のことを思い出すようにしましょう

自分にとって、あの時はよく頑張ったなと認めることが出来た時があったはずです。それが子供の頃のことでも構いません。それを思い出すようにしてみると、自分が頑張ったことによって、成功することが出来たというスムーズな流れを心に浮かべる事が出来ます。

つまりは自分がしていたことは間違ってはいなかったと思う事が出来るため、自己肯定感を高める事が出来るのです。自分自身が成功した記憶というものは、とても大切なものです。

成功したとはっきりしていなくてもいいのです。おそらくうまくいったというようなことでも十分です。

 

2.自分自身を信じてみましょう

自分のことを信じることが出来ないため、認めてあげることが出来ないという人は多いようです。実際に自分を信じるということは難しいことかもしれません。でも日々生きて行く中で、自分のこういうところは好きだなと感じるところはあると思います。

自分が大好きという人も中にはいますが、自分を嫌いだと言う人もとても多いのです。でも嫌いだと言う中にも、好きな部分もあるはずです。それを大切にしましょう。そしてその部分を更に好きになれるようにしてみることが必要です。

そうすることが自分を信じることに繋がるのです。自分の好きな場所を伸ばそうと思うことが、自分を信じることです。

そうすることで自己肯定感が高くなり、自分はこのままでもいいんだというように思えてきて、気持ちが楽になってくるのです。

 

3.人と話したくない時は無理に話さないようにしましょう

仕事上仕方が無いというようなことはあるかもしれません。でもそれ以外でしたら、話さないでおこうと思えば、話さないでも済むこともあると思います。人の言葉が心に入ってこないような時に、人と話すことで余計に辛くなることがあります。

出来れば人の言葉が心にスッと入ることが出来るように感じる時に、人と話をするように心がけてみると良いでしょう。そしてそういう時以外に人と話す時には、出来るだけ聞き役に回ることです。

自分を無理に出すという努力をする必要はありません。そうした時に相手が否定的なことを言ってくることがもしもあった場合に、余計に辛い思いをしてしまうからです。

自分自身の心が穏やかで、人と話してみようかなと思う時に話すようにしましょう。

自分の心を休ませてあげることも必要です。人と話したくないという気持ちの時は、心が疲れている時が多いです。心を休ませてあげることにより、休ませようとする自分に対して感謝の気持ちを持つ事が出来ます。

そして自分を好きになることが出来るのです。

 

4.何でも話せる相手を持ちましょう

出来れば何でも話せる相手がいた方が楽です。それは自分を肯定してくれる相手である方が楽かもしれませんが、時には否定されてもいいのです。でもこの人には何でも話せるという相手を持つことにより、とても人生が楽になります。

この人の言うことなら、そうかもしれないというように思えてくるかもしれません。そしてこの人になら分かってもらえるというように感じる事が出来るでしょう。

自分のことを理解してくれる人が世の中に一人でもいることが分かれば、とても幸せな気持ちになれます。そして落ち着いて、ゆっくりと気持ちを話す時間を持ちましょう。

そうしているうちに、自分は何がしたかったのか、なるほどこうしたかったんだというように自分のことが見えてきます。見えてくることにより自己肯定感を高める事が出来るのです。自分のしたいようにしてみよう、そう思えることが出来るでしょう。

 

5.「あるがままの自分でいこう」と思いましょう

こうでなければいけない、こうならなければ・・というように自分を追い詰めていませんか?それはとても自分にとって苦しいことです。ある程度のことでしたら成長に繋がるかもしれません。

でもそうではない場合には、無理が来てしまいます。無理をしてしまうことにより、どうしてこんなに苦しいんだろうと思うと思います。でも実は自分を一番苦しめているのは、自分なのです。

だからこそ、あるがままの今のままの自分でいいというように自分に向かって言ってあげましょう。

まとめ

自分を肯定することが少しでも出来れば、自分を好きになることが出来ます。自分というものがどうしたいのか、心の声を聞いて上げることが出来るのです。心が悲鳴をあげているような時にさえ、頑張らせようとするのは、やめるようにしてあげましょう。

心の声を聞いてあげるようにすることで、自己肯定感が高まります。自分を大切にすることが出来るのです。自分を責めて苦しめるようなことは、時には必要かもしれません。

でも時には、自分を癒して心を和らげてあげることが必要です。一番それが出来るのが、誰でもない、自分なのです。

コメント